【目指すKTVとは違う…】HELLO FOXに向かおうとするも、辿り着いたのはマラテベイビュー下のKTV「Blue Banana」【Chap6 155話】- ミカエルblog ep228

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
すぐヤレると噂のKTV嬢フィリピーナと本間にすぐヤレた時、勢いだけでノーヘルで突っこんだ下の病気が凄い心配

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
遂に結婚式の為のフィリピン渡航の当日を迎え、マラテへと到着。
ホテルに着くと、直にサラも弟のノエルと共にロスマンホテルへと到着した。
そして、サラ、ノエルと3人でロビンソンへと前回の滞在で購入したマリッジリングを取りに向かう。
その後、DAISOでの買い物を終え、遅めのランチに向かうと、急遽結婚式でのビンゴの賞品を増やそうと言う話となる。
そして、ハリソンプラザへと向かい、賞品用のバッタもんを購入するなど、マニラに着いた早々から、バタバタとする滞在初日となった

【結婚式の景品問題】フィリピーナとの結婚式の為にマニラに到着するも、景品問題が勃発【Chap6 154話】- ミカエルblog ep227

 

謎にバタバタする事となった、今回の初日昼の部。

慌ただしい時間を過ごしてホテルに戻り、少しゆっくりすると直にマラテゴールデンタイムに突入する時間となった。

Hello Foxに向かう前に、まずは僕とサラの中では定番の「南山」へと食事に向かう。

ここ南山、個室がなければ牛門、龍苑あたりに流れてしまいそうなクオリティーではあるが、逆に個室だけが取り柄的な、僕の中での焼肉屋さんである。

腹デカ度MAXとなったサラが、他の気を遣わずに済むのも所がいい所だ。

ロスマンを出てパンパシ前を歩きながら南山に向かっていると、セブンイレブン前に溜まっていた何人かのサラの友達のビラまきが、サラを見つけてやってくる。

スポンサーリンク

 

みんなサラのお腹を触りながら、サラが明明後日結婚式という話をすると、「おめでとう」と言ってもらっていた。

そして僕に向かって「コノアト ジカン アッタラ ヨロシク オネガイシマス」と、いつもの言葉を僕にかましながら、定位置セブンイレブン横へと戻って行く。

サラと出会って約1年、サラがキレて帰って行った時以外は、僕のマラテ滞在時には、ほぼほぼサラとこのマラテの街を歩いて来た。

出会って時点でマラテKTV嬢歴、約4年ベテランだったサラは、当然この街のビラまきにも友達が多く、ほぼほぼのビラまきがサラと一緒ではない僕を見ると「サラは?」と言う様な状態になっている。

ただ、この時点ではその事は特に何の問題の無い事ではあった、、、ただ、この数ヶ月後からビラまきの存在が厄介な物になる事となる。

そんなビラまきと戯れた終え、店の中へと入った。

 

以前は叙城苑と言う、圧倒的なオマージュ感を感じるネーミングの焼肉屋さんだったらしく、火事で焼失して、日本橋亭系の大様ラーメンになり、この南山になったとマラテベテラン戦士であるカズ氏に教えてもらった事がある。

そんなファイヤーした場所だからなのかは分からないが、いつ来ても南山は客の入りという意味ではカオスな感じだ。

そんなカオスな南山が好きな僕であり、混んでいると逆にちょっと寂しい気になる場所でもある。

そんな南山で、日本式の焼肉は初めて食べると言っていたノエルであったが、3月に連れて来た母親と同じく、ハラミonライスの組み合わせでモリモリに食い散らかし、満足気である。

Hello FoxのK子とチャットしていたサラが、K子が「テイクアウトして来てと言ってる」との事で、Hello Foxのフィリピーナ用の肉を注文して焼き上げてから、ライスと一緒にテイクアウトをお願いして南山を後にした。

そして南山を出てHello Foxへと向かい、アドリアティコへと南下していると、ちょうどマラテベイビューマンションのブルーバナナの前で久々にカズ氏の友達であり、見た目ヤ○ザのススム氏と再会する。

【マラテの日本人ゲスト】フィリピーナの知り合いの見知らぬ日本人男性とロビンソンで遭遇、その紹介は「あの人、ヤ〇ザ」【Chap6 22話】- ミカエルblog ep95

前回ロビンソンで、サラにヤ○ザと紹介された時と同じく、肌は浅黒く、凄い恰幅、クリッくりのパンチパーマが、少し延びた感じの髪型。

後にカズによって本職の方では無いとは分かったが、やはり見た目は顔面凶器だ。

ただ、このススム氏は兎にも角にも、僕が到底及ばないテキーラモンスターとして、ススム氏を知るフィリピーナ達の間では有名な日本人だ。

スポンサーリンク

 

そんなススム氏もニューゼブラの時を含めて、当然サラの事は知っていて、現在のサラの彼氏が僕と言うのも理解している。

そんなススム氏も、歩いて来た僕たちに気づいてこっちを見ている。

ただ、言うてススム氏とはまだ話した事も無かったものの、とりあえず、

ミカエル
こんちは

とぺこりを一発かましておく。

すると、ススム氏は、

ススム氏
おぉ、カズ氏に聞いてるで、サラと結婚するんやって?

と、いいながら、サラに、

ススム氏
オマエ、腹めっちゃデカいやんけ

と言って笑っている。

そして、僕たちに

ススム氏
今から、ブルーバナナ行くんやけど、ちょっとだけ一緒に飲もうや!
ミカエル
心の声
えぇ~。。。何で、、、話した事もないのに。。。

ブルーバナナでちょっとだけ飲もうと言い始めた。

ええっちゃええけど、つまる所サラ次第ではある。

サラに「ブルーバナナちょっと行こうって言うてるけど、どうする?」

そう聞いて見ると、「あなたに任せる」といつもの答えだった。

A子のいるHello Foxへと行きたいかも知れないノエルに関しては、、、とりあえず放置で、結論を決める。。。

 

ミカエル
Hello Foxに用事あって行くかあかんので、僕ら1セットだけで帰りますね

とりあえず、1セットだけススム氏に付き合い、ブルーバナナの店内に入る。

この店にも指名子はいるらしいが、ススム氏の姿を見て、指名子と共に席に着けて貰うとウェイティングのフィリピーナ達がざわざわしている。

テーブルに案内され、ススム氏は指名子とその友達3人を指名、僕にも「指名するか?」と聞いて貰うも、当然指名などできる状況ではなく、ススム氏が指名したフィリピーナ達が席へと着く。

スポンサーリンク

すると、その指名子の中にはサラが最後に働いたKTV、ニューゼブラにサラがいた時期に一緒に働いていた、エンジェルというダバオつながりのフィリピーナがいて、サラと「久しぶりー」みたいになっている。

僕はうろ覚えだったが、サラがニューゼブラを辞めてから、一度だけ友達の指名の為にサラと一緒にニューゼブラに行った際に、何人か指名したフィリピーナの中のいた様だ。

サラはこのエンジェルがいたおかげで、若干和んだが、ノエルはキョトンとしながら、ノエルの横に着いたフィリピーナと話をしていた。

そして、僕の師匠とも言うべきテキーラモンスター、ススム氏のエンジンがいきなりかかり始める事となる。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!