第267話【海外旅行あるある】無料紹介所おじさん短期旅行者の取り合い【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

空港からガタガタ道に揺られながら山を1つ超えた先にあったのは、オーシャンブルーの海!テンション上げ上げで現地に着いたのだが、そこで待ち受けた人とは、、、

 

ではつづき〜〜

 

現地案内人の親切で、ホテルへ電話して貰って少しの間、従業員が迎えに来るのを待っている。

「兄弟!今日は予定は決まっているのか?」

おじJ「まだ決まって無い。出来れば海に行きたい」

その言葉を聞いて、たむろってるピーノが集まり出した。

スポンサーリンク

3.4人からパンフレットを出され、これがいい!うちで予約してくれと、我先に話して来る。

みんなホテルの従業員が来る場所が決まっているのであろう場所で売り込みに来た。

真っ先に思い浮かんだのは、マラテのビラ撒き。。。全く同じやり口に感じた。って事は、ここで予約を入れると手数料で間抜かれるって事?

尚更、怪しさが増す。

ホテルか?ツアー会社に頼むから要らないと断ると、何処も同じだと言う。

ここエルニドでは、ツアーの料金は変わらないと・・・・。。。

ますます怪しさが増す。

スポンサーリンク

じゃあお前達は、なんで?ツアーの紹介をしてるんだと突っ込みを入れたくなる。

手数料が生活費になってるんでしょと言いたくもなるが、問答する時間がもったいない。

幸いここにビラ撒きがそれねりにいる。

妙案が浮かんだ!

ビラ撒きが言うには、エルニドにはツアー自体のコースが決まっていて、A.B.C.D.がある。

値段は11200ペソ〜である。2人だと倍の2400〜となる。

ABCDも値段的には左程変わらないイメージだが、今回はプロポーズと言う多大なミッションがある、、、出来れば雰囲気がいいとかプラスαが欲しい。

ビラ撒きに囲まれながら思案しているが、なんせ初めてな為、計画自体が浮かばない。

1人のビラ撒きがどうしたい?と聞き出した。そう!それを待っていた。

ビラ撒きに今回の作戦を言うと、だったらプライベートの船をチャーターしたら?と言い出す。カップルなど偶にリクエストがあるらしい。。。

そもそも私自身、ぎゅうぎゅう詰めの電車やバスなどが苦手なので今回の申し出は、願ったり叶ったりである。

スポンサーリンク

しかし問題もある。

それは【お金】

1日一船チャーターと聞くと、、、恐ろしくお高いじゃないですかね?

おじJ「は、は、は、ハウマッチ!((((;゚Д゚)))))))

値段の話になると急に3.4人が円陣を組み出し値段の話をしている。

私は値段交渉の際に使う作戦は、最小の単位で話を進めて最終的にいくらでどうや?って事が多い。今回なら1日単位の値段を聞いてから、3日いるからこの値段でどうや?って作戦である。

110000ペソだが3日居るから10000×3=30000ペソなのだが21000ペソでどや?となる

値段が決まった様で、112000ペソでどや?って聞いて来たが、答えはもちろんNo

高過ぎると言うとまたしても円陣へ

スポンサーリンク

9000ペソでどや?なる。ここで話を持ち掛ける。

3日居るからアイルランドホッピングや私達を楽しませてくれ。3日で24000ペソで言うと円陣へ戻るが、他を探すよと言うと、、、

オッケーオッケー兄弟となる事が大半だ。

しかしこれが高いのか?安いのかも分からないが、、、、、、

 

次回予告

エルニドの醍醐味アイルランドホッピングツアーを貸切の船で3日間予定を押さえた。船が出る前に荷物などをホテルへ置いて即出発となった。

次回 第268話【最後の秘境】わざわざ森に囲まれたホテル?ロッジで宿泊するのを決めていたが、まさか○○がすぐに止まるなんて⤵︎【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンで国内旅行は空港での勧誘は普通なのかな🤔

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!