【嫁ピーナ襲来】コンドへと戻ると嫁ピーナが襲来し、顔見知りのおばはんフィリピーナに爪跡を残していた【Chap7 39話】- ミカエルblog ep272

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
「クサ○ンのフィリピーナなんか病気持ちだから俺絶対やらねーよ!」と言ってた日本人の彼女フィリピーナがシンプルにヤリ○ン

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
花束で見た、しげる氏の彼女的な普通のフィリピーナ。
「こんなジジイのどこがいいん?」と聞きたくなった衝動を必死に抑えながら、目の前でチュっチュ、チュっチュし始めるしげる氏とこのフィリピーナに悪寒が走る地獄絵図を目の当たりにする。
そんな地獄のセットを終え、一旦コンドに荷物を引き上げに戻ると、顔見知りの受付のおばはんフィリピーナに、停止中のエレベーターの中へと押しやられる

【マラテの常宿】コンドに戻ると顔見知りの受付のおばはんフィリピーナが慌てふためく【Chap7 38話】- ミカエルblog ep271

本日もよろしくお願いいたします。

 

しげる氏と共に、マラテベイビューマンションへと戻ると、僕が帰って来たのに気づいた受付のおばはんフィリピーナが手招きをしながらカウンターを飛び出して近づいて来た。

マラテベイビューマンションのエレベーダーは、夜中近くになると5基のうち2基、3基が1階でドアが半開きの状態で止まる。

そしてカウンターを飛び出して僕に近づいて来たおばはんフィリピーナは、僕の腕を掴むとそのまま半開きで止まっているエレベーターの1基の中に僕を押し込んだ。

スポンサーリンク

 

オバピーナ
ちょっと何があったん?
さっきあんたのワイフがここ来て、「部屋の鍵を開けろ」言うて、大暴れして帰って行ったで!

???

ミカエル
えっ、ガチで?何時来たん?
オバピーナ
1時間程前
ミカエル
心の声
ヤバいやんっ

聞くと、ここにサラが現れ、僕が滞在する部屋の前に行ったものの、当然ながら僕が部屋にはいなくて中に入れなかった為、受付にいたこの顔見知りのおばはんフィリピーナの元にやって来たらしい。

夕方に「もう日本に帰ってる」と打ったメッセージが、逆にサラに火をつけてしまった様で、ここまで不動だったサラがの行動を促してしまうという、促進効果があるメッセージとなってしまった様だ。

 

そしてかなりの興奮度だったらしく、おばはんフィリピーナに、

サラ
アイツどこ行ってん?部屋の鍵開けろやぁ!

そう怒鳴りながら、おばはんフィリピーナのいる受付に絡みに行ったらしい。

ただ、謎に怒鳴られながら絡まれ、いつものサラと余りに様子がおかしいと思ったらしいおばはんフィリピーナは、

オバピーナ
もう、チェックアウトしておらへんで

とフィリピン人らしくない、機転を利かせた事を言ってくれた様だ。

スポンサーリンク

 

ただ、それに逆上したサラが、

サラ
そんなはず無いやんけ、早よ開けろやゴラァ!

受付で怒鳴り散らしながら劇オコし始め、ドアマンのセキュリティーも巻き込んでの大事になっていたらしく、10分近くサラはここでそんな醜態を晒していたらしい。

そして、僕に

オバピーナ
あんた、もうチェックアウトしたって言うてるから、早よ他のホテルに変え!
本間に凄い何か怒ってたで!

ミカエル
心の声
もう本間は、既に違うホテル取ってるねんけどな!

そう思いながらも、

ミカエル
分かった、今から荷物取ってホテル変えるわ。
ありがとぅ♡

 

ドヤ顔でええ仕事したやろ?感を彷彿させるおばはんフィリピーナ。

当然待っているものは“お礼”なのだろう。

おばはんフィリピーナに1Kを手渡すと、「毎度おおきに」的にガッチリをペソ札を手にした。

そしておばはんフィリピーナとの話を終え、ロビーでぽつんとしているしげる氏の元に戻る。

スポンサーリンク
しげる氏
どうしたの?ミカピー?

それはそうである。

僕の逆の立場なら、「どしたんすか?」と何ならおばはんフィリピーナとの話しの間に割り込む勢いでどうしたのか聞きたくなるだろう。

おばはんフィリピーナに聞きたてホヤホヤのサラの事をしげる氏に話すと、

しげる氏
ミカピーの嫁、やっぱりホントヤバいね。
まだ近くにミカピー探しているんじゃない?

確かに、、、キチガイ過ぎるフィリピーナ サラの行動は、予想を遥かに超えたクオリディーでの物事をしでかす、ある種のファンタジスタである。

となれば、この旅でサラと再び遭遇してしまったとするならば、どんなファンタジーが襲ってくるか分からない。

直ぐに部屋へと上がり、秒で荷物をまとめ終えた僕は、ここまで堂々と歩いていたマラテの街中を再びひっそりと歩く事となる。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!