【訳ありフィリピーナ】マラテベテラン戦士との会話で、過去の訳ありフィリピーナ達を思い出す【Chap7 50話】- ミカエルblog ep283

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
フィリピーナがシャワールームに洗って干してるおパンTを見て、オ◯ニーしてしまいそうな自分が、シンプルに嫌い

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
朝方クリスタルが家へと帰り、順調に快眠状態にはいっていた僕は、あの人が部屋のブザーをバカ鳴らして来た事により、徐々に覚醒する。
当初、ルームクリーニングのフィリピーノがしつこく鳴らしているものと思ったが、そもそも部屋の鍵を持つ彼らが、そないにブザーをバカ鳴らす必要もなく、扉を開けるとそこに立っていたのは、普段より1.3割増しで、浅黒さとやつれ具合が増したしげる氏であった

【マラテの早朝11時】マラテの早朝に突如鳴り響く部屋のブザー、マラテホテルのブザーをバカ鳴らす人物は…【Chap7 49話】- ミカエルblog ep282

本日もよろしくお願いいたします。

 

しげる氏
いゃぁ~、ミカピー、、、ヤラれちゃったよ。。。

謎の言葉を発しながら、勝手に部屋の中へと歩みを進めるしげる氏。

その顔は浅黒く、普段以上のやつれた顔で、元々覇気のないしげる氏ではあるがこの日は更に精気まで失っていた。

スポンサーリンク

 

そして、部屋に入ると、

しげる氏
あれっ?クリちゃんいないの?

………

ミカエル
心の声
逆に、、、おる思って入って来たんかいっ!

昨日ホテルにお持ち帰り直前で散ったテシのグチなどでも言いたかったのかも知れないが、

ミカエル
アイツ、姉ちゃんに預けてる子ども迎えに行かなあかん言うて、何かいつも朝帰って行くんすよ

そう答えると、

しげる氏
あれじゃない? それピーノの男でもいて、クリちゃんの帰りを待ってんじゃないの?

【↑PLとはまた別の某KTVのフィリピーナをアフターの食事に連れ出し時に、快心のWピースをキメる しげる氏】

 

確かに、、、無くは無い。

旦那ピーノ付きだった初代色恋フィリピーナ サニーも、旦那っぽい彼氏ピーノ付きだったブルゴスのゴーゴーフィリピーナ リオも、

「ごめん、今日ちょっと仕事が遅なってん」

との旦那や彼氏ピーノへの言葉の整合性を保つかの如く、どんだけパコった夜でも朝方になると家に帰っていた。

そんな“気持ち”と“お股”は別ものだった、彼女達との出会いを経て、フィリピーナへの耐性がつきメンタルが強くなったのは間違いない。

ただ同時に、“フィリピーナにどハマリするの恐怖症”も発症したと思っていた僕。

そんな“フィリピーナにどハマリするの恐怖症”と思っていた僕ではあるが、サラとの出会いにより、“結局、新しいフィリピーナと出会ったら、どハマり恐怖症なんか存在せず、またどハマりする”説の解を持って締めくくっていた。

だが、久々に“気持ち”と“お股”は別もの実践者フィリピーナに出会ったのかも知れない中で、サニーやリオとはあくまでの建前として“彼女”の体での言葉を交わしていたが、クリスタルとはまだそんな話にはなっておらず、現状いつでも引き返せる状態ではあった。

スポンサーリンク

 

………であったのだが、“引き返さない”のが僕の悪いクセである。

そして、その答えは数ヶ月後に出る。

しげる氏の言葉きっかけでそんな事が頭を巡りながら、とりあえずしげる氏が放った、

しげる氏
いゃぁ~、ミカピー、、、ヤラれちゃったよ。。。

との言葉の真相解明に入る。

ミカエル
しげるさん、やられたって、どしたんすか?

するとしげる氏が、浅黒くやつれきったポン中の様な顔で、口を開く。

【↑某撮影禁止のカジノでバカラプレイヤーなのにも関わらず、スロット前でこの日はボリューミーな髪型と共に写真に納まるしげる氏】

 

しげる氏
いや昨日あれからずっと今までカジノにいたんだけどさ、有り金の100K全部やられちゃったんだよ。。。

………

なるほどである。

昨日串まさ前でしげる氏と別れたのは3時前。

現在11時過ぎ。

さっきまでカジノにいたと言うのであれば、あれから8時間程もカジノにいた計算になり、「そらジジイがそんな無理したら、ポン中みないな顔なるわ」と納得のしげる氏の言葉である。

しげる氏と出会うまで、カジノは数十分、数Kペソでしか遊んだ事が無かった僕からすれば、こんなにボロボロになってまでカジノで遊ぶ時点でキモたんであるが、そこは良しとしよう。

スポンサーリンク

良しとするが、それよりも

ミカエル
100K、、、20万ちょい、、、んなもん、そんなやつれきらんでもまた時間あけて、仕切り直したらええもんなんちゃうん??

現在のしげる氏の見た目は、後に僕もカジノに行くようになって知る、高額のプレートで勝負して、負けてしまった中国人廃人の様な様相になっている。

言い方がややこしいが、しげる氏曰くの有り金=カジノでの持ち合わせのお金の意味なのだろうが、それぐらいの額なのであれば、カジノフリークを語るツーリストであれば負ける事はしょっちゅうあってもおかしくはないのだろう。

何がそないにしげる氏をやつれさせるのかは、この時点では理由が分からなかったが、この後の話で、しげる氏が“人生オワタ”となり、ここに来た理由が徐々に判明する。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!