【今年も!クリスマス・イヴ特別編】あの記事の本命フィリピーナはサラ、本編がサラ編に突入したからあのクリスマスの出来事を深掘り【Chap6 139話】- ミカエルblog ep212

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
始めて行ったKTVで出会ったフィリピーナと付き合う事になり、嫁の存在がバレて号泣で詰められ一悶着あったフィリピーナに、逆に昔からの内縁のフィリピーノ夫がいる事を知ってから、俺ちょっとフィリピーナ不信

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

読者の皆様、Merry Christmas🎄

去年はおじJ、今年はクレマニラジオのみかん氏という、またしてもおっさんだけで不毛なイヴの夜を恐らく過ごしているミカエルです。

昨年のクリスマス・イヴの日、たまたま僕の記事の番で「クリスマス・イヴ特別編」と言うのをかいたのですが、ここに書いていた本命フィリピーナと言うのが、現在ブログで書いているサラとなります。

【クリスマス・イヴ特別編】今宵を共に過ごすのはフィリピーナ? フィリピーナにとっての一大イベント、クリスマスに纏わるエピソード – ミカエルblog ep43-

この時はまだ、サラににたどり着くまで結構な時間軸があり、また、フィリピーナと結婚していると言うネタバレ含んでいた為、詳しくはサラの事は書きませんでした。

ただ、現在書いている記事内でのサラの狂気性にも繋がる内容となってますので、今年はそのクリスマスで起こった事を少し深掘りして、書きたいと思います。

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

現在本編の記事で進行している通り、2017年のこの年、サラと結婚、子どもも無事に生まれたものの、子どもが生まれてすぐに飛んだフィリピン渡航で、この後本編で記事にするある出来事をきっかけに実質1年近く、会うのを避ける時期があった。

実際はこのクリスマスを含め、全く会っていないということは無かったものの、それでも約1年近くの間に会ったのは4回ほどだと思う。

それには理由があり、先ほど書いた子どもが生まれてすぐに飛んだ渡航が、この年の7月。

この渡航の半ばで、現在ちょうど記事に書いているチェリーの事で、あるトラブルがサラと起こり、もうサラと関わりたく無いと思う出来事が勃発した。

これまではマラテではサラがいて、時に激怒で帰るものの、言うて気兼ねなくKTVを回れる状況では無かった。

もっと遡るとマカティではサニーであったり、エドコンとブルゴスで出会ったジョイやリオなど、基本特定のフィリピーナと一緒に過ごす為にフィリピンに訪れていたので、他のフィリピーナとワンチャン云々という機会がそこまで多く無かったのが、僕にとってのこれまでのフィリピン滞在だった。

だが、この日全てのリミッターが外れる。

そんな中で今回の滞在、サラが大嫌いなカズ氏もちょうどマラテに滞在しており、サラが帰って行った後、カズ氏と合流しあるKTVに向かった。

前回カズ氏とはHigh Lightsに行ったものの、その時とは心境的に違い、もうサラにこそこそ隠れて行く必要もないKTVである。

今回はHigh Lightsとは違うKTVへと向かい、そこで出会ったのがクリスタルだった。

スポンサーリンク

 

この出会いをきっかけにクリスタルと付き合う様になり、出会った7月から8月、9月、10月、12月と、よりハイペースでフィリピンに訪れ、クリスタルとの時間を過ごす様になっていた。

そんな中で迎えたのが、昨年の記事で書いたクリスタルの家族と過ごしたクリスマス。

そのクリスマスの様子の写真をクリスタルの妹がFacebookにアップしてしまい、マラテKTV嬢ネットワークを経由してサラまでたどり着き、翌日エラい事になってしまったのだが、恐らくこの頃がサラのメンヘラのピークだったと思う。

そんな状態の中で、クリスタルと過ごしたクリスマスが、サラにバレて完全無視を決め込んでいたものの、その猛威がFacebookメッセンジャーを通じてクリスタルの家族にも及んだ。

そこで始めてサラに連絡し、サラとクリスタルの家族は巻き込まない約束をした後、会って話がしたいと言うサラに再びのムッシングを決め込む。

少なくとも、今まで数々のメンヘラを見せて来たサラ。

この状態で彼女と会うのは、圧倒的に危険すぎる。

すると夕方にサラの友達、ニキから「サラが死ぬ言うてるから、今すぐハナのアパート来い!」的なメッセージが入り、続いて、何度か話をした事がありメッセンジャーを交換していた、ニキの彼氏から、僕にメッセージが入った。

 

ミカエル
心の声
嘘でしょ?

