【フィリピーナが妊娠】フィリピン滞在最終日の夜、マラテのいつものKTV「HELLO FOX」でフィリピーナの妊娠を告げられる【Chap6 88話】- ミカエルblog ep161

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
P〇r〇o hubで検索ワード「philippines s〇x video」などのフィリピン系で検索し、フィリピーナと思い込みスコスコし昇天した後、よくよくタイトルを見ればタイ人やった時は、結局フィリピン人じゃなくてもイケる自分を改めて再認識する

どうも皆さんこんにちは、こんばんは、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
まず一軒目として立ち寄ったKTV「無限」で出会ったチェリー。
恐ろしい程に日本人慣れしたフィリピーナであるチェリーと新人イヤを交えての時間。
だが、徐々に興味はいかにチェリーを攻略するかと言う事に絞られる。
そんな中でとりあえずは、店が終わってから会う約束をとりつけ、0時を回った頃、店を後にした。
ただ、チェリーの仕事が終わるまでの時間、チ〇パ有りだと言う「Hanako」へと向かってみるが、ここは不発に終わる。
そしてそのHanakoからの帰り道、サラの友達K子からのメッセージで、終わったと思っていたサラと連絡を取ると、今日の朝に会うことに決まった。
そんな話も決まりながら、今宵の本命チェリーからの連絡を待っていると、3時半を過ぎた頃に携帯にメッセージが入り、そのままコンドに持ち帰った後、渾身の火の玉ストレートをチェリーの下半身に構えるキャッチャーミットめがけ投げ込んだ

【無限の力】マラテKTV無限のフィリピーナと無限の可能性で火の玉ストレートを投げ込む【Chap6 87話】- ミカエルblog ep160

本日もよろしくお願いします。 押忍!

 

僕の中では会心の一撃だった、チェリーとのワンチャンを果たし、謎の満腹感に浸りながら眠りへと就いていた所、メッセンジャーのコールの音で目を覚ます。

朝に来ることは昨日の話で分かっていたが、時計を見ると11時過ぎ。

マニラに到着日以外のマニラの朝と昼は極端に虚弱体質となり、夜まで極力非アクティブに過ごす僕にとって、何もイベントがない時にこの時間に起こされる事は中々の拷問である。

サラをロビーに迎えに行き、部屋に連れて戻る。

部屋に戻ると夜中にメッセージでやり取りした内容と同じ話で、「何でブロックした?」などと言う話が蒸し返されるが、、、そこに至る迄の課程を普通に考えて欲しい。。。

ミカエル
心の声
いや、だってオマエが、、、

ゴモゴモとその理由並べる、、、が言うて仲直りしてしまうのが惚れた弱みなのだろう。

スポンサーリンク

 

そんな中、7泊8日のフィリピンの旅ラストデーとなるこの日、そして、2016年の渡航最後となるであろうこの日、サラが、

サラ
オマエに手料理作ったる!

そんな事を言いだし、ロビンソンへと食材の買い出しに向かう。

ロビンソンスーパーマーケットに到着し、まずは野菜コーナーに。

ニンニクコーナーでニンニクを手に取り、謎に匂いを嗅ぎ出すサラ。。。

テレビなどで見たことがある光景ではあるが、

ミカエル
心の声
オマエ絶対、何の為に匂い嗅いでるか分からんと雰囲気で嗅いでるやんっ!

恐らく、恐らくではあるが、サラ自身も何の為に匂いを嗅いで、どこをチェックするかなど知らないまま、雰囲気で“ニンニク選んでます”風を演出しているのは、ほぼ確である。

“よしっ!これっ!”的な感じでニンニクを選び、調味料コーナー、肉コーナー、そしてパッケージには「あきたこまち 日本米」と書かれたものを順調に選んでいくが、あくまで…あくまで今日のお昼御飯的なものを作るだけである。

サラが選んだ米も調味料も家庭用であろうサイズであり、絶対にサイズ感を間違えているものをカゴに詰め込みレジへと向かう。

当然ながら、食べに出るのと変らない金額の会計を払い部屋へと戻った。

部屋へと戻ると、サラは直ぐに料理を始めアドボソース的な物を用いてアドボを作り始め、御飯も炊け、今後何度か僕の前に姿を見せる事になる、サラのチキンアドボが完成し、それをいただく。

アドボのソースを御飯にかけて食べるのがフィリピン流らしく、全てセットしてもらい食べてみると、見た目のグロさとは違い、初めて食べたチキンアドボたる料理はシンプルに美味しい料理だった。

 

そんなサラの作ったチキンアドボをいただきながら、ラストナイトは昨夜サラからの伝書鳩を努めたK子のいる「HELLO FOX」に行こうと言う話になり、夜の店が確定した。

