第291話【そっちが妊娠】闇の部分しか見えないフィリピン文化【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

話が二転三転するフィリピントーク。ほとんどの場合、コミニケーションレベルの問題だが、今回は違っていた。

 

つづき〜〜

 

おじJ「そっちがか〜〜〜い」

驚きを通り越して呆れてしまう。まさかのそっちが妊娠して、仕事を辞めれないという状況。

しかし言うて、毎月サポートすると約束しているのに辞めれないと言うのがきな臭い。多少レナの言う事を加味したとしても…………う〜〜ん(•ૅ)

スポンサーリンク

おじJ「なんで?」

純粋に疑問をぶつけてみたが、お母さんがの一点張りで話にならない。コミニケーションがしっかり取れるレナに聞いた方が早いと判断を下して、今日は寝る事に

フィリピン初日はやっぱり疲れてる事もあり秒で夢の中へ。

スポンサーリンク

疲れもピークも有って起きたら午後5時。

もうこの時間になるとやる事は、夕食からの同伴しか無くなり、シャワーを浴びてゴロゴロとメグの起床を待つ。

なんやかんやしていると起き出し、準備を始めて夕食を食べに外へ。

もう日が落ちているのにも関わらず暑い。

ロビンソン入り口での男女に分かれて、持ち物検査が遅くて汗が噴き出て止まらない。

中へ入れば、冷房が効いていて快適だが、油断していると風邪を引いてしまう。何にしても夕食を何を食べると議論になるが、相変わらず帰ってくる言葉は「行ってないから。知らない」と返ってくる。

ある種の嬉しさは有るが、反面有名店くらい知ってるやろ!と思う。

結局出した答えは、ピーナ=日本食が好きに落ち着き一風堂でのラーメンとなった。

モグモグ

相変わらず美味い。

メグ「アノーーアノーーいいか?」

珍しく恥ずかしながら質問して来た。

スポンサーリンク

おじJ「どうした?何?」

メグ「あれ欲しい」

おじJ「あれ?」

あれとは何ぞや?と考えるが、思い当たる節はない。

これっと見せられた画像はいつぞやの身長が高くなるサプリだった。。。

まだこいつ欲しかったんだと考えを巡らすが、ちっちゃくてかわいいのが気に入ってるので、このままが良いのだが断ったら機嫌が急下降な上、怒りを撒き散らされてもめんどくさい。。。

ロビンソンも言うて後30分もすれば閉店するので、探すだけする事に

サプリ売ってそうな場所に聞き込みしたりするが、やっぱり売ってはいない。

無かった物はしょうがないと結論付いて、不機嫌にならずにそのままお店と流れた。もし探さなかったら不機嫌を撒き散らしながら一緒にいると思うとぞっとする。

スポンサーリンク

無かって良かった(*゚▽゚*)

いらしゃいませ〜〜と扉を開けて、いつもの同伴がスタートした。

テーブルに着きヘルプと入れ替わり、何一つ変わらない手順。

変わったと言えば新人がヘルプに付いて、メグとの関係や何ヶ月でプロポーズしたか?など質問攻めだった。

聞けば結婚願望が有り出来れば、日本人と結婚したいと言う。そのタイミングでちょうどプロポーズの話を耳にしたと言う。

 

次回予告

新人の矢継ぎ早の質問攻めに悪戦苦闘するなか、フラッと警戒していた嬢ミアが同伴出勤でお店に来たが、アレレ?彼氏が違う様な、、、

次回 292話【新人入荷】やっぱり日本人は人気が有るが、その反面利用されてる事も多い(o^^o)【閃光の様に駆け抜けた1年】

20歳の娘が居るのに妊娠、、、歳の差20とか日本じゃ考えられない。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!