【年の差30歳】マラテで起こる日本人同士のジェネレーションギャップに、おぢがムキになるマンへと変貌【Chap7 65話】- ミカエルblog ep298

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
マラテおぢ連中、フィリピーナとのツーショット写真、自ら求めがち

 

 

タナベに到着しランチを食べながら、思い返すのはしげる氏が1人熱弁した、“しげる式フィリピーナ攻略テクニック集”。

シンプルに僕の頭に残った唯一のしげる流は、“お灸をすえるという名のテシをしばらく干す”的な話。

昨日のあれだけ理不尽なガチおこをテシにかましておきながら、まだ、切るもしくは諦めるでもなく、どっかのタイミングでまたテシいったろうって思っとんかい!という、味わい深きキモさ際立つしげる氏の思考。

スポンサーリンク

 

確かに調子乗ったフィリピーナをしばらく突き放すのは有効なのかも知れないが、それはあくまで、、、

ミカエル
心の声
相手のフィリピーナが脈ありの時だけなっ!

彼氏ではないもののテシが片思いし、結構な割合での現在進行形の体の関係を持つ日本人の相手がいるテシは、シンプルに脈なし99%だろう。

それ故に、しげる氏が語ったフィリピーナ攻略テクニックの入口の入口でそもそもつまずいており、

“おぢが語るフィリピーナ攻略テクニック、自分の現状とスペック理解してないから成立してない”説が濃厚である。

 

そんなしげる氏であり、食事をしながらも、

しげる氏
昔はね、ピーナなんか、俺がちょっと本気で口説いたら、いちころだったんだよ

昔はフィリピーナなんかチョロかった的な話を永遠としてくるが、、、

ミカエル
心の声
昔、昔って、ジジイ、、、今となっては全っ然っあかんやんけっ!

しげる氏は「昔マニラは○○だった」、「昔はピーナは○○だった」的な話を本当によくする。

考えてみると、それはもう1人のマラテベテラン戦士 カズ氏もしかりだ。

そう思うと確かに、2人も“昔”はモテたのかもしれないし、おいしい思いも沢山したのかもしれない。

が、10年、20年のフィリピン渡航を経て、おっさん手前やおっさんだったその“昔”から、現在はおぢへと進化したのはシンプルに間違いない。

スポンサーリンク

 

そんなおぢ達の昔話を聞かされ、気分的には「俺、昔めっちゃ悪かってん」と、どうでもいい武勇伝を聞いている時と同じ気持ちになりながら、とりあえず、

ミカエル
凄いっすねっ!

とさえ言っておけば、機嫌がよくなるのがマラテおぢ軍団である。

3分後に「何の話してたっけ?」と言われれば、ほぼ確、答えられないだろう程の脳の深度で、しげる氏が話した事に「ゴイスー」を返していくと、自分の語りが気持ちよくなりご機嫌になったのか、しげる氏定番メニューの鉄火丼の定食のマグロだけを平らげて行く。

ただ、ご機嫌にしてしまった事があだとなり、とにかく話が長いし、クセがすごい。

そんな中、しげる氏の話に僕なりの違う意見を言ってしまったばかりに、突如しげる氏が謎のムキになってるマンへと変貌する。

 

しげる氏
コリアンも最近は若いヤツいっぱいいるけど、アイツら乱暴だからフィリピーナには人気がなくて、やっぱ何だかんだ言って日本人がいいんですよ♡

ミカエル
心の声
って言うてる、オマエのアップデートが遅れてるだけなっ!

未だにジジイほど「コリアンは乱暴でうるさいからフィリピーナに嫌われてる」みたいな話を聞くことが多々ある。

ただ、恐らくそんな価値観は今は薄れ、日本人には「コリアンは嫌い」と言いながら、貢ぎ物担当は日本人おぢ、本命は若いコリアンなんてフィリピーナもクソほど見かけるマラテ。

スポンサーリンク

エンタメやファッション、メイクなどのトレンドも韓国からの影響を感じる事の方が俄然多い中で、

ミカエル
でも、本命が若いコリアンってフィリピーナも最近普通に見ません?

と、マラテで普通に見る光景を言葉にして挟んでみると、

しげる氏
何いってんだよ、ミカピー!そんな事ないよ!
コリアンなんかモテる訳ないに決まってんじゃん!
昔からやっぱりピーナは日本人がいいんだよ!

ミカエル
心の声
実際、、、街中にもコリアンとフィリピーナのカップルいっぱいおるやんけっ!

老眼で見えてないのか?普通に町中で見る光景にも関わらず、謎にけんか腰の勢いである。

もちろん、日本人アドバンテージもまだあるのだろうが、フィリピーナが選ぶオスにも多様性が生まれている中で、“フィリピーナたるものこう言う物”みたいな決めつけで、ムキになりだしたおぢ。

もはや「いや、いや、いや」との思いしか湧いてこず、おぢとのジェネレーションギャップが凄まじい。

しげる氏
分かってないよなぁ〜、ミカピー!

謎の嫌味も言われながら、自分の思ってる事100%間違いないマンのおぢとの会話に、イライラしか募らなかったランチを終えてホテルへと戻り、ここでしげる氏に別れる。

この後テシは日本人との体の関係の解消を経て、コリアンに囲われてピンクレディーを辞めるという、

ミカエル
なぁっ?

となる現実が待っているとは知らずに。

そして、この日は「この若造が!」と気分を害したのか、これ以上しげる氏が絡んで来る事もないまま、クリスタルが部屋へと戻ってきた。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!