【マラテ滞在最終日】マラテベイビューマンション下、コーヒーショップFIGAROでコリアンの半グレ!?【Chap6 50話】- ミカエルblog ep123

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
Facebookのプロフィール写真、滅多に真っ黒にしないフィリピーナが黒になっていた場合は「何かあったんかな?」と心配するが、真っ黒にしたかと思えば、2日間程で普通のプロフィールに戻っているを繰り返すフィリピーナは、ただただ自己主張強すぎ

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ

【マラテのカウボーイグリル】出会って2ヵ月のメンヘラを持つフィリピーナと「結婚します!」【Chap6 49話】- ミカエルblog ep122

見知らぬ話した事もないTONBOのフィリピーナKTV嬢も伴ってのカウボーイグリル。
その中で次第に酔っ払って来たフィリピーナに乗せられ、「サラと結婚します!」宣言をしてしまう。
店を出た後、自分のお調子者具合への後悔と、フィリピーナ達からの「あいつ、サブいな!」との陰口への恥ずかしさに怯えながら、コンドへと戻り、滞在最終日を迎えた。

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

この滞在の最終日、目が覚めたのはいつもの様に昼過ぎ。

仕事を持つフィリピーナなら、まだ理解できるが、相変わらずサラの朝は謎に遅い。

そんなサラの寝顔をみながら、昨日知ったコンド横のコーヒーショップFigaroへと、コーヒーと昨日サラが食べ、美味しいと行っていたサンドイッチを買いに向かう。

オーダーを済ませ、テイクアウトのサンドイッチを待つ為に、表のテラス席でタバコを吸いながら待っていると、、、コリアンで周りが埋め尽くされる。。。

僕と同じこのコンドから出て来たコリアンのグループが、Figaroの商品を買うことも無く、我が物顔でテラス席に座り、先に1人ぽつんと座っていた僕をチラチラ見ながら、デカい声で話しだした。

マラテで見る日本人と同様に、当然ながらこの歓楽街において駐在員の集まりの趣ではない。

スポンサーリンク

 

滞在していた場所によるのかも知れないが、今まで滞在していたマカティで、こんなグループのコリアンに遭遇した事はなく、どれだけ日本人アンチなのかも分からない。

状況的には、マニラにも関わらず圧倒的アウェイだ。

ミカエル
心の声
マニラ、、、なう、、、

このコリアン達が来るまでは、もし僕がSNSに写真をアップするなら、そう書いていただろう。

だが現実問題、現在、僕の周りは韓国と化しており、もし親日派では無かった時の事を考えると、半グレ集団だった時の事を考えると、、、とても日本語で機嫌よく“なう”と書いている状況ではない。

 

もし何かあったときの為に、彼らとのコミュニケーションとして、僕が今現在持ち得る、アジアの言葉デパートリーを考える。

「アニョハセヨ」。。。

これは、使えるヤツだろう。

が、少なくとも、もし絡まれた状態で使う言葉では無い。。。他には、、、

ミカエル
心の声
あかんっ!ニーハオとシェイシャイしか出てこーへん。。。

少し話がそれるが…日本で韓国にルーツを持つ風〇嬢、サランちゃんと出会う迄は、まだ「サランヘヨ」のデパートリーはなく、出てきた言葉はこの3単語だけだった。

実質、韓国語が出て来たのは一単語だ。そして、余計にバカにしているみたいだ。。。

この中で比較的万能なのは、唯一「シェイシェイ」だろう。

中国語ではあるものの、最悪日本語を発するよりはマシだろう。

日本と同じく、大概の事を「アザッす」と言っておけば乗り切れるのか? 微妙ではあるがこの言葉しかない。

スポンサーリンク

 

出来るなら店内へと移動したいが、入口側のテーブルに位置するコリアンの足が通路へと延ばされおり、

ミカエル
心の声
その短い足、引っ込めぃ!

と、言える自分がいるなら、そもそもこの状態にビビってしまっている、僕ではないだろう。

今唯一できる事は、店内でサンドイッチを作るフィリピーノに

ミカエル
心の声
お願い、早く作って持って来て Please!

そう願う事ぐらいだ。

 

そんな状況の中、地蔵と化すこと5分位だろうか?

店内のフィリピーノが紙袋を持ち、入口のドアを開けこっちに向かって来た。

そしてそのフィリピーノは更に、通路に足を延ばし邪魔なコリアンに

店員
エクスキューズ ミー サー!

と言い、邪魔だったコリアンの足を除けさせた。

スポンサーリンク

 

一気に塞がっていた道が開け、いつでもこの場から脱出できる状態となり、

ミカエル
心の声
ナイスゥ!

紙袋を僕に渡したフィリピーノに、感謝のチップを自然と渡し、全力の大きい声で、

ミカエル
心の声
シェイ シェイ

とアピールし、そそくさと部屋へと戻った。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!