第199話【確率は50%】神にお願いするも無慈悲である【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

前回は、そろそろ飛行機が関空に向かうので、トイレを済ましておこうと行ったが、、、

 

ではつづき〜

 

おじJ「アンギィィィイーーーー」

尿道の先っちょが、痒いなんかむず痒い。痒みに顔をしかめると、隣で用を足しているフィリピーノが、HA?と言う顔をしている。

それはそうで有ろう!トイレは2人っきりでいきなり「アンギィィィイーーー」と叫ばれたらビックリするの理解できる。

おじJ「ソーーリーー」と言いつつその場を離れる。

飛行機の登場が始まり1番前の席で、げっそりとしてると、、、

スポンサーリンク

しゃちょさん「なんか元気無いけど?大丈夫か?具合悪いか?」

何でも無いと言いつつも、少しの可能性を信じて関空まで、最悪のシュミレーションをイメージしつつ4時間半ずっと耐え忍ぶ。

関空に無事着陸時刻はちょうど昼

関空内で飯でも食ってから帰ろうか?と誘われるが、頭に言葉が入ってこない。

流石にボーーと考えてると聞いてる?と言われる。ここで初めて、飯の話だと理解して空港内のラーメン屋へ。

いつも通りラーメンを食べるが、喉を通らない。それを観かねて、、

しゃちょさん「なんかあるやろ?どうした?」

おじJ「おじJr.が痒い🍌。経験上もう少ししたら痛みに変わると思う。もうそうなったら確実になんらかの病気にかかってる。しかも1番の問題は、メグに移したかも………😭

しゃちょさん「マジか😨潜伏期間とかあるからジョアラ嬢じゃ無くてメグか?」

スポンサーリンク

潜伏期間などを考えると、メグの可能性も有ったが、2日前にピンクカードが問題なかった様なので、「白」となると残るは1人になるのだが、、、、国際交流が大好きと公言しているので、ほぼ確あの嬢だ。

昼飯を切り上げて、関空でしゃちょさんと別れ家路に向かうが、帰る最中ずっと調べるのは、「性病症状」などだ。

忙しなくスマホをいじって行く。なになに1回の国際交流で移る確率は・・・・・50%

初期症状からクラちゃんとリンちゃんを調べている。

おじJ「なにーーーーー50%だと!!!21回やん。」ヤバすぎる感染力。しかし50%でセーフとも取れる。70%なら諦めるが、ニブイチなら・・・もうこれは神に祈るしか無い

おじさん J
メグに移って無い様にお願いします。神様お願いします。ザーメン

スポンサーリンク

調べ物など集中していると、あっという間に家に着き。

普通では無い感触なので、泌尿器科に行こうとするも…………近くの泌尿器科は休み。。。

おじJ「まだ痒いだけやし。もしかしたらテキーラで膀胱炎かも知れんし明日でええか」

日本の自宅に着いた事をメグに報告し、暫しビデオコールなどしても、まだ夜の7時だが、安心感といつものベッドなどで睡魔が半端無く襲って来て、そのまま朝の6過ぎまでノンストップで寝てしまう事になる。

 

次回予告

長時間寝て起きた結果、肝心のJr.の状態を忘れてそのまま放尿となるのだが、ただの勘違いの膀胱炎だったのか?それとも当たりだったか?

次回 200話【確率は50%50%】嫌な予感は予感では無い。ほぼ確実に現実から逃げてるだけ【閃光の様に駆け抜けた1年】

運命の日まで後224………

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!