第2話 ボッチデート

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

KTV巡りも終わりしゃちょさんと、2人ホテルに戻り時間を潰すことに・・

第1話 おじさんフィリピンの大地に立つ

2019年8月10日

 

時間は午前3:30もうすぐ来るかなーと、淡い期待を持つおじさんであった

午前4KTV嬢から連絡があり、今から向かうとのこと。

おじさん
「わーい早く来ないかなワクワク」

着いたからロビーに来てとの事

おじさんとしゃちょさんと一緒に、ロビーに降りて再開・・・・

来たのはしゃちょさん指名のKTV嬢だけであった・・・

KTVA子(以降A子)

「おじさんの指名したKTV嬢は酔っ払っい」「アパートで寝てる」と言うのです。

たしかにテキーラパーティーで、かなり酔っ払っていたので当時のおじさんは信じていたのであった・・・

おじさんは部屋に戻り寝るのであった

枕が妙に重かったのは言うまでもなかった。

昨夜のKTV巡りで疲れていたのか?昼過ぎくらいに起床

しゃちょさんと連絡を取り昼食へ

今日はしゃちょさんA子と同伴で、このまま夜まで遊ぶことに・・・

おじさん
うぅーーー俺は1人悲しいなぁーフィリピンでも俺はダメなのか_||○

悲しんでるとA子おじさんの指名した嬢と連絡するとの事!?

あなたは神なのか!ありがとうA

A子電話

おじさん指名嬢
「わかった😊用意してから行くね」

おじさんやったぜ!

昨夜は単純に酔っ払っていただけと判断するおじさん・・・結果

約束の時間にも来ませんフィリピンタイムかとも思いましたが、A子が連絡して見ると用事が出来たからいけない・・・

天国から地獄

その後は3人でデートするのであった

たまにA子が

A子
「おじさんかわいそう、1人寂しい」

A子の余計な優しさが傷口に染みるデートであった

3

再度ショーアップ!?

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!