まさかの復縁?ニノイ・アキノ空港に向かう時間が差し迫る午前10時、届いたメッセージの主はあのフィリピーナ【Chap5最終 27話】- ミカエルblog ep59

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
とあるKTVの指名子、ゲストに香水のプレゼントをお願いして、もらった香水がご当地ブランドBENCHの安物でブウブウ、ぶうたれたあげく、結局グリーンベルト4に連れていかれ、俺が香水買わされた

どうも、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
細かい気遣いあるれるA氏の指名子が部屋に来ることとなり、場は「絶対ヤッては行けないコンドミニアム24時!」と化す。ギリ、PKのキッカーを回避し、A氏の指名子をエントランスに見送り、しばしの睡眠をとる

友人の元カノフィリピーナ、絶対にヤってはいけないコンドミニアム24時!【Chap5 26話】- ミカエルblog ep58

2020年2月6日

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

A氏の指名子を見送り、秒で眠りについた僕だったが、朝10時に合せた毎度のアラームという名の地雷を踏み、目を覚ます。

ミカエル心の声
眠っ!

「言うて、時間的にはもうちょい寝れるねんけどな…」という思いを振り払い、起きるこの瞬間は

ミカエル心の声
もう、フィリピン来んでええで。。。金輪際

と思わせる程の破壊力のある地雷ではあるのの、結局、勝手に2,3ヵ月後にはまた来てしまうのが、僕にとってのフィリピンだ。

スポンサーリンク

 

久々に1人で迎えた、帰国日の朝、そして1人で向かう空港。

とりあえず、地雷で傷付いた体を奮い立たせ、シャワーに向かおうとすると、携帯の通知音が鳴った。

 

送られて来たメッセージの主はまさかの……サニー。。。

サニーもA氏の指名子たちと同じく、昨年の11月に会ったのを最後に連絡を一切取っていなかった、初めて好きになったフィリピン人女性にして、初フィリピーナ彼女と見せかけての実は色恋だったフィリピーナだ。

いつものマカティKTVでまさかの出来事と事実を知る…そして、リオとは…【Chap4 14話】- ミカエルblog ep30-

2019年10月16日

 

メッセージの内容を見ると、

サニー
今フィリピンにいるのか?

との内容。

だが…

ミカエル心の声
このパターン、11月の時と一緒!

昨年11月、サニーのKTVに向かい、サニーが店を辞めたという話を聞いた日の翌朝、今回と同じ様に「フィリピンにいるのか?」と言うメッセージが入った。

スポンサーリンク

 

今回も全く一緒だ。また店の誰かが、サニーに僕が店に来たとメッセージしたのかと思いながら、メッセージのやり取りをしていくと、

サニー
昨日、店でクレジットカードを使い、サインしただろう

との内容が届く。

ミカエル心の声
合ってる、それものすごっつ100%合ってる。

 

実はサニーは今、このKTVの事務側で働いているらしく、朝から夜まで事務職として真面目に忙しく働いているらしい。

そして、昨日の店の伝票の処理を朝からしていた所、伝票に書かれた僕の名前のサインを見つけ、メッセージを送って来たとのことだった。

先日のブログにも書いたが、僕の下の名前はあまりいない珍しい名前で、この店に来る、ゲストのこの名前=僕と紐づいた様だ。

 

そのまま、サニーとのメッセージのやり取りを続けていると、要するにサニーが聞きたかったのは「今日の夜は空いているのか?」ということだった。

だが、空いているどころか、この後、少しすれば空港に向かわなければならない。

ミカエル
今日3時の飛行機で、日本に戻るから会えない

今日、日本に帰ることをサニーに伝えると、そこでメッセージは一度途切れたので、僕はシャワー向かい、空港に向かう身支度を始めた。

スポンサーリンク

 

シャワーを終え、携帯を見るとサニーから更に

サニー
何時に空港にむかう? 一緒にランチは出来る?

