【マビニ場末のKTV前】突如マラテのSOGOから出てきたカップル。。。「そのフィリピーナだったら…許します!」【Chap6 48話】- ミカエルblog ep121

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
60歳を超えフィリピーナとの結婚を本気で望んでいるが、出会いの場はKTVだけ。
にも関わらず、「俺、子持ちダメなんだよ!」と謎の理想を掲げるジジ○の大半が、願い叶える事なく、志半ばで死んでいく

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
サラとの手打ちを終え、出かける準備を終えた僕たちが向かったKTVは、再びのTONBO。
だが、この日は23時で閉店するらしく、残り2時間程。
そんな中、店を終えたハナ、メイ達とカウボーイグリルに向かう事となった。

【フィリピーナの二面性】心のボラがデカすぎるフィリピーナが、KTVで見せた無駄に謎!【Chap6 47話】- ミカエルblog ep120

 

帰り支度をするハナ達と話し込むサラより少し先に、店の階段を降りた僕は、店の前に立つボーイ兼ビラまきのサムと話をしながら彼女達を待つ。

マビニの場末っぽいこの場所ではあるが、

ミカエル
サム、この辺にもKTV多いねんな

という話をすると、サムが周囲のKTVを少し案内してくれた。

スポンサーリンク

 

目の前には「MICHELIN-ミシュラン」、横には「E-XANA-エグザナ」、反対側には少し離れてマカティにも有った日本食材店「New Hatchin-ニューハッチン」、その先には「MY FIRST LOVE, FIRST KISS-マイファーストラブ,ファーストキス」そして、

サム
クヤ、コレオミセ、ニッポンジン、ミンナシッテルデショ

MY FIRST LOVE, FIRST KISSの横にあった、明かりが消えたKTV。。。「CLUB F1」。。。

 

ミカエル
心の声
あ~知ってるこの名前、フィリピンKTVググったら、やたら930グループ云々って出てきてたヤツや、ブタ社長、云々って書かれてたヤツや。

ここら辺は、僕より読者様の方が詳しいかと思いますが、僕がマラテに来る様になる数年前は複数点舗で勢いのあったKTVのグループだったみたいだ。

「そう言えば、マラテに来て全然930グループって聞かんなぁ」と思っていたが、「こんなマビニの端っこにCLUB F1にやったんや」などと思いながら、サムとTONBOの前に戻る。

スポンサーリンク

 

TONBOの目の前はMICHELINでもあるが、どちらかと言えば、殆どSOGO…

このタイミングでフィリピン人カップルが、SOGOから出てきた。。。

サムの顔を見る。。。

サム
クヤー、マリボna、シッテルSOGO?

もし日本でもラブホからカップルが出てくれば、全力で雄と雌の顔を見てしまう、僕の生理現象が自然と働き、

ミカエル
心の声
そのフィリピーナだったら…………許します!

 

仮に、周囲がざわつく程の、ものすごっつ可愛いフィリピーナであったのならば、

ミカエル
心の声
くっっっそぉー、このフィリピーノ、こんな可愛いのいきやがって…このスケベーがっ!

と、悔しさと羨ましさでメンタルをブレさせられていたかもしれない。

「お前誰なんっ?」と思われる事は重々承知の上でのジャッジだ。。。

だが、Pornohubに出てきそうな「そのフィリピーナだったら…許します!」と思えるフィリピーナだったおかげで、メンタルの方は一切ぶれずに済んだ。

この数ヶ月後、自分自身がこのSOGOを使う事になるなど、想像もせぬまま、そんな話をサムとしていると、サラ達が降りて来た。

スポンサーリンク

 

みんなで歩きながらマビニを北上しカウボーイグリルへと向かう。

このマビニを北上中もコリアンKTVや「YUMEKA-ゆめか」、そして、さらにしばらく歩くと、無駄にデカい壁にやたらインパクトのある電飾、マカティでも見たカラフルなネオン…「New Shiawase Elegance」が現れた。

 

これどれだけの大箱やねんっ!と想像さえつかないNew Shiawase Eleganceには、いつかは行きたいとは思いながらも、気がつけばクローズしていて、残念ながら行く機会は無かった。

そんな、普段は歩く事はないであろうこのエリアに存在していた、そこそこの数のKTVを頭にCopyしながら、僕たちはカウボーイグリルへと到着。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!