【歴代アスリート回顧】フィリピンのマラテで出会った元巨人の外国人【Chap7 81話】- ミカエルblog ep314

ミカエルblog
スポンサーリンク

ミカエル
まあまあ浅黒めのフィリピーナKTV嬢が、店の仲間内のフィリピーナKTV嬢に売ろうとしてる美白クリーム、あまりに説得力なさすぎ

 

 

行動としては特に何も変わりのない初日を終え、2日目。

いつもの様に朝方に家へと帰るクリスタルであるが、この日はいつものルーティンとは外れた日となる。

昨日串まさ経由でホテルに帰ってからクリスタルとの話の中で、クリスタルの子どもの話となり、色々と話している流れの中で、今日この後、クリスタルが子どもを連れて戻ってくるという事になっていた。

スポンサーリンク

 

内心、

ミカエル
心の声
いや、いや、いや、、、現状クリスタルの子どもにはまったく興味ないからっ!
そんなシチュエーション要らんからっ!

間違いなくそう思った僕がいたものの、フィリピーナに子どもを連れて来ていいか?と聞かれ、

ミカエル
心の声
アホっかいっ、ボケぇ〜!
そういうのんじゃないからっ!

と、はっきりとした主張が売りの僕ではない。

 

むしろフィリピーナの好感度欲しい系ツーリストであり、

ミカエル
もちろんええよ、連れておいでや♡

堺のお調子物と呼ばれるこの口がついそう口走ってしまい、そんな自分にドン引きする。

そしていつもの様に朝となり家に帰る準備を終えたクリスタルは、「子どもを連れて戻って来るわ」と言い残して、一旦家へと戻って行った。

クリスタルを待つ間に僕も出かける準備をしながら、考えてみると生まれたての自分の子どもには合わないで、よそのフィリピーナの子どもに会おうとしているこの現状。。。

シンプルに昨日の自分へのドン引きを超越して、今の気分はものすごっつドン引きであり、何となく少し心が痛い。

スポンサーリンク

 

そんな気分のままシャワーを浴びること15秒、、、気分は全回復。

これもまたフィリピンと鬼のメンタルで切り替える。

そうこうしながらクリスタルとその“一人娘”を待っていると、2時間ほどでホテルに今向かってるとの連絡がはいった。

フィリピーナの連れ子、、、

これまで嫁ピーナであるサラの連れ子を筆頭に、初代色恋フィリピーナ サニーの当時の時点での三人の娘達に衣服とおもちゃ買うマンとして関わってきた僕であるが、子どもたちみんなそれぞれにパンチは効いていた。

 

見た目を表現し点数をつけるなら、、、

・あまりの黒さにビビった、ウサイン・ボルトの様なサラの息子… 37点
・大きな口が特徴でフィリピン人の浅黒さを持ち、姉妹の中で一人だけ父親が違った、フローレンス・ジョイナーの様なサニーの長女…45点
・お姉ちゃんである長女よりは少し色は白いものの、ヤワラちゃん似のサニーの次女…20点
・その次女の同じ父親の遺伝子を持つ、澤穂希似のサニーの三女…29点

そして、連れ子ではないものの、先日生まれたばかりの我が子…2億点

と、、、、言ったところだろうか。。。

そう言った意味では、今日はどんなアスリートに会えるのか?若干楽しみである。

スポンサーリンク

そしてクリスタル達の到着を待つこと20分。

ホテルに着いたとの連絡がクリスタルから入り、僕はホテルの下へと降りる。

ホテルのロビーで待っていたクリスタルとその子どもとの初めての対面。。。

ミカエル
心の声
クロマティーやん。。。
往年の巨人の名外国人、ウォーレン・クロマティーやんかっ!

バチバチの阪神ファンである僕ではあるものの、そこに元巨人の外国人選手 ウォーレン・クロマティーを見る事になる。

ただ、角度を変えれば“大坂なおみ”とも言えなくはないが。。。

いずれにせよ、、、

ミカエル
心の声
18点

心は自然と点数を導き出し、18点が確定した上でクリスタルの子どもへの自己紹介も程々に、クリスタルとクロマティーとの3人でロビンソンへと向かう事になった。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

 

TEAMあわよくばは日本ブログ村のランキングに参加してます!

TEAMあわよくば

1日1回、“PUSH”ボタンをプッシュで応援いただけると超絶執筆の励みとなります。

ブログ村
スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!