【マニラ脱出!タイムリミットは72時間?】72時間以内のみフィリピン出国が認められる? そして公共交通機関がストップ【3月フィリピン渡航特別編最終 14話 】 – ミカエルblog ep87

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
フィリピーナとのエッチの数が自慢のセッ〇スツーリスト、大体、変な所にスイッチを持っているから押すと面倒

どうも皆さんこんにちは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
Curfew-夜間外出禁止令初日、ダバオのフィリピーナが今晩から夕食は自炊で自分が作ると、張り切ってキッチンに立つものの、あわや火災の大きな炎をぶち上げる。
翌日以降の外食を心で固く誓いながら、夜間外出禁止令の初日を終えた。

【もはや火事!】マニラ封鎖と夜間外出禁止令がコラボした結果、ホテルで炎を上げるフィリピーナ【3月フィリピン渡航特別編13話 】- ミカエルblog ep86

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

夜間外出禁止令初日を終え、昨日夜のマラテを歩いた感じでは、まだペンギン系を中心にマビニのKTVも数店オープンしており、夜の店が全く無くなった訳では無いようだ。

そして迎えた16日。

僕はマニラ滞在中、何処かに行こうであったり、何かしらの予定が無ければ、元々、昼から動き回るようなタイプではない。

スポンサーリンク

 

だが、ハジメさんのTwitterの投稿で、GRAND YOKOが昼キャバ化したので、試しに来店されているとの投稿を拝見し、

ミカエル
心の声
めっちゃええやん。。。

流石にダバオのフィリピーナに「ちょっと行ってくるわ!」とは言えないが、いつも暇なマラテの昼にけいていぶいがオープンしているなんて。。。

ニガ虫を噛みつぶしながら、ウズウズする気持ちを押し殺し、夕方まではダラダラと部屋で過ごす。

昨日の誓いもあり、夕飯は先日おじさんJ達と行って、オープンが今日になったと言っていた「信玄」さんに行く事になった。

 

信玄さんに向かう途中、アドリアティコを歩くと、昨日同様ペンギン系のグループは店内の明かりを灯し、オープニングの準備を進めているようである。

今回の滞在では、恐らくKTVに行くことはもう無いだろうが、こんな状況でもオープンに向け準備を進める花束の前を通過し、信玄さんに到着した。

信玄さんの詳しい記事は別の機会にトピックスで紹介するとして、僕たちは約1時間ほど、信玄さんで食事をした後、信玄さんを後にした。

スポンサーリンク

 

少し歩くと、先ほど明かりを灯していた花束の明かりが消され、表でスタッフ達がバタバタしており、確認すると「今日はクローズになった」とのことだ。

少し先に歩くと、UP STAGE PREMIER、PREMIER YOKO、そしてオープンしたばかりのPREMIER QUEENなども一斉に電気が消されていた。

そして、今閉店が今決まったばかりなのか、店の前にはフィリピーナ達が溢れかえっていた。

後にこれもハジメさんのTwitterで知ることとなったが、警察の手入れが入ったとのことで、オープンしようとしていたKTVが一斉にクローズになったらしい。

 

そんなバタバタした街の様子を見ながら、僕たちは部屋に戻った。

普段であれば、ダバオのフィリピーナといる時は、そろそろ彼女の友達の店に向かう時間だ。

昨日も含め、これだけ部屋で過ごすマニラ滞在は初めてであり、

ミカエル
心の声
俺、ただただ退屈。。。

部屋でじっとしていられず、昨日と同じ時間にダバオのフィリピーナを連れて、マラテの夜を歩いてみた。

スポンサーリンク

 

外に出てみると、昨日と全く違う景色になっている。

リビエラから直ぐの昨日はオープンしていた、ミユキズエンジェル、花と蝶、そしてどさくさに紛れて、信長も。。。

全ての店がクローズしたこの一画は、真っ暗だ。

そのまま、マビニ、アドリアティコ、ボコボと回ってみるも、遂に全てのKTVがクローズし、飲食店なども、殆どの店がクローズしていた。

明日はラストデーなので、残り1日の滞在ではあるが、昨日と今日で全く違う景色のマラテの街を目の当たりにしながら、ホテルへと戻る途中で知人からLINEが入った。

 

知人
知り合いのフィリピーナから連絡あってんけど、今日の新しい発表で、出国する人は72時間以内にせんと、フィリピン出られん様になるらしいで!

僕たちが外を歩いている間に発表があったのか、全く知らない情報を知らされる。

ミカエル
心の声
いやそんな情報全く知らんかったけど、どっちにしても18日帰国やから、72時間以内やったらいけると思う

あまりに急な出国要請?ではあるが、とりあえず72時間以内であれば、僕の帰国に関しては問題なさそうだ。

だが、この後部屋に戻り、もう一つの問題と直面することなる。

スポンサーリンク

 

これもTwitterで情報を知ることとなるが、HiroさんのツイートでGrabを含めたタクシー、バイクタクシーが16日の24時で営業を終了し、17日0時過ぎにはもうGrabが使えなくなっているという情報を目にする。

ミカエル
心の声
俺、明後日どうやって空港行くねん?

72時間以内の出国は若干、他人事感があったが、これに関しては、まさに自分事だ。

Hiroさんに、空港までホテルタクシーはあるかも?とのアドバイスをいただき、大丈夫かなとは思いつつも、最悪の場合に備え、当日の空港までの移動手段を確定させておきたい衝動にかられる。

 

ダバオのフィリピーナに

ミカエル
ちょ、クヤモンチンに18日、空港まで送ってもらう車を用意できひんか聞いて

クヤモンチンはSAKURAのビラまきで、日本語もバリバリのフィリピーノだ。

ダバオのフィリピーナはじめ、K子、アテYなどとも、昔の店からの知り合いで、いつも何か困った時には何とかしてくれる。

 

ダバオのフィリピーナにチャットでやり取りしてもらい、1Kだが車は用意してくれるとの事。

空港までと思うと圧倒的に高いが、そんなことを言っている場合でもない。

それでお願いし、何とか当日の空港までの移動手段は確定できた。

後は、当日まさかのクヤモンチンが“来ない”という事態が発生しないことだけを願いながら、ラストデーである17日は、ほぼ部屋で過ごし、特に何もないラストデーを終えた。

スポンサーリンク

 

そして帰国日当日。

先日発表された72時間以内の出国条件が撤回されたとの大使館のアナウンスが出る。

昨日、今日、明日の72時間で急遽帰国の予定を立てた方も恐らく多いだろうが、とりあえずは外国人は飛行機さえあればいつでも出国できることになったようで、航空券を取り損ねた方は安心されただろう。

 

チェックアウト前に少しマラテの街を歩いてみると、やはりタクシーは見当たらない。

だが、代わりに色々なホテルの前には、一般の乗用車であったり、バンが止まっていて、「空港まで送るぞ」と声をかけられた。

公共交通機関やタクシーなどは止まってしまっているものの、空港に移動するための移動手段は、みんな何とか確保できそうだ。

リビエラに戻り、ドアマンに聞くと、リビエラでも空港送迎用のバンを用意していて、1人600ペソで送迎してくれるとのことだった。

スポンサーリンク

 

部屋に戻りチェックアウトの準備をしていると、クヤモンチンは約束の時間通り到着し、僕たちは空港へと向かう。

ダバオのフィリピーナ、アナローはこの後、再度マラテにK子を迎えに行き、3人揃ってトンドの友人宅に向かうらしく、それもクヤモンチンが送ってくれるとのことだ。

 

この日は、車も圧倒的に少なくい上に、チェックポイントも1ヶ所しかなく、20分もかからずに空港へと到着。

3月11日から渡航し、フィリピンのコロナ情勢が刻一刻と日に日に変化する中で、何かと当初の予定通り18日までフルに滞在し、今回の旅は幕を閉じた。

 

だが今回の滞在において、現地在住でいらっしゃる日本人の方のツイート、そしてクレイジーマニラのオノケンさんのツイートの情報が、僕にとってはとても有益だった。

めまぐるしく変化した1週間の中で、こちらの皆さんがツイートされる情報を参考にしながら、冷静に対応することが出来たのは事実で、本当に多謝だ。

なので最後に、それらの方のアカウントをご紹介させていただければと思います。

 

クレイジーマニラさん
ブログ:クレイジーマニラ
オノケンさんtwitter:crazymanila
レンジさんtwitter:クレイジーマニラ レンジ
ちーちゃんさんtwitter:ちーちゃん@パックンチョ(°▽°)
マシャさんtwitter:マシャ@クレマニトピライター🇵🇭🇯🇵
ダイスケさんtwitter:ダイスケ🇵🇭クレイジーマニラ

ハジメさん
twitter:ハジメ@フィリピン・マニラ在住9年目
Youtube:マニラ楽園チャンネル

HIROさん
twitter:HIRO🇵🇭Manilar's代表

 

 

追伸

日本に帰ってから聞いた話で、ドバイ行き延期になり、この旅でK子と仲良くなったアナローは、ドバイ行きを止め、ロックダウンが解除されKTVが再びオープンすれば、フォーエバーラブにApplyするそうである。

 

ミカエルblog「3月フィリピン渡航特別」 完

 

次回以降のミカエルblogは、現在進行中の「Chap6」の続きをお届けします。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!