【結婚式の景品問題】フィリピーナとの結婚式の為にマニラに到着するも、景品問題が勃発【Chap6 154話】- ミカエルblog ep227

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
KTVでその場にいないが知人も共通で知るフィリピーナを指名して、その知人にビデオコールで指名フィリピーナを見せた時の反応、8割が謎のテンションで大体デレデレしてる

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
5月の滞在を終え日本に帰国するとあっという間に日は経っていく。
そんな中、Yさんから最終の見積もりがあがり、そのダウンペイメントを済ませて、正式に日程と会場が確定した。
そして更に日は経ち、6月。
ダバオから来る母親達の航空券を購入に辺り、一人ひとりフィリピン人の名前等をサラに確認しながら入力するのが、かなり面倒くさかったものの何とか航空券と宿泊先を確保。
そいて、僕自身の渡航の日を迎える

【フィリピン人の親族】ダバオからマニラに来るフィリピーナの親族の航空券などの準備でイライラして来る【Chap6 153話】- ミカエルblog ep226

 

羽田経由の為に早朝に家を出発したこの日、いつも通り昼過ぎにマニラ空港へと到着。

空港を出る際にサラに連絡を入れて、マラテへと向かい、ロスマンホテルで合流する。

弟のノエルも久々に顔を出して、サラの荷物持ちとしてやって来た。

昨年サラの妊娠が分かってから、サラの手伝いの為にダバオからマニラにやって来たノエルも、既に半年以上マニラで過ごして、かなりマニラにも慣れた様だが、明日からは久々に母親や兄弟達との再会であり、嬉しそうだ。

そんなノエルを従えてやって来たサラ、流石に出産予定日を数週間後に控え、お腹がMAXにデカくなっている。

ただ、体調は良さそうで何よりだ。

そんなサラ、ノエルと一緒にロビンソンへと向かい、まずは前回5月の滞在で購入していた、マリッジリングを取りに向かう。

スポンサーリンク

 

サイズ直し、彫刻とも完璧でリングを取り終え、祝袋的な感じの袋を探しに向かう。

僕は、今回の結婚式用に日本から、ビンゴゲームのミニマシンとカードを買って来ており、商品となると荷物になるので、賞金にしようと考えていた。

その賞金を入れる祝袋的な物をここフィリピンで買えばいいかと思っていたものの、いざ買うとなると何処で買えばよいのか、想像がつかない。

サラと色々相談した結果、とりあえずロビンソン内のDAISOに向かう事にしたが、他に行くとすればNational Book Storeとかあたりになるのだろうか?

僕は時々フィリピンでは、今回の封筒の様に不意に何かを欲しいと思った時に、何処に買いにいけばいいのか分からない時がある。

そんな中DAISOに到着すると、普通に祝袋的な物は売られており購入することが出来た。

 

すんなりと目的の祝袋的な袋は手にして、とりあえず遅めのランチへと3人で向かった。

向かったのは一風堂の横にある、FRIDAYS。

僕は地味のここのチーズバーガーおしで、今でもたまにテイクアウトで持って帰る位のおしだ。

そして、ここで食事をしながら、50人程のゲストの人数をよくよく考えると、「もうちょっと当選者の人数が欲しいよな」と考えていた賞金だけでは、当選人数がまあまあ少ない的な話になる。

考えていたのは、1、2、3等は2桁K代のペソを賞金にしようと考えていて、後は4等、5等、6等で、何ペソ札で入れられているかは分からない、厚みの違う5K,3K,1Kの好きな封筒を選んで貰い、最後の7等となった人だけ、3等と同じ賞金をと考えていた。

ただ、それだけだと当たる人がちょっと少ないとなり、急遽、賞品的な物も用意しようという話になった。

そこで、出て来たのが前回の滞在で初めて知ったハリソンプラザ。

結婚式のゲームの賞品でバッタもののブランドが混じるという、謎の話が出始める。

ただ、サラは全然大丈夫と言い、先日行ったアテのバッタもん屋へ向かう事になった。

スポンサーリンク

 

食事を終えた僕たちはハリソンプラザへと移動する。

バッタもんエリアに何店かあるブースに近づくと、前回同様、他の店のアテ達の押し売りの気迫が凄いものの、前回のアテのブースへと向かうと、「Hello」と妊婦連れな事もあり、また来たん的な感じで、おすすめ品を出して来る。

サラはその中から、バッグ、財布を数点選び、これを賞品として織り交ぜるらしい。

そして更に、もう一つバッグを選ぶと、これは母親の誕生日プレゼントにすると言う。

ミカエル
心の声
誕生日プレゼントがバッタもんて…

そもそも、言うてブランド関係なしに、普通の合皮バックのプレゼントという感覚なのか、何でもありのプレゼントの様だ。

ミカエル
心の声
そう言えば、ババアのプレゼントなんかは、何も考えて無かったなぁ

少し、すまんババアとの思いをサラの母親に抱きながら、それらの支払いを終える。

 

そんなマニラに着くなりのバタバタした買い物を終えた僕たちは、もう一度スタート地点のDAISOへと戻り、バックを入れる為の袋を購入してからホテルへと戻った。

サラの母親にはサプライズでのお祝いであり、当然この時点ではサラが先走ってなければ、娘の誕生日で自分が祝われる事を知らない。

スポンサーリンク

バースデーケーキとは別に、サラの母親の誕生日プレゼントを準備し終え、ホテルへと戻った僕たち。

今日この後は、夜にHello Foxへと向かう予定になっているが、今日に限ってはK子をはじめとする、ここのフィリピーナ達が目的ではない、目的で行く予定となっている。

ただ、ノエルに関しては前回指名したA子お姉様と楽しむ為の時間とはなるだろう。

そんなHello Foxに向かう迄の時間をホテルで過ごしながら、マニラ滞在初日、のっけからバタバタした、初日昼の部が終わろうとしていた。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!