第328話【ラストナイトデート】このまま君だけを奪い去りたい【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

ラストナイトは、なんだかんだで起きてデートに行く事になった。もちろん行き先は、2人の思い出の場所へ

 

つづき〜〜

 

メグの着替えが終わっており。もういつでも行ける準備万端な雰囲気が漂っている。メグもそれなりに考えているのかも知れない。

早速、エレベーターに向かい。1階ロビーからタクシーでデートