【KTVからのアフター】マラテベテラン戦士がフィリピーナをアフターに誘うと、そこにはフィリピンが溢れていた。。。【Chap7 44話】- ミカエルblog ep277

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
KTV嬢フィリピーナの日本人相手の経験人数、半数以上が50代以上のジジイ

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
当時はまだ知らなかったしげる氏の実年齢。
ヘルプのフィリピーナに釣られ僕自身もしげる氏の年齢を聞いてみるも、逆に僕にも「何歳に見える?」と聞いてくる始末で、実年齢には迫らなかった上に、「49歳?」とフィリピーナ並みにおべんちゃらを言ってしまう僕がいた

【マラテジジイの実年齢】マラテベテラン戦士の実年齢に迫る、、、が、真相は…【Chap7 43話】- ミカエルblog ep276

本日もよろしくお願いいたします。

 

この時点で僕も知らなかったしげる氏の実年齢の迫るも、その謎が解き明かされる事はないまま時間は過ぎる。

そんな中、クリスタルとテシを指名していた団体客が店を後にし、団体客の見送りを終え2人がテーブルへとやって来た。

改めて2人が並ぶと圧倒的フルフラットなパイオツのクリスタル。

一方、そのクリスタルのフラットツーをあざ笑うかの如く、やはりテシはバカほどのバカボインである。

スポンサーリンク

 

そんな神様のいたずらをまざまざと見せつけられながら、ヘルプフィリピーナと交代で2人がテーブルへと座る。

テシを指名する日本人をガンガンに見ながら、「あんな楽しそうに他の男としゃべりやがってよぉ!」とオコしていたしげる氏。

オコ具合の強度は分からないものの、あれだけテシを指名する日本人に対してふてこい態度で、テシにブツブツ言っていたジジイである。

雷を落とされる筋合いなど微塵もないテシであるが、ここまでの勢いなら謎の雷がテシに避雷するかもしれず、テシに対する第一声が僕の中では現状、クリスタル以上に意識を取られる所だ。

そして第一声、、、

 

しげる氏
イカウ、アコとジャパンで一緒に暮らしたいディバ?
マニー渡すから、直ぐにワークストップしなさい

ミカエル
心の声
えっ??
あんなオコしてたのに、そんな角度から話入るん??

「こぉっら~!」や「オマエ何やってんだよ!」などの荒々しい角度から入りはしなかったものの、しげる氏以外、この場にいる誰1人もテシがしげる氏と日本で暮らしたい等と微塵も思っていないのは間違いない。

そんな中、出会ってまだ1セットのフィリピーナに“お金サポート代わりに、店辞めさせる”系の話を始めるしげる氏。

しかも、KTVの仕事が初めてな上に入ってまだ間が無く、ほぼ日本語を理解出来ないテシには1mmも刺さっていない。

ある程度の日本語は理解出来るクリスタルに間に入って貰ってようやく意味を理解したテシは、“へへッ”と愛想笑いだけで何かを答える筈が無く、タガログで意味を理解しても尚、しげる氏の言葉が刺さる事は当然ながら無かった。

スポンサーリンク

 

ただ、

ミカエル
心の声
まさか、、、まさかこの愛想笑いがしげる氏の中での“ピーナがさ、俺と日本で一緒に暮らしたいってうるさいんだよ”ってチョロチョロ言うしげる氏の言葉はしげる氏による拡大解釈がされてない??

しげる氏がチョロチョロと口にする、フィリピーナがしげる氏と日本で一緒に暮らしたいと謎の発言は毎回こんな感じで、“しげる氏、謎の拡大解釈”説が浮かび上がって来た。

であるのであれば、

ミカエル
心の声
言うて欲しい、、、「オマエなんかに囲われて日本で暮らす位やったら、フィリピンに居てる方が100%いい」ってはっきりしげる氏に言うて欲しい。。。

そんな僕の中に湧き上がる“はっきり言うて欲しい”願望で、僕の心はキュンキュンしているものの、流石にテシはそんな言葉は発する事なく、“しげる氏の言葉、ただただ刺さらんかっただけ”でその言葉は流れる。

 

そんな一連のやり取りを見ながら、時刻は既に1時を回っていて、他のリクエストも無い今、いつでもアフターへと向かえる時間である。

ここで長居して、他のゲストの来店によりアフターに出れなくなる事を思うと、秒で2ボトルをオーダーしチェックとの流れがベストだ。

ミカエル
しげるさん、僕クリスタルのオーダーだけしてアフター行きますよ

と告げると、

しげる氏
ちょっと待ってミカピー。
テシにも聞いてみるから
スポンサーリンク

そう言いながら、テシにアフターに行くかどうか?をしげる氏が確認する。

ミカエル
心の声
いや、いや、いや、テシは来んて。。。
しげる氏に持ち帰られるとかあり得へんでSHO?

と思っていたのも束の間、

ミカエル
心の声
嘘でしょ??

シンプルに嘘であって欲しかったが、テシはしげる氏とアフターに行く事をオッケーする。。。

そして、、、アフター前に安定の一悶着を起こしつつ、フィリピン溢れるしげる氏のアフター成功記が始まろうとしていた。。。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!