サトナエルの冒険(3章の6)inフィリピン🇵🇭

サトナエルblog
スポンサーリンク

フィリピーナ3人とラグーナにジプニーに揺られながら向かってウハウハな気持ちになってるかと思いきや、なんか窃盗されんちゃうか?全員敵やないか?っと疑心暗鬼に陥ってるサトナエルです。

サトナエルの冒険(3章の5)in フィリピン🇵🇭

2019年9月5日

 

ガタガタガタ

ガタガタガタ

ガタガタガタ

ブーブーブー

相変わらずフィリピン🇵🇭の道路は整備されてなくクラクションの数が多すぎてうるさい…日本の交通事情に慣れていると、ビックリするぐらい荒いしうるさい…

スポンサーリンク

 

しばらくすると目的地付近まで到着

1人16ペソ(約40円)4人分で50ペソを一括で支払い、お釣りはいらないっと大富豪の気持ちでジプニーを降り

そこからトライシクル(バイクにサイドカーみたいなんつけた乗り物)で目的地へ

 

アキにトライシクルの値段を交渉してもらうと4人で100ペソあげて欲しいと言われた

「はっ?100ペソはええけど、どうやって乗るねん?」

サイドカーはどう考えても2人が限界…

「ダイジョウブ!シンパイナイ!」

 

アキたちは楽しそうにドライバーの方に2人人乗り…つまり3ケツ🛵

サイドカーに僕とアキが乗り込み、ドライバー含めて中型のバイクに5人乗り🛵ww

フィリピン🇵🇭では良く見かける光景だが、まさか自分がこの体験するとは…

 

よくわからんままサトナエル達は走り出す

とりあえず…狭い…汚い…後、道路が整備されてないから砂が宙を舞い超低空のサイドカーに乗っている僕とアキに砂とホコリが襲いかかる…一応、サイドカーには申し訳ない程度に屋根と前が少し見えるような囲いみたいなんは付いているが、フィリピンの道路を舐めてはいけない

御構い無しに砂とホコリとクラクションが鳴り響き、サイドカー内は地獄絵図ww

スポンサーリンク

 

しかし逆境を楽しむタイプなんで、だんだんおもろなってきてアキとお互い服を口に当て砂が入らんようにしながらゲラゲラ笑ってたら目的地へ到着

(二度と乗らんけどな)笑

ドライバーに100ペソ渡し、いざラグーナの目的地へ!

トライシクルから歩いて2、3分の所に温泉地を発見

テンションはなぜか爆上がりのサトナエル一行は受付のおばちゃんに4人分の入園料となぜか場自分達が使う机とかイスとかある場所代みたいなん500ペソぐらい払わされよくわからんけどテンション上がってるんで、どうでも良かった気がする

なんせ…今から温泉地といっても、実質温水プールみたいなもん。3人分のフィリピーナの水着姿👙を見れるんなら安いもんや

サトナエルはゲスナエルになりそうになりながら平然を装い着替に行くのであった。

 

続く

スポンサーリンク