めぼしいフィリピーナが壊滅!マニラへのモチベーションが急降下するも繰り返される別れと出会い!【Chap6 1話】- ミカエルblog ep60

ミカエルblog
スポンサーリンク
ミカエル
フィリピンでのカジノ、帯付き以上勝った時は毎回、わざわざ嬉しそうに写真撮って送ってくるアピールのLINE、もぉえぇって!

どうも、ミカエルです。

 

前回までのあらすじ
約半年ではあるもののリオとの関係の最後となった今回の滞在、リオとの滞在を切り上げ、初のサニーの店以外のKTVに出向くも不発に終わる。
そんな中、久々に再開したA氏の指名子と微妙な出来事が起こったラストナイト、そして翌朝、同じく久々にサニーとも再開を果たす、ここ最近にない様々な出来事が起こった旅を終え日本に帰国した。

まさかの復縁?ニノイ・アキノ空港に向かう時間が差し迫る午前10時、届いたメッセージの主はあのフィリピーナ【Chap5最終 27話】- ミカエルblog ep59

2020年2月7日

 

帰国後、数日してリオからメッセージが届いた。

内容は、A氏の指名子達とのアフター、そしてセブに行ってるはずの嘘がバレた先日のブルゴスの夜に関して一切触れることは無く、何も無かったかの様な「今から仕事に行く」などのいつもの日常のメッセージだった。

アフター先はマカティの出会い系スポット?「フィーリングステーション-Filling Station Bar Cafe-」2日連続ブルゴスを攻めた結果…【Chap5 24話】- ミカエルblog ep56

2020年2月4日
ミカエル心の声
そこ触ってこうへんの、逆に不安。

次回おびき出されて、変なオラオラしたフィリピーノとか出てきてお金とかいかれるパターンのやつちゃうん??

そんな思いが少しよぎる。。。

が、恐らく、僕も何事も無かったかの様に返信すれば、心の中で感じる違和感は置いておくとして、いつも通りのメッセージのやり取り、そして、次回からもいつも通りのリオとの滞在となるだろう感じの雰囲気ではある。

スポンサーリンク

 

ただ、リオへの関心が薄れたこと、、、正直な気持ちで言えば、いくらゴーゴーガールであるがゆえに、真剣なガチ恋に落ちることはなく、気にしさえしなければ、渡航の際は少なくとも、“恋人関係風”は演出されるとしても、相手にフィリピーノの彼氏がいると分かった上で、これ以上の関係を保つことが嫌になったのが本音だった。

少なくとも、リオに対しては「それでも、イッたるで~!」とのモチベーションは起きず、これにより起こるリオを失う弊害を考え比較しても、要撤収で決済するのがベストな案件だとの思いが強い。

結局リオへの返信は行わず、この滞在を最後にして彼女との連絡は途絶えることとなった。

スポンサーリンク

 

僕が仕事以外でフィリピンに来るようなった=ピン中としてピン世界に飛び込むきっかけとなったサニー、サニーと同時期に出会ったジョイ、そしてリオ。

ピン世界に飛び込んでからの、この2年の滞在は、常にこの3人の誰かしらがレギュラー戦士として一緒に過ごす滞在をしていて、ピン中ビギナーであるが故に、他のフィリピーナに目移りするということも無く、彼女達との滞在を過ごすだけで満足していた。

たまたまそんなフィリピーナの存在が途切れずにいたフィリピン滞在だったのだが、そんなレギュラー戦士の存在が途切れた今、次回のフィリピンへの渡航はレギュラー戦士がいない状態での渡航となり、ピン世界で言う新規開拓は必須の状況。

 

新規開拓で言えば、今回の渡航でSHIAWASEのミキ、New Sachiのアイラ、2人のフィリピーナを指名したものの、出会いと呼べる程のものでは無かった。

特にアイラに関しては、一撃お持ち帰りの凄い意気込みで挑んだアフターだったが、それを綺麗にかわされた時点で、凄い意気込みで挑んだ自分が逆に恥ずかしい。。。

出来るなら無かったことにして欲しい位の気持ちである、、、であるがゆえに、恐らくNew Sachiに向かうことはしばらく無いだろう。

アフターのはずが、KTV、New Sachiからのゴーゴーバー、ブルゴス?【Chap5 18話】- ミカエルblog ep50

2020年1月14日

ミキもメッセージのやり取りはしているものの、今すぐ、そして次回どうこうと言う感じではない。

 

なので実質は、レギュラー戦士、レギュラー戦士候補ともに途切れた状態となった。

そして、完全にレギュラー戦士が途切れ、新レギュラー戦士のあての無い状況で、わざわざフィリピンに向かう気持ちが起きなくなって来ていたのも事実で、「当分フィリピンはいいかな」との思いが少し頭の中をかすめていた。

スポンサーリンク

 

そんな思いを抱えたまま、数日経ったある日、僕のメッセンジャーにあるフィリピーナからの返信が届いた。

ミカエル
おぉ!ガチィ?

 

返信をしてきたのは、リオのFacebookを見ていた際にたまたま見つけて可愛いなと思い、メッセージを送っていたフィリピーナ、サラだった。

メッセージを送って返信が無いまま、それっきりになっており、既に1ヶ月以上経過していたのだが、突然の返信だった。

当然ながら、僕は秒でメッセージを返した。

 

ここから始まったサラとの関係が、僕の新たなフィリピン渡航、そして、今までマカティだった滞在の場所がマラテへと変化するきっかけとなることとなった。

 

続きは次回。

 

TEAMあわよくばの本日の記事をお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!