ニキやニキの彼氏を巻き込んで、自殺未遂したみたいとの謎の展開に、流石に放ってはおけず、サラにメッセージを送ろうとすると、ちょうどサラからメッセージが届いた。

首元とお腹にナイフを当てた謎の写真ではあるが、ニキの彼氏から届いたメッセージの内容の様に血だらけではない。

えっ、どういう事??この後、ガチにかっ切ってもーたって事?

ミカエル
心の声
いや、いや、あかん、あかん、あかん、どっちにしても切ってもーたらあかんヤツやで。。。

とりあえず、サラにすぐにメッセージを送るものの、逆に返信が帰って来なかった。

しばらくどうしようかと考えていると、再びニキの彼氏からメッセージが届く。

どうやらサラはハナのアパートにいるらしいが、サラがシャワー室にナイフを持ち込み、鍵をかけて立てこもったので、ハナがニキを呼んだ様だ。

流石に若干焦り始めた俺、すぐにサラの所へ向かってくれていると言う、ニキにメッセージを打つ。

すると、ニキの返信は「後で連絡するからちょっと待ってて」という内容と共に、いつもはクヤ、クヤと呼んでいるニキから、ガチギレの名前呼びで、激しくオコされる。

そもそもこのニキの彼氏に僕は何度となく、クリスタルとマラテの街を歩く姿を見られていた。

そして、出会う度に、「サラにも○○(サラの友達の名前)にも言わんといて下さいね」とはお願いしていたものの、彼女であるニキにはしっかりと伝わっていた様だ。

ただ、ニキはその事をサラに話すと、サラ自身が傷つく事と、子どもの事が心配なので、サラには絶対に言わないと言ってくれている。。。が、、、今日既に完全にバレた上に、何より、

ミカエル
心の声
何かめっちゃ上から目線じゃない??

そう思うと、このニキにイライラして来て、しばしチャット上で言い合いとなってしまう。

ただ、サラのアパートに行く事もステイされているし、とにかくサラの状態がどうなのか?を早くリプライして欲しい。

 

そしてそこから30分程して、ようやくニキからメッセージが届いた。

結局、ニキ達に届いた血だらけの写真は、何か違う画像を送っていたみたいで、首と手首を少し切っているものの、何とか無事な様だ。

とりあえず、ハナとニキとでサラを病院へと連れて行ってくれて、治療が終わってからニキからメッセージが届いた。

その後は前回の特別編で書いた様に、ニキがサラをマラテに連れて来てサラと会い、ニキから大目玉を喰らいながらも、その後の残りの滞在をサラと一緒に過ごす事となった。

スポンサーリンク

当時サラが僕に見せていた、激しすぎる感情。

それは時に自分自身に向き、謎の行動を取るメンヘラが凄まじいフィリピーナだった。

僕たちはこんな状態を数ヶ月は繰り返しながらも、結局この後本編で書く、元サヤへと収まる事となる。

僕至上、過去一の思い出深いクリスマス。

今も尚、サラの性格の激しさが露呈しケンカをする事もあるが、このクリスマスを含めサラと離れた約1年が起点となり、謎の怒りの表現方法をサラがする事は無くなった。

そして、現在本編に書いている時期を含めこの当時はボロボロだった僕たちの関係は、この時期があったからこそ理解しあえた所が絶対に有り、サラと出会って5回目、結婚して4回目の「Merry Christmas🎄」を迎える事が出来た。

今年はコロナウィルスの影響で、日本とフィリピンで別々クリスマスを迎えている皆様が多いかと思いますが、どうぞ素敵な夜をお過ごし下さい。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!