【スマホ操作動画付】フィリピンでのGrabアプリの使い方

トピックス
スポンサーリンク

こんにちは。あわよくば編集部(@TeamAwayokuba)です。

フィリピンでの移動手段として、比較的安い値段で、メータタクシーのぼったくりストレスを感じず、手軽に利用できるGrab。

フィリピンなど、東南アジア旅行時には必須アプリとも言うべく、おすすめのアプリです。

既にお使いの方も多いと思われますが、まだお使いになられて無い読者の皆様や、使い方がイマイチ分からない皆様に、今回はGrabの登録方法や利用方法を分かりやすく徹底解説したいと思います!

 

配車アプリ「Grab」とは?

Grab(グラブ)は、マレーシアを拠点にサービスを開始し、東南アジア各国に拡大した自動車配車アプリで、アプリで車を手配して、タクシーのように利用することができるサービスです。

フィリピン国内において同じ様なサービスを展開していた、Uber(ウーバー)が2018年3月に東南アジア事業をGrabに売却し、東南アジア最大の配車サービスとして、2019年4月現在、東南アジアの8ヵ国・336都市で展開しています。

 

海外でタクシーを利用する際、料金でトラブルになったり、言葉の壁が原因で行きたいところが伝わらないという事があったりします。

Grabを使うと、それらをアプリ内で完結できる為、行き先のトラブルや料金のトラブルも起こりにくく(乗車地点から目的地を最初に入力し、アプリで表示された金額のみの支払い ※1)ストレスのない、移動が出来るのがポイントです。

 

更に、現地通貨による現金払いに加え、Grab Payと呼ばれるGrabの支払いシステムに、事前にクレジットカードを紐付けする(※2)と、クレジットカードで決済(この場合もアプリで表示された金額のみ ※1)ができ、降車の際に自動的にクレジットーカードから代金を支払いできる為、細かい現金が必要ないというメリットもあります。

※1 予約の際の車選択時にGrab Taxiを選択した場合はTaxiメーター料金 + 予約手数料50ペソ~の料金(予約時に予想金額表示される)となります。

※2 Grabでクレジットカード決済を行う為のGrab payへのクレジットカード登録は、現時点ではGrab対応エリアでのみ登録する事が出来ます
現地に着いてすぐにクレジット決済で乗車できる様に、日本で前もって登録しておきたいものですが、残念ながら現地に到着してからしか出来ない為、ご注意ください。

 

アプリのインストール(無料)

 

 

 

いざフィリピンでGrabを使おうと思い、Grabアプリを現地でダウンロードすると、意外と時間がかかる為、アプリのインストールは、予め日本で済ませておくことがおすすめです。

 

Grabの登録方法

登録方法①

アプリをダウンロードして、立ち上げるとこの画面が表示されるので、まずはアカウントを作成します。

アカウント作成には、3つの方法があります。

  • Googleアカウントを使用
  • Facebookアカウントを使用
  • 携帯電話番号で登録

 

日本の携帯番号でも登録が可能ですが、おすすめはログインも簡単な①で囲った、GoogleかFacebookのアカウントを使用しての登録です。

 

・Google又はFacebookのアカウントを使用する場合は携帯番号でのSMS認証が初回だけで、仮にログアウトしてしまっても、次回SMS認証は不要。

・携帯番号でアカウントを作成した場合は、ログアウトする度にSMS認証が必要。(日本の番号で登録した場合は飛行機モードにしていると解除しないとSMSが届かない為、ログイン出来ない。)

 

登録方法②

「google」ボタンを押すと、確認画面が表示されるので「続ける」をクリック

 

登録方法③

スマホに登録されている、googleアカウントとの紐付け画面が表示されるので、紐付けるアカウントをタップします。

googleアカウントが何も登録されていない場合は、アカウントのログイン画面が表示されるので、お持ちのgoogleアカウントでログインしてGrabと紐付けて下さい。

 

登録方法④

googleアカウントで紐づけをしても初回のみSMS認証が必要となります。

日本で登録を行う場合は日本の携帯番号もしくはフィリピンSIMでローミングを行いSMSを受信して下さい。

また、登録時は携帯番号の最初の0は入力せずに0以降の番号を入力して下さい。(認証のSMSが上手く送信されない場合があるので)

 

例)日本の携帯番号
“0”90-3355-3355 ⇒ 9033553355

例)フィリピンのSIM

“0”995-444-5555 ⇒ 9954445555

 

登録方法⑤

携帯番号を入力するとこの画面に自動で切り替わります。

しばらくするとSMSで6桁の認証番号が送信されて来ますので、SMSに記載された認証番号を入力し、認証を完了させて下さい。

 

