【マニラに到着】フィリピーナ行く行く詐欺の不安よぎる中、初のマラテ滞在【Chap6 34話】- ミカエルblog ep107

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
KTVで指名したフィリピーナに、フィリピン料理で好きなものあるか?と聞かれアドボと答え、翌日あなたの為に作って来たから店に来てと、タッパーに入れられたアドボとご飯が写った写真が送られてきた営業LINE。
衛生事情が不安なこの国で、それは逆に店に行くのを自重したくなる。

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
サラはたった3週間で店を辞め、再び無職道を突き進む。
そんな中、今回辞めたKTVで働く前から、話をしていたサラの田舎、ダバオに行く話を固めていると、実家はダバオの空港からとても遠い問題が発覚するも、無事それをクリアし、渡航の日を迎える

【ダバオへGO!】フィリピーナの田舎ダバオ、フィリピーナが指定したホテルは実家から4時間?【Chap6 33話】- ミカエルblog ep106

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

出発当日、いつもながら思うのは前回の滞在で出会ったフィリピーナと、会いたいが為にだけで飛ぶ、その次の渡航(今回ならばまさにこのタイミング)で、実際にマニラに到着してみると「ドタキャン」と言う事にならないかと言う事。

その為、僕の中では関空に着いた瞬間から、既にサラとの勝負は始まっている。

無駄に「今空港着いた」の連絡から始まり、「今から離陸する」のタイミングまで、なるだけサラとコンタクトを取り、「忘れてた」はあり得ない状況を作りつつ、飛行機は離陸した飛行機はマニラへと到着。

スポンサーリンク

 

空港に着き、直ぐにサラに電話をかけると、

サラ
Hello…

サラは応答し、前回のマカティ来る来る詐欺はあったものの、今回はマラテと言う事もあり、今回ははイケそうな気がする。

だが、逆に言えばここまでは、前回と同じ展開でもあり、少しの不安も残しながら、Uberを配車した。

マニラ・マカティのコンドに到着、意中のフィリピーナは来たのか?…涙【Chap6 5話】- ミカエルblog ep64

 

今回から僕は、前回マカティに滞在しているにも関わらず、出かける場所が全日マラテだったことを受け、初めて滞在場所をマカティからマラテへと変更していた。

ほぼ土地勘がないマラテで、前回の渡航で知ったロビンソン。

僕の中でのランドマークとなった、ロビンソンからの近さだけを基準に、Airbnbで予約したコンドBirch TowerへとUber到着場所を指定し、空港から30分程でマラテへと到着しする。

チェックインを済ませ、サラにテキストを入れると、ロビンソンのスターバックスで待ち合わせする事となり、ロビンソンへ向かう。

時刻は既に19時過ぎになっていたが、15分ほど待つとサラが現れた。

スポンサーリンク

 

サラと会わないこの1カ月の間に、他のフィリピーナとは経験したことがない程、色んな出来事が、会っていないにも関わらず、サラとのチャット上で起こった。

とりあえず、初日から約1ヶ月ぶりに会ったサラの地雷を踏むことは避けたい。

そんな事を思いながら、「これからどうする?」とサラと話していると、前回の滞在で来店したHELLOFOXのフィリピーナ、ハナとメイが店を辞め、TONBOと言う、新しくできたKTVに移籍したとの事。

ルームメイトであるハナは、恐らくサラから僕が今日来る事を聞いていたのだろ。

まだ、プレオープンのその店に行こうと言う話となり、夕食を食べた後、僕たちはTONBOへと向かった。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!