というメッセージが届いていた。

 

時刻は11時前だ。

何時にサニーがランチに出れるかにもよるが、時間的にはギリギリ12時半にマカティを出ることができる時間。

最悪13時でも、渋滞が有った場合は少し心配だが、これまでの経験上、何とか間に合うだろう。

 

ミカエル
ランチに行くなら、何時にオフィスを出れる?

と確認すると、一番早くて11時45分なら大丈夫とのこと。

オフィスの場所はサニーが働いていた、いつものKTVのすぐ近くらしく、それならば11時45分にいつものKTVの前で待ち合わせということで話が決まった。

スポンサーリンク

 

とりあえず、残りの身支度と部屋の整理をして、いつもの様にコンドのフロントに鍵を預け、チェックアウトすると、時刻は11時半だった。

チェックアウトをしたので、仕方ないことではあるがスーツケースがとてつもなく邪魔だ。

そのスーツケースを引きずりながら、いつものKTVの前に着き、10分程待っているとサニーが現れた。

 

サニー
ヒサシブリ!

会話もほどほどに、この近くの店をサニーにたずねると、サニーが行こうと言ったのは、すぐ近くのリトル東京の一角にある「YAMAZAKI」だった。

僕たちはYAMAZAKIに向かい、中に入ると日本人もフィリピン人も入り混じって、結構賑わっている。

幸い、席は空いていたので、ここでランチをすることにした。

 

久々に会ったサニーは、幾分太った様にも感じるフォルムに成長していた。

ミカエル
何でタレントの仕事じゃなくて事務なん?

一番気になっていた話を聞いてみると、このKTVの社長さんから、仕事を辞めていたサニーに連絡があり、仕事に戻って来ないかと言われたものの、サニー曰く“マジメ”な仕事をすると答えると、このグループの事務で働かないか?と誘いが有ったそうだ。

スポンサーリンク

 

ミカエル心の声
社長の愛人なった or やったんちゃうん、これって…

そんなことを思ってしまう自分の脳内が表に出ないよう、耐える。

サニーからも「何で店に来た?名前を見てビックリした」とごもっともなことを聞かれ、昨日マカティ(シネマ)スクエアでA氏の指名子と会って~、結局同伴になったという話をすると、納得できた様だった。

 

久々の再会ということもあり、食事をしながら色々な話をしていると時間はあっという間に過ぎて、12時40分になっていた。

流石にそろそろ出なければいけない。

サニーにそのことを伝え、会計を済ませた。

 

店を出際にサニーは売店の方へと向かい、チョコレートやカップヌードルを選び

サニー
これ、オフィスで食べる

と、手渡された。

ここらへんは、僕の知っている通りのサニーだ。。。まあまあ図々しい。

 

店の前にUberが到着したので、僕たちはそこで別れ、僕は空港へと向かいこの旅を終えることをなった。

スポンサーリンク

 

この数ヶ月後、サニーは第4子を出産。。。

太ったと感じたのはそういうことだった様だ。

 

そして、リオとはこの滞在を最後に連絡を取らなくなる。

だが、この2ヶ月後、再び渡航するきっかけになるのは、そのリオのFacebookを僕が見た際に、1人可愛いと思い、メッセージを送っていたフィリピーナがいた。

既にメッセージを送ってから1ヶ月以上経ち、反応が無かった。

だが帰国後、そのフィリピーナからの返信が届いたことをきっかけに、僕のフィリピン滞在はマカティからマラテへとシフトすることとなる。

 

ミカエルblog「Chap5 リオとの出会いは同時に主戦場がマカティからマラテへと変化するきっかけに 編」 完

 

次回以降のミカエルblogは、「リオのFacebookを見ていた際に、たまたま見つけてメッセージを送ったフィリピーナ、サラとの出会いをきっかけに一変する僕のフィリピン滞在」という内容のお話をお届けします。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!