マラテのKTVに現れた日本人ゲスト、ガン見されてるけど、これって絡まれる…?【Chap6 11話】- ミカエルblog ep70

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
フィリピンで知り合ったベテランさんの部屋に行き、「ウウゥ〜、フゥ〜」と急に唸り出すから「どうしたんすか?」っと、心配になって聞くと、腹にインスリンを打っていて、まあまあ命張ってわざわざフィリピーナを求めに来てることに、ちょっとひいた。。。

どうも、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
マカティから連れてきた、戦力外の男がバリバリの働きをし、場をとてつもなく盛り上げた。ほぼ確、1セット終われば出ようと思っていたこの店で、まさかの延長となり、「真心」での夜は、まだ終わらなかった。

マラテで初めて向かったKTVは「真心」、だが…いつものあの人が圧倒的にウザい…【Chap6 10話】- ミカエルblog ep69

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

マラテの地でスマッシュヒットを飛ばす、マカティ駐在のおっさんの勢いは止まらない。

時々、その顔にチラッと浮かぶ、“どやっ!”感がとてつもなくウザい。。。

ダルビッシュ風に言うなら「シェンロンが一つ願いごと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのおっさんのウザい行動を消してくださいと言う。」なのである。

スポンサーリンク

 

だが、実際はA氏がいなければ、こんなに上手くサラと会えていたかも分からないし、この真心で、こんなに楽しい時間は過ごせて無かったはずだ。

そういう意味では感謝の気持ちしかなかった。

 

そんな時間を過ごしていると、イラッシャイマセーの掛け声と共に、1人の日本人ゲストが来店された。

C子が反応し、どうやらC子指名のゲストらしい。

そのゲストが方は、ママにテーブルに案内され、しばらくするとママが「C子、チョットイイデスカ?」と僕たちのテーブルに言いに来た。

そして、C子とサラは何やらタガログ語でごちゃごちゃ話をしながら、C子はそのゲストの方のテーブルへと向かった。

 

席に残ったR子とサラは、そのゲストの方をチラっと見ながら、恐らくではあるが、その方について、何かを話している様だ。

ミカエル心の声
何なん、この微妙な空気…誰なん、あのおっさん…

このテーブルにいるその他2名を除き、一瞬、変な空気が流れるものの、直ぐにそんな変な空気はなかったかの様にまた元の空気に戻った。

ただ、何処に向かっているかは分からないが、何処かに向かい邁進中のA氏、そしてそれに引っ張られるS子は、そんな空気が流れたのさえ、恐らく気づいてはいないだろう、同じテーブルでありながら、そこは別テーブルだった。

スポンサーリンク

 

そうこうしながら、しばらくすると…

ミカエル心の声
ものすごっつ、視線感じるんですけど…

先ほどのゲストの方の席をチラッ…っと見ると…

ミカエル心の声
ほらやっぱ、ものすごっつ見てるやんか…

 

既に先ほどのザワっとした空気で、僕の“気”は“氣”へと発展している。

とりわけ、そのゲストの方への氣は放ち方は高めだ。

と言うよりも、この真心の椅子の背が低すぎて、衝立もないため、お互いの顔がモロに「こんにちわ」の状態になっている。

 

そして、そのゲストの方は、何一つ、はにかみのない、見事なガン見だ。

ミカエル心の声
何見とんねん!ごらぁ~

などと、おがることは僕には絶対にできないので、今、僕にできることがあるなら…

ミカエル心の声
お前、何でこんな背ぇ低いねん!ごらぁ~

と椅子に向かっておがりながら、「シェンロンが一つ願いごと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのおっさんを帰らせてくださいと言う。」との妄想を膨らまし、

ミカエル心の声
絶対に、絡んで来んといて!

と、目線を外して下にやり、トラブルに巻き込まれないことを願うことだけだろう。

スポンサーリンク

 

これだけガン見されると、確かに気にはなるものの、言うてそんなことに構っている場合ではなく、僕はサラとの間柄を温めていかないといけない。

感じていた視線も徐々に解除され、自分たちの時間を取り戻し、残りの時間を過ごした。

 

しばらくすると、ママが「ジカンデース、エンチョウシマスカ?」

と、延長の確認に来た。

時刻は1時を少し過ぎた位で、時間的には延長も考えてもいい時間だ。

 

だが、サラに「延長する?」と聞くと「チェック na」との返事。

店を出たいからみたいで、このゲストの方の影響があるように感じる。。。

何一つブレることなく自分の時間を貫いていたA氏に、「チェックするで」と伝えると、とてつもなく、もう1回、延長を行きたそうな顔を見せた。

スポンサーリンク

 

そういう僕も、まだサラとこの後の話などは全く出来ていない。

これでチェックして店を出れば、「じゃ、バイバイ」という可能性も高く、確かに彼女に会えたことは嬉しいが、あわよくば、その先の展開も欲しいというのは、正直な気持ちだ。

ただ、言うて今日初めて会ったフィリピーナ。やはり、サラの希望が最優先なのは間違いない。

 

A氏に「ここまでのお金払っとくから、ここ残る?」と尋ねると、「ちょっと待って下さいね」と言いながら、何やらS子と話を始めた。

数分後、

A氏
僕も帰るっす

急に、聞き分けが良い、おっさんへと戻った。

僕たちはママにチェックをお願いして、とりあえず店の前へと出ることにした。

 

外に出てA氏に後に聞いた話は、この時、S子との話で、ラストまで店にいて、一緒にA氏のマカティのコンドに帰る約束をしていたらしい。

だが、僕たちが急にチェックと言い出したので、S子の仕事が終わってから、後でコンドに来て貰うことで話がついた様だ。

 

浮かれているA氏に水を差す様なことは、言葉には出来ない…が、

ミカエル心の声
A氏よ…S子、まあまあブ〇やで!

と、この時ばかりは、何のジェラシーもなく、心から素直に祝福できた瞬間だった。

 

だが、僕も人の祝福だけしている場合ではない。

ここでバイバイなのか、はたまた、今日これからこの先があるのかは、この数分間にかかっている。

 

そして、僕が取った行動は…

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!