フィリピンのKTV嬢と行くアフターって一体なに?? サトナエルが旅行者の素朴な疑問に答えます(2)

サトナエルblog
スポンサーリンク

どうもサトナエルです。

前回はKTV嬢とは一体何なんだろう??をテーマに軽く書いてみたんですが

フィリピンのKTV嬢ってなに?? サトナエルが旅行者の素朴な疑問にお答えします (1)

2019年11月1日

 

今回はKTV嬢と行くアフターとは何??について

サトナエルの独断と偏見で書いていこうと思います。

 

KTV嬢とお店でお酒を楽しんだり、会話やカラオケを楽しんだりした後は特に何か物足りない感じがしますよね?

お気に入りの子がいると、あっという間に楽しい時間は過ぎていきます。

スポンサーリンク

 

ちなみにワンセット90分

(お店によって違う所もあるかも知れませんが、基本的に90分の認識で大丈夫です。)

勿論、延長を頼んで60分追加しお店で楽しむスタイルの方もおられるでしょう。

 

しかーーし・・・(^^♪

 

お店もいいけど、お気に入りのKTV嬢と

このままご飯でも食べに行きたーい!!

 

そんな時はKTVレディが勤務を終えた時間にアフターに誘ってみましょう。

アフターとは文字通り

 

「あとで」

の意味で、日本でも夜の仕事が終わってから、ご飯を食べに行ったり、お酒を飲み直しに行く光景をよく見ますよね。

たいそうに書きましたが・・・

それと一緒です!!ww

スポンサーリンク

 

大体KTVレディの仕事が終わる時間帯は

夜中の3時が基本

そこから営業しているお店は限られてきますが、食事に行くことも可能です!

 

グループ店や系列店には夜の1時にアフター行くなら、一緒に行けるところもあります。

時間が早くてこちらの方がお得感すらあるような気がしますが…

 

これにはカラクリが・・

 

夜中の1時にアフターで連れ出してもいいけど…

同じグループ店が経営している飲食店しか行っちゃ駄目よ〜っとルールがあったりもします。

 

いわゆる…二重認証システムですね!ww

 

要は早めに連れ出せるけど、アフターの場所は「同じ系列グループの飲食店で食事しなさいよ!」ってことです。

 

結局売上はその系列店に入るわけですから、客の心理と店の経営を上手く回しているシステムだなっと感心致しました。

ちなみにこのシステムを導入しているお店は、マラテ限定になりますが

・プリティハニー

・ピンクレディー

・ペントハウス

この3つを運営する串まさ系列で、このシステムを採用していると思います。

(2019年10月現在)

店名や場所など変わることもあるのでご了承下さい。

 

1時からアフターに向かってもよい場所は、当然ながら

串まさ(限定)

です。

 

その他にあるかも知れませんが、サトナエルは串まさ以外に行ったことがありません。

スポンサーリンク

 

このシステムで営業している所は希で大概はお店が終わるまで待たなくてはいけないのが大半です。

基本はKTVレディが仕事終わりの3時まで待って、一緒にご飯に行く感じですね。

この場合は飲食店の制限はなく、近くの飲食店の好きな所に行けます!

 

いくら夜遊びするマニラの繁華街とは言え、そもそも夜中の3時なんで、開いているお店も制限されてるし、KTVレディも疲れていて、近場の飲食店になる事が殆どとなり、実質制限されているようなもん…泣

 

それでもお店にいる時と違う感じで、食事を楽しめると思います。

KTVレディも私服に着替えて来ますし、違った一面が覗けるかも知れませんね。

 

今回の記事である、アフター編の最終話には、サトナエルの実際の体験談と成功率なども絡めて、実例をご紹介しています。

 

誰得!? 必殺仕事人🉐情報も込みで次回に盛り込みますので

 

またふら〜っと読んで行って下さいね!(期待しないようにw)

ここまで読んで頂きありがとうございました!チームあわよくばブログも今後とも、よろしくお願い致します。

 

サトナエル

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!