第263話【青い海!照る太陽!】エルニドへ初旅行!日も出てない内からターミナル4へ【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

映画のワンシーンも無く、、、会話も無く、、、有るのは沈黙だけ〜〜〜溜息混じりの再会。なんだかなぁと思ってる矢先事態が急変する。

 

ではつづき〜〜

 

タクシーに乗り込み沈黙が続く。。。

今までには無いパターン会ってる最中機嫌が下降して行きならいつものパターンなのだが、会った瞬間から変だなぁーーと思いながらも顔を見る。

顔が真っ青でしんどそうだ😰

スポンサーリンク

大丈夫?と声を掛ける。返って来る答えは大丈夫の一点張り。

飛行機で酔ったのかな?でもそれは無いな〜。

会話が無いままホテルに着き部屋へ。

いつもならファイトだが、そんな予感は微塵も無い。

荷物を置きベッドに倒れ込み。「ごめん。疲れてる。寝るZZzzzz

いやーーなんとなくは気付いてたけど、そこまでしんどいとは…………

1日目も1人で、2日目も………1人?。。しかし言うて、ここで無理をさせて体調が更に悪化するのも具合が悪い。

スポンサーリンク

次の日の朝6時にはターミナル4からエルニドに旅立つ。出発の90分前にはターミナル4には着いておきたい。更に言うなら3時過ぎにはチェックアウトしてタクシーで向かうとなると、起こさず体調回復に努めて貰うのが、賢明かもしれない。

…………………けど3時まで後9時間もある。。。

寝るのもなぁ〜〜〜。

マラテの外が暗くなるとソワソワしてしまう。これはパブロフの犬になっている。

横では秒で寝ているメグがいる。余程疲れていたのか?秒だった。

仕方なしに私も暗闇の中、目を瞑る。

……………………………………………

……………………………………

…………………………………

やっぱり眠れない。日本時刻で言えば19時!

こそっと部屋を抜け出し外に出る。

抜け出したはいいが、結局パロパロネットワークに引っかかるのを恐れて、取れる選択肢は少ない。

レナKTVかブチャKTVLAで軽く酔っ払っう位のもんだ。

プロポーズ前という事もあり変なトラブルに巻き込まれるのもと思い結局レナKTVへ。

スポンサーリンク

カランコロン

ママ「あら〜〜1人?今日からメグと一緒じゃないの?」

おじJ「なんか具合悪いから寝るって、起きたら電話有ると思うし1set飲むわ」

ママ「他に行くとパロパロだけどここだとパロパロじゃ無いからね」

こっちの事情を良く把握してくれているだけ有って話が早い。

レナ&アンナをVIPルームに呼んでワイワイ楽しみ。多少酔っ払い部屋へ戻った。

起きてるかな?と思い。そろりとドア開け中を覗く。

真っ暗。。。起きた気配は無い。

これはラッキーと目覚ましを3時にセットし5時間ほど睡眠を取る事に成功した。

 

次回予告

目覚ましと共に起きチェックアウトして、ターミナル4へ向かう2人。

殆どの日本人はターミナル13までしか使用しないからそのノリで4に行くと、、、んん?となる。

次回 264話【蒼い海が待っている!】ニノイアキノ空港ターミナル4✈️13とは別物【閃光の様に駆け抜けた1年】

彼女が出来るとパロパロネットワークが怖くて身動きが出来ない。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!