登録方法⑥

正しく認証が完了すると、自動でこの画面に切り替わります。

アカウントの登録は以上で完了となり、現金払いであれば、この状態でも現地でGrabを配車する事が可能です。

 

本来なら、このままクレジットカードの設定も行いたいところですが、前項の配車アプリ「Grabとは?」でも書きましたが、現状ではクレジットカードの紐付けはサービス提供エリアでのみ紐付け可能です。

 

以前はPC版のサイトから、クレジットカードを登録出来た様ですが、2019年11月現在ではPC版のサイトでも、日本からのクレジットカードの紐付けは出来なくなっています。

 

Grabのサービスが使える国とフィリピンで使える都市

・フィリピン
タイ
マレーシア
シンガポール
インドネシア
ベトナム
ミャンマー
カンボジア


【フィリピンで使える都市】
・マニラ(Manila)
・セブ(Cebu)
・バターン(Bataan)
・バギオ(Baguio)
・バコロド(Bacolod)
・イロイロ(Iloilo)
・パンパンガ(Pampanga)
・ナガ(Naga)
・ダバオ(Davao City)
・カガヤン・デ・オロ(Cagayan de Oro)

 

Grabの配車方法

今回はマニラ ニノイ・アキノ国際空港 ターミナル1から、マラテのホテルに到着する迄をサンプルとして解説していこうと思います。

Grab配車操作明動画

Grab配車サービスの違い

Grab Car
一般的な乗用車を配車してくれ、一番使う事が多いサービス。
(Toyota Vios, Hyundai Accent, Honda City, Mitsubishi Mirage…等)
Grab(Hatchback)
3人(ドライバー含め4人)乗りまでの小型ハッチバック車を指定できる。
最近始まったばかりの配車サービスで料金がGrab Carと比べると安い。
Grab Car(6 seater)
6人乗りの大型車の配車を指定できる。
(Toyota Innova, Mitsubishi Adventure…等)
Grab Share
Grab Carの乗合い版。
行き先が同じ方向の乗客を複数拾って、目的地ごとに下ろしていく
Grab Taxi
Grabと契約するメータータクシーを配車でき、Grab Carが捕まらない時などに重宝する。
料金はメーターの料金+ブッキングフィーとして50ペソ〜(予約時に予想金額が表示される)。
Grab Family
子ども用のチャイルドシートを1つ装備した車を配車できる。
また、乗り物酔い袋、ベビーワイプ、消毒用アルコール、ティッシュペーパーなどが用意されている。
Grab Pet
2匹の中型動物(猫または小型犬)または大型犬1匹を収容できるペット用犬小屋、
後部貨物エリアの防水ライナーなどが用意され、ペット用の乗車保険もかけられている。
Grab Car+(Premium)
高級車等、ラグジュアリーな車を配車できる。
(Lexus, Audi, Mercedes Benz, BMW, Toyota Alphard…等)

 

配車方法①

Grabアプリを立ち上げると、この画面が表示されるので①の「Transport」ボタンを押します。

 

配車方法②

①スマホのGPSがおおまかな位置を特定してくれるので、現在設定されている乗車場所を確認します。
乗車場所を修正する場合は、「Change」と書かれた文字を押すと、乗車場所を入力する画面となるので、乗車場所を入力してピックアップポイントを変更して下さい。

②問題がなければそのまま「Confirm pick-up Point」ボタンを押し、乗車場所を確定させます。

 

配車方法③

次に目的地を入力する画面へと切り替わるので、向かう場所を入力して下さい。

①今回の場合であれば、マラテにあるホテルに向かうので、ホテルの名前を入力していきます。

②ある程度入力をすればサジェストが働き、目的地の候補を表示してくれるので、自分の行きたい目的地が表示されれば、それをタップして下さい。

 

配車方法④

配車内容の確認画面、①乗車場所、②目的地、③料金が表示されます。

この画像の例なら

①乗車場所:NAIA TERMINAL1 Arrival Area

②目的地:Riviera Mansion Hotel

③料金:244ペソ

となり、問題がなければこのまま「Book」ボタンを押して配車予約に移ります。

今回の場合は、もう1箇所、目的地を追加したい為、次のステップに移ります。

 

配車方法⑤

目的地をもう1つ、追加する為、

①目的地(今回であればRiviera Mansion Hotel)の横にある、「+」ボタンを押下。

②再度、目的地の入力画面が表示されるので、次の目的地を入力する。

③先ほどと同じ様に、サジェストが働き目的地の候補が表示されるので、希望の目的地があればタップ。

 

こんな時に便利!

目的地の複数設定の使い道として、もちろんお友達の誰かを途中で降ろして、次の場所へというのもありますが、あわよくば編集部で使う機会が圧倒的に多いのは、帰国日にフィリピーナが空港に見送りに来てくれる場合です。

最初の目的地を空港にして、2つめの目的地をフィリピーナの帰る場所に設定して配車すると、空港まで見送りに来てくれたフィリピーナがそのGrab Carで、そのまま帰る事ができます。

最後の項目、番外編でその場合の料金のサンプル、マラテ(宿泊場所) ⇒ NAIA TERMINAL3(出発空港) ⇒ マラテ(フィリピーナの帰宅場所)の料金のレシートも公開しています。

 

配車方法⑥

再度、予約内容の確認画面、①乗車場所、②目的地、③料金が表示されます。

①乗車場所:NAIA TERMINAL1 Arrival Area

②目的地:Riviera Mansion Hotel

③料金:307ペソ

先ほどとの違いは、

②の目的地が2つになっており、画像の例では、❶最初の目的地:Riviera Mansion Hotel、❷2番目の目的地:OYO 207 Bay Area Suitesと変わったのと、③の料金が244ペソ⇒307ペソへと変更されています。

 

④上記の内容で問題がなければ配車予約に進むのですが、もし、プロモードをお持ちの場合は④のプロモボタンを押すと、お持ちのプロモの選択もしくはプロモコードを入力して反映させる事ができます。

⑤この内容で問題がなければ「Book」ボタンを押下、配車予約します。

 

配車方法⑦

①「Book」ボタンを押すと、数秒間は間違えた予約をキャンセルする為のウェイティング画面となります。

②ウェイティング画面が終了すると、ドライバーへの配車予約が開始されます。

③ドライバーが、その内容を了承すると配車予約はマッチングされ、送迎してくれる車の現在地が表示されます。

④⑤マッチングし、ドライバーが見つかった際の自動アラートが表示され、ドライバーの名前、車種、ナンバープレートが表示されると自動メッセージが表示されます。

⑥⑦今回は試しにこのメッセージ機能を使って、現在待っている場所を送ってみます。(基本的に予約成立時の自動アラートへのReplyは必要ありません)

 

配車方法⑧

①ドライバーの名前、車種、ナンバープレート(今回の例では「YT7360」)の情報と、②到着までの目安時間、③GPSによるドライバーの現在地が表示されます。

④ドライバーの到着を知らせるアラートが表示されるので、⑤のナンバープレートを目印にドライバーと合流します。

 

配車方法⑨

ドライバーと合流できたらそのまま乗車すれば、後は予約時に入力した目的地に向かってくれます。

 

Grab番外編

Grab、キャンセル時の注意点

GRABで注意していただきたい所は「キャンセル」によるペナルティです。

キャンセルを短期間に頻繁に行うと24時間GRABが使えなくなるペナルティを受けます。

キャンセルはGrabの配車が確定して、車が到着するまでの間のキャンセルだけではなく、配車予約時に車がなかなか見つからないので、キャンセルした場合もキャンセルに含まれる様です(予約方法⑦-①で説明した画面以降)。

Grab Carがなかなか捕まらない時の対処法

朝、夕のラッシュアワーや雨の日などは、なかなかGrab Carが捕まらない事があります。

何度が試してみても、捕まらない場合は以下の方法を試してみると、すんなり捕まる事がありますのでお試し下さい。

  • 配車サービスの種類を変更する。(Grab Car→Grab Car 6 seat等)
  • Grab Taxiを利用する。
  • 支払い方法を変更する。(クレジットカード→現金等)
  • 移動してピックアップポイントを変更する。(大通りなどに移動する)

マラテ ⇒ 空港 ⇒ マラテのフィリピーナ見送りコース、Grab料金サンプル

赤枠で囲んでいるのが、リビエラマンションからNAIA TERMINAL3に向かい、そのまま見送りに来たフィリピーナが再び自分のアパートのマラテに戻った際の料金サンプルです。

この時は、空港に向かう時はフィリピーナ併せ5人での乗車だったので、Grab Car 6 seaterでの金額となりますが、今までの経験ではGrab Carの場合でも、このコースだと大体600ペソ前後となります。

 

まとめ

今回はフィリピンでも利用する事の多いサービス、Grabのアプリの使い方をまとめてみました。

Grabに慣れれば、タクシー移動時の行き先や料金トラブルのストレスがぐっと軽減され、タクシー以外の移動手段の確保に繋がると思いますので、ぜひ活用して下さい。

また、Grabは新しい機能が常に追加されていっている為、また更新されたら追記したいと思います。

 

TEAMあわよくば編集部の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!