そうこうしながら部屋でのんびりとした時間を過すが、サラには一匹も放出はしないまま夜を迎え、徘徊の準備を始める。

サラはシャワーに向かい、謎に着替えも済ませた。

ただ、キッチンにまだ大量に残るチキンアドボとライスをK子達にあげりやと伝えると、タッパー的な物が無いとの事で、ロビンソンに買い物に向かい、ついでに夕飯も済ませた。

そして食事を終えるともう一度コンドに戻って、買って来たばかりのタッパーに残っていたチキンアドボとライスを詰め終え、HELLO FOXへと向かう準備が整った。

ただ、キッチンに未だに残る米とか調味料、、、「どうするん?」とサラに尋ねると、明日アパートに持って帰るとの事であった。

そしてそんなバタバタが有りながら向かったHELLO FOXで、思いもよらぬ展開が待ち受けようとしていた。

スポンサーリンク

 

HELLO FOXに到着し、いつも通りK子やアテY、M子を指名していつも同じパターンのKTVでのラストナイトの時間を楽しむ。

だが、この日は途中からサラとK子が何やらひそひそと話をしていたのだが、この時点では対して気になっていなかった。

途中からそのサラとK子が席を外し、何やら扉のあるウェイティングエリアの方に向かって行った。

ただ、いつもの如く僕の横に着くのは超ベテランKTV嬢のアテYであり、アテYと話をしていると、そんなサラ達のバタバタした動きは、さして気になっていなかった。

恐らく結構な時間が過ぎたと思うが、しばらくするとK子が一人が席に戻って着たので、「サラは?」と聞くと今トイレとの事だ。

そして、席に戻ったK子がやけに、

K子…クヤ、サラの事愛してるか?

ミ…うんっ。

K子…クヤ、サラと子ども欲しいか?

ミ…うんっ。

など、聞かれて「うんっ」としか答え様の無いような質問を、今考えるとして来ていた。

そしてトイレから出て来たサラを、K子がおしぼりを持って迎えに行き、何やら話をしながら席へと戻って来た。

サラとK子も席に戻って来てからしばらくは、いつも通りの感じで何一つ変った所は無かった。

 

ただ、しばらくしてK子が

K子
クヤ、サラ、ベイビー出来た

そう切り出すと、サラがカバンの中に持っていた妊娠チェッカーを見せて来た。。。

が、何やら線が出ているものの、それが妊娠を告げているのかどうかが分からない。

ミカエル
えっ、これポジティブ??

サラに尋ねると、

サラ
うん。

と返事をするサラ。。。

一瞬頭の中で「いつ??」と言う思いが駆け巡る、、、と同時に思ったのは、、、

ミカエル
心の声
誰の子じゃい~!

との思いも強かったのも、偽ざる思いだった。

確かに9月、10月の渡航でサラにはバチクソに枠内シュートを放った。

数で考えると1撃1億子ミカエルとして、恐らく20億匹の子ミカエルはサラの神秘の凹みの中を駆け巡ったであろう。

だが、この2ヵ月、、、約8週の間にフィリピンに滞在したのは言うて2週間。。。

ミカエル
心の声
そんなタイミング良く当たるっ??

との思いから、一瞬サニーの時の様な、妊娠してないけどお金むしり取られる説なのかとも思った。

あのフィリピーナからまさかのメッセージ。その内容は…嘘でしょ…【Chap4 8話】- ミカエルblog ep24-

スポンサーリンク

 

色々とネガティブな思考が、頭を中を駆け巡ったりもしている中、そんな事を何一つ口には出来ないまま、それを聞いたアテY達は、

アテY…ワォ、イイナ~!

などと煽り立てる。

K子
クヤ、サラと結婚するでしょ

との言葉に、この状況で「いや、そんなんせいへん」などとは絶対言えない空気、「うんっ」と返すのが精一杯だった。

そんなまさか“サラが妊娠した”との思ってもみなかった展開が待っていたラストデーの夜。

ただ、何となくコンドに帰って何と話をすれば良いのか分からない状況である。

結局、HELLO FOXで1時過ぎまで過したが、意を決してチェックをし、サラとコンドへと戻った。

コンドに戻り、サラと話をした結果として、“結婚を進めて行く”方向となり、次回フィリピンに訪れるのは、年があけて1月の渡航になるだろうと言う話をしてラストナイトを終える。

翌日、空港までサラに送ってもらいながら、「とりあえず病院行って、ちゃんとチェックして来て」とサラに頼んでフィリピンを後にした。

そしてここから話は、僕とサラの結婚に向けて進んで行く事となる。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

現在ブログ村ランキングに参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願い致します!

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!