【フィリピーナとの駆け引き】年配マラテツーリストはほぼ口にする、成功する姿を見る確率が圧倒的に低い“フィリピーナを落とすテクニック”【Chap7 64話】- ミカエルblog ep297

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
KTVでジャンケンをあまり分かっていないフィリピーナ相手にグダグダの野球拳して喜んでるヤツ、そもそもゲーム古すぎ

 

 

今回のマラテ滞在も残り3日となった日の朝。

“旦那or彼氏持ちのフィリピーナの朝ははやい”の格言どおり、昨夜発射されたミカエルの素的、小ミカエルの生き残りが散らかっているであろうおmanmanを早朝からシャワーで洗い流し、いつもの如くクリスタルは家へと帰る。

Uberを呼び、ホテルの表までクリスタルの見送りをして、泥の様に眠る。。。

スポンサーリンク

 

予定であったものの、再び眠りに就いたと思ったのも束の間のお昼前、しげる氏からのLINE電話が鳴り響く。

だが、フィリピーナ相手でもない電話に、マラテ時間ならまだ早朝とも言うべき時間から出たくも無いし、出てもろくな話ではないだろう。

シンプルに無視を決め込むと、ストーカー的にしげる氏の名前が画面に表示され続ける。

が、そんなしげる氏のストーカー行為に打ち勝ち、電話が止まること約3分。。。

ビィ〜、ビィ〜、コンコンコンッ、コンコンコンコンコンッ。

ミカエル
心の声
出んでもわかる、しげるってるヤツやぁんっ!!

 

聞いたことは無いが松井秀喜の打球音の様な豪快なノックに、しげる氏と同じホテルに移って来た事に再び後悔しながら、部屋のドアを渋々で開けた。

すると開口一番、

しげる氏
ごめんねミカピー、寝ちゃってた?
タナベのランチ行こうよ?

そう言いながら、ガッツリ部屋の中に入って来たかと思えば、

しげる氏
あれっ?クリちゃんは?

ミカエル
心の声
昨日、朝帰って行く言うたやんけっ!
ほんで部屋勝手に入ってから、クリスタルの事を聞く流れ、それ昨日の朝お金借りに来た時とおんなじなっ!

そんな事を思いながら、「だから、あいつ朝家帰らなあかんらしいんす」と再び答えると、「あっ、昨日言ってたね」と思い出した様だ。

スポンサーリンク

 

ミカエル
心の声
そうじゃい、このポンコツがいっ!

シンプルにここまでのポンコツ具合を思いだしながら、そんな事を思っていると、

しげる氏
あっ、ミカピー、昨日あれからテシどうだった??

ミカエル
心の声
こんな早朝から、、、そんな事を聞きたいが為に起こしに来たんかいっ!

どうやら昨日、理不尽なガチギレで泣かしたまま帰ってしまった、テシの事が聞きたかったようで、しげる氏は更に言葉を続ける。

しげる氏
アイツ、ちょっと優しくしてやると調子に乗りやがってさ。
昨日はお灸すえてやろうと思ったわけですよ。だから、起こったフリしたわけですよ。

ミカエル
心の声
ちゃう、、、絶対に調子ノッてるからとかで怒ったんとちゃう。。。
シンプルにホテル来えへん言うたからガチ切れただけやし、そもそもお灸すえるって何なん?
いやいや、キモい、キモい、キモい

 

凄まじくキモたんなしげる氏であるが、“昨日あれからどうだったか?”と聞かれれば、

ミカエル
心の声
しげる氏、帰ったらめちゃくちゃ元気になったっす。
しげる氏の事、めちゃ嫌い言うてたっすよ。

テシ自体は嫌いとまでは言っていなかったものの、代弁するならこう言うことだろう。

そして何より、しげる氏からすれば一昨日に見た、テシを指名していた日本人が、

ミカエル
心の声
彼氏ではないんすけど、セ○レっす。
ええように、あのバカボインを弄ばれてます♡

昨日知ったばかりの新ネタをしげる氏に言いたい、早く言いたい♫思いで一杯なのが、正直な僕の心である。

スポンサーリンク

が、

ミカエル
しげるさん、怒って帰って行ってから席にはおったんすけど、ずっと元気なかったっすね。
ほんで、1時までおって僕とクリスタルだけ串まさに行ったんで後は知らんす。

テシはめちゃくちゃ元気になってしまっていて、むしろしげる氏がいる時よりもノリノリでセ○レの話までしだしたものの、“テシ落ちんでた風”の真反対の様子をしげる氏に伝えてしまい、しげる氏はまんざらでもない表情を浮かべ、

しげる氏
これ、あえてしばらくほおっておいて、急に優しくしてあげるのがフィリピーナ落とすテクニックなんですよ

ミカエル
ない、、、100%ない。。。
そもそもオマエより数段に若い日本人をセ○レでもいいから好きって言うてるのに、オマエに落ちる事は絶対ない。

マラテベテラン日本人がちょろちょろ口にする、“フィリピーナを落とすテクニック”と称した、謎のフィリピーナとの駆け引きで、それを口にするベテラン戦士がまともにフィリピーナを落とす事などほぼほぼ見たことがない、“フィリピーナを落とすテクニック”をしげる氏もまた口にする。

そんな“フィリピーナを落とすテクニック”を語りだし、もっと饒舌モードへと突入し長くなりそうなしげる氏の話を察知した僕は、

ミカエル
とりあえず出かける準備していいっすか?

となんとかしげる氏の長くなりそうな話をさえぎるが、準備を終えるまでの30分ほど、しげる氏は独り言かの如く、“フィリピーナを落とすテクニック”を僕に伝承しつづけながら、準備を終えタナベへと向かった。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!