【海外スロット】フィリピン旅行で出会った海外の裏モノスロット🎰GODシオ(3章・総括編)

サトナエルblog
スポンサーリンク

こんにちは、サトナエルです!

前回のあらすじ

【海外スロット】フィリピン旅行で出会った海外の裏モノスロット🎰GODシオ(2章)

2019年9月26日

総括編です!!今回はまとめと説明していこうと思います。

 

先ずは20円スロット 40円スロットの説明です。

 

日本では1枚20円でメダルを借ります。

大体の店舗で借りる場合は

1枚20円⇒50枚借りる⇒1000円💰

これが一般的な遊技です。

40円スロットは1枚40円⇒50枚借りる⇒2000円💰

40円スロットは日本の一般的な遊技の単純に...

倍・・・( ^ω^)・・・!?!?

無くなるスピードが倍なんで、尻込みしそうですが・・・

出た時も倍・・・( ^ω^)!!

短時間勝負する方にはオススメかもしれませんね・・・サトナエルは財布が持ちませんが・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

フィリピンの紙幣で例えると1ペソ⇒約2円(正確には2.2円ぐらいかな?)

基本ゲームセンターでは1000ペソスタートだったんで遊び方をまとめると、

スポンサーリンク

 

1000ペソ支払う⇒コインが2枚貰える⇒スロット台に入れる⇒遊技開始✨

 

では・・・早速コインを1枚投入開始ーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

20円スロットで遊ぶ場合はコイン1枚でクレジットが50上がります。

コイン1枚500ペソなんで約1000円で50クレジット分が遊べますね。

 

40円スロット遊ぶ場合はクレジットが25上がります。

コイン1枚500ペソで約1000円で25クレジット分が遊べる事になりますね。

 

少し回りくどくなりましくたが、ようは日本にあるスロットで遊ぶ感覚に近いと思って貰えればいいと思います。

 

スロット台に違いがあるとすれば、ウェイトとがありません・・・

( ゚д゚)ハッ!...ド・ウ・ユ・ウ・コ・ト・オシエテ( ^ω^)!?

 

日本あるスロット台には遊戯規定回数を制限するために、約4秒間(正確には4.1秒間)のウェイトが掛かるようになっており、

1時間あたり(今回は4秒で計算)

1時間=3600秒

3600÷4=900

ざっくり計算ですが1時間900弱回転(正確には878回転)を回すことが出来ます。

逆に言えば900弱回転しか、どれだけ早く回してもこれ以上は限界・・・Σ(゚Д゚)

それがぶった切りられてるんで・・・

1時間で1000回転以上はいけるはず・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

とにかく沢山回せますね☻(笑)

違いをもう一つ

オートプレイ機能が付いてます(゜.゜)

完全にランダムの親父打ちなんで小役はこぼしますが楽です

台の掛け持ちもOK

なんで1台は普通に遊技して、もう1台はオートプレイで遊ぶのもありですね

 

一つ注意点を言うと、日本ではないのでガチ香ばしい人や色んな人がいますので

空気を読んだ立ち回りや、コミュニケーション能力は高めの方がいいかと思います。

大人のゲームセンターなので。

行かれる際はトラブルはなるべく避けることをオススメします。

 

少し長くなりましたが、この辺で一旦打ち切りです。

ご要望があれば、またゆるりとスロット編・・・いや・・・ゲームセンター編も書いていこうと思います。(笑)

あくまでも

ゲームセンターのお話なので。

サトナエルでした(^_-)-☆

スポンサーリンク