第294話【新人大量入店】こりゃ臭うぞ!なーんか隠してる。こう言うやつは後々厄介【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

結婚前提の付き合いで、崩壊したその日に即行動とかの行動力に関心したりと、色々有った1日だが最後にアフター後にバッタリ出会った新人ルルだが、なんだか気になってしまった。

 

ではつづき〜〜

 

ふぁぁぁーーーよく寝た。

時計を見ると午後3時。もう一眠りしても良いが、勿体ない精神でシャワー浴び外に出た。メグは寝たままなので、5時まで帰って来たら問題はないだろうと高を括る。

行くところと言ったら、LAカフェで時間を潰すくらいなのだが、この場所に居るだけでアジアに来たなぁーーと感慨深くなるので、マラテに来たら取り敢えず一杯は飲んで、感傷に浸る。

スポンサーリンク

感傷に浸ると言っても題材は、今回の旅の内容を考えるくらいなもんだ。

今の所は問題無く楽しんでる。良いか悪いか?で言ったら良い!

問題が有るとしたら、新人で入って来たジャピーナルルとの関係くらいなもんだ。新人であんな時間に外出するのがちょっと怪しいが、オラオラ系じゃないので、特段交友関係に口は出さないでおく。

おじJ心の声「ルルなんであんな時間に彷徨いてたんだろう?メグはなんか知ってるのかな?機嫌がいい時に聞いてみるか」

いい時間となりホテルへ戻った。

スポンサーリンク

ガチャ

珍しく電気が付いてる。

メグ「何処行ってた?」

LAとは言えず。「ロビンソンをぶらぶらしてた」

メグ「ふーーん。お腹減った」

確かにお腹は減って来ていたので、外へ出ると太陽が落ち始めたタイミングだったので、夕日を観ながら食事なんてどう?と言うと、Sky Deck on Bayleaf Hotelの屋上で食事を取ることにした。

スポンサーリンク

Rivieraからタクシーを拾い🚕乗る事15分程で、お目当てのホテルへ付きエレベーターで屋上へ登る。エレベーターを降りると1階ほど階段を登ると屋上だ。

時間がギリギリだった事もあり、窓際の席は全部埋まっていたので、夕日が見える開けた場所に陣取った。

メニューを渡され読んで見たが、あうん。。をどんな料理が出てくるか分からない。

雰囲気的にフィリピン料理をアレンジした何かだとは思うんだけど、失敗して食べれない物を注文するかも知れないのでメグに任せた。

暫くすると、豚の丸焼きレチョンの切り身、シニガンなど有名どころが並ぶ。

スポンサーリンク

お腹も満たされ油断しているところにぶち込む!

おじJ「なんで昨日ルルあんな時間に居たのかなぁ〜〜(*'ω'*)

メグ「多分、ホストクラブに行ってるんじゃ無い?」

 

次回予告

油断を誘って出てきた言葉まさかのホストクラブだった。ルルといいミアなど人が入ってくると環境が変わるのは仕方がない事だけど、羽田で感じのは悪影響になりつつあると言う事だった。

次回 295話【ホストクラブ】KTVの仕事が終わり暇ならホストクラブが定番?【閃光の様に駆け抜けた1年】

油断している時が1番情報が漏洩する

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!