【フィリピーナとの同伴】マニラのシーフードレストランで歳の差グループ同伴【Chap7 58話】- ミカエルblog ep291

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
いくら大好きなフィリピーナでも、トイレで流して忘れたうん◯がバチクソにデカかった瞬間、一瞬で好きじゃなくなる自信、俺は98%

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
しげる氏がクリスタルに連絡させて同伴で呼び出したテシも合流し、向かうはシーフードレストラン。
だが、向かうシーフードレストランは「ダンパ」ではなく、「ハーバービュー」と言う名のレストランらしく、Uberをそこにセットし、いざ向かう

【マニラのシーフードレストラン】マラテベテラン戦士が向かうは「ハーバービュー レストラン-HARVOR VIEW-」【Chap7 57話】- ミカエルblog ep290

本日もよろしくお願いいたします。

 

しげる氏渾身のナビゲートにより、Uberドライバーのクヤはシンプルに鬱陶しかったであろうが、これまで来た事の無かったシーフード レストラン「バーバービュー レストラン」へと到着。

車を降り、レストランへと向かうにあたり、「こっち来いよ!」感、全開で先頭を歩くしげる氏の後ろを3人で付いて行く。

スポンサーリンク

 

その姿は、僕との歳の離れ具合で言えば、修学旅行で先生に引率されているみたいな、はたまたクリスタル・テシとの歳の離れ具合で言えば、“孫”連れて歩いてるみたいな、、、

一歩マラテを外れると、他のジジイとフィリピーナカップルの組み合わせという、日常的光景のサポートはなく、もしこの光景が知らない日本人で起こっていた事ならば、

ミカエル
心の声
何で、、、1人だけジジイなん??

Or

ミカエル
心の声
松崎しげるが、、、フィリピーナ2人も買ってるやんっ!
現地フィリピーノのアテンド付きでっ!

ほぼ確、どちらかを思ってしまうだろう、それほどシュールな光景が目の前で起こっている。

 

以前マラテで働いていて、現在日本で働いている、あるフィリピーナが言っていた。

日本に来てからも、当然日本のピンパブで、まあまあな歳の日本人との同伴があるそうなのだが、

元KTV嬢
現ピンパブ嬢
ゴハンダケナラ ダイジョウブ。
デモ デートハ ハズカシイヨ

要するに先程と同じく、ジジイと若いフィリピーナカップルの組み合わせという、マラテの日常的光景が無い日本で、ジジイと色々な場所にデートに行くのは、人の目が恥ずかしいと言っていた。

そう言った意味では、現状フィリピーナは至って通常運転なのだが、その言葉の様に何故か“僕が”ちょっと恥ずかしい♡。

スポンサーリンク

 

そんな若干の恥ずかしさを感じながら、しげる氏について歩いていくと海にむかって伸びる桟橋の様な物がレストランになっている。

が、僕自身はそもそも海沿いに行くことなどほぼ無いので、あまり感じた事は無いが、ちょこちょこと“マニラ湾臭い問題”の話を聞く事がある。

そういった意味では、この作りはマニラ湾の悪臭を思い残す事なく存分に満喫できる作りとなっており、そんな中で食事などできるのか若干の不安はある。

そして、レストランの店員のクヤに案内され席に着いた。

が、

ミカエル
心の声
全然イケるやん

若干の磯臭さを感じるが、僕的には“臭っ”となるほどの悪臭は感じず、全然イケる感じだ。

 

そんな恥ずかしさと少々の磯臭さから始まったハーバービュー。

先日の串まさに続きしげる氏は、メニューを見ながらまあまあの量の料理を決めて行く。

シーフード以外のメニューもまあまあ充実していて、僕も選べるものは結構ある。

スポンサーリンク

しげる氏とフィリピーナは順調にシーフードを選んでいる中で、僕用お一人様メニュー的にフライドライスとパンシット ビホンをオーダーの中に織り交ぜ注文をする。

そして、注文を終えたしげる氏は、嬉しそうにテシのバカボインに冗談半分で視線を固定しながら、テシと会話を楽しみ、この日のピークのほっこりした時間が流れる。

が、その時間は長くは続かず、しげる氏の怒り?拗ね?が同時多発する事となる。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!