【マニラのコーヒーショップ】マラテのベテラン戦士とロビンソン コーヒービーン待ち合わせ、、、が、凄まじく遅い【Chap7 55話】- ミカエルblog ep288

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
付き合っているフィリピーナより、バクラの兄弟の方が明らかに可愛い時に心の葛藤と迷いが生まれるヤツ、そもそも彼女フィリピーナのルックスが大体イマイチ

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
クリスタルと向かったロビンソンへの買い物。
いつもの如く下着&服買い与えるマンとしての働きを実践する事になる。
ただ、今回相手はクリスタル。
男と表現しても語弊がないパイオツの持ち主であるクリスタルにそもそもブラいるのか?疑問が発生するが、とりあえず気を取り直して下着を物色していると、またしてもマラテベテラン戦士の自称40代の65歳、しげる氏から電話が入り「お茶をしよう」との事で、しげる氏と待ち合わせとなった

【フィリピーナの下着選び】フィリピーナの下着諸々を買うためロビンソンへ向かう、そしてまた…【Chap7 54話】- ミカエルblog ep287

本日もよろしくお願いいたします。

 

しげる氏の電話で、“ジジイとお茶”的な気分でも、シチュエーションでもないものの、結果としてジジイとお茶をする事になる。

ただ本来、ここロビンソンに買い物に来ている僕とクリスタル。

カゴの中にはまだ何一つ入っておらず、クリスタルからすれば“坊主”?“お茶”?の状態である。

スポンサーリンク

 

足早にロビンソンデパートメントの売り場の中では、一番頑張って主張していた比較的エロいおパンTと、安定のAカップブラをカゴに詰めこみ、服コーナーへも移動し、とりあえずの“成果”をクリスタルは得た上で、ペドロ・ギル側の入口エスカレーター方面へと歩き、コーヒービーンへと向かう。

とりあえず、しげる氏を待つことなく、僕とクリスタルは先に飲み物を頼みながら、“しげる氏待ってます”の体で、先にお茶を始め、人目を憚らずフィリピーナにデレデレするイタい日本人と化す。

そして正直、僕もクリスタルも別にしげる氏を待っていないのは間違いなく、何なら、しげる氏が到着した頃には「ほな、行こか」ぐらいの勢いで、僕はコーヒーをストローから吸い上げながら、体としてしげる氏を待つ。

 

そうこうしながら、しげる氏を待つがしげる氏は中々現れない。

若干フィリピーナの様な現れなさ具合であるが、それよりも問題は、時刻は17時半を過ぎ、マラテの夜の街の住人達もそろそろ動き出し始める時間だろうか?

そろそろサラ関係の事故りが若干不安な時間となってくる。

そう考えると、

ミカエル
心の声
何でフィリピンまで来て、こんな気持ちでジジイ待って、お茶しなあかんねん。。。

“ジジイ、フィリピーナばりに現れない現象”にイライラしはじめるが、一方で、クリスタルとデレデレしていると、そのイライラも飛び気味で、クリスタルとのデレデレに神経をデレッチョする事にする。

スポンサーリンク

 

そしてデレッチョする事、20分程でようやく、いつものご自慢「ZARA」の真っ黒のジャケットとパンツに身を包んだしげる氏の歩いて来る姿が、ガラス越しに近づいてくる。

ミカエル
心の声
盛ってるやん、いつもより3cm位は盛ってるやん。。。

しげる氏のこれまたご自慢の髪型のトップが、いつもより若干高めに盛られている。

ミカエル
心の声
まさか。。。コイツ、、、盛った所で誰からもどうでもいい、3cm盛る為にこんなに待たせたんちゃうん?

“しげる氏、人を誘っておきながら、電話後、誰も興味ない髪の毛3cm盛る為に、相手30分弱待たせる”説をひしひしと感じながら、しげる氏が店の中に入って来て僕たちのテーブルにやって来た。

 

しげる氏
クリちゃん、おはよう♡

ミカエル
心の声
何でなん?何でそんな事なるの?
スポンサーリンク

絶対に、完全に、普通に「待たせてゴメン」から入る所を、しげる氏は普段より約3cm増しの頭で、「クリちゃん、おはよう♡」から入って来た。

そして、颯爽と自分のドリンクをオーダーしにカウンターへ向かうが、僕もクリスタルも既に“お茶”は終わり、もはやコーヒービーンになど要はない。

そんな中、飲み物を持って戻って来たしげる氏が、わざわざ“お茶をしよう”と言った本題を話始めた。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!