第322話【価値観の違い】なんだと意外にもピーノには人気があるのか、、、もう訳がわからん【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

メグと同伴出勤に向かう食事の前に、ルルからメッセージが入り、一緒に食事をする事となり経緯を聞いていたが、もう2週間も仕事をしていなかった。

 

つづきーー

 

食事しながら考えていた。

2週間も仕事をせずダラダラとホストのアパートに転がり込み。もちろんお金も底をつき、友達に泣き付きながら飯を奢ってと言ってる彼女を見て、ピーノはなんとも思わないのか?

助け合いの精神が普通なのか?確かめてみたいと興味が湧いて出てきた。

スポンサーリンク

おじJ「ルルは彼女なの?」

ピーノ「year!もちろん」

………………あ、あ、そう。KTVを辞めた理由を知ってるのか?心配になる。

おじJ「何処ら辺が好きなの?」

ピーノ「かわいいよね。特に色白なのがイイね」

なるほどやっぱりと思ったが、白なのが特に良いらしい。他のスペックを見ると残念だが、色白だと×300%アップくらいになる様だ。

フィリピン独特の+アルファに驚く。

ピーノから見た感じだと

容姿+スタイル×色白3倍=美人にでもなっているのであろう。

しかもあろうことかルルの事が大好きだと言っている。好きなのは問題無いが、まだ1ヶ月も経ってないのに熱々だ。この恋愛のスピード感が、フィリピンらしいと言えばらしいが、単純に怖い。

毎月来ているが、このスピード感を目の当たりにすると、付き合っていても何が起きても不思議では無いと感じてしまう。それぐらいピーノは時として、強引な好き好きアピールをする。

ブーデとピーノのいちゃつきもお腹いっぱいとなり。同伴へ行こうと会計を済ませるが、気になる事が起きている。

ルルがコソコソとメグに耳打ちの後にメグが、1000ペソ渡しているのを目撃する。

シンスンの前で別れKTVへ向かう。

おじJ「なんで1000ペソ渡したの?」

メグ「かわいそうでしょ。お金が無いって。明日お腹減るでしょ」

まあお腹減るのは分かるけど、それは仕事してないからなのでは……………f^_^;

スポンサーリンク

ガチャ

カランコロン

入ったと同時にいらしゃいませ〜〜の歓迎を受ける。

今回も21時〜3時までの予定なので、途中からユキを投入して、3人で盛り上がる。

ワインを飲んだりアップルビールなどで、楽しんでるとユキから提案が、

ビール

スポンサーリンク

ユキ「プラダも呼んだらダメ?」

私個人的には、大概は呼んで良いよとなるが、このプラダという女を警戒していた。

なんたってこの子の1番求めてるのは、お金と包み隠さず全面に出している態度が、嫌いと言うか怖い。

もちろんこの場所は、お金を稼ぎに来ているのはわかっているが、見下している感が凄い。よくピーナが、あの人リスペクト無いから嫌いって、言ってるのに近いのかも知れない。

このあとまだグダグダが続く。

 

次回予告

タマゴだから1setだけお願いと言われれば、付き合いも兼ねて呼んでしまうのが常。

再度、このプラダ嬢の本質的なものを見抜くのには、ちょうどいいのかもしれない。

次回 323話【ジャパユキ】日本人の価値は?【閃光の様に駆け抜けた1年】

ジャプユキさんは、私達が思っている以上に豊かな生活をしています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

 

TEAMあわよくばは日本ブログ村のランキングに参加してます!

TEAMあわよくば

1日1回、“PUSH”ボタンをプッシュで応援いただけると超絶執筆の励みとなります。

ブログ村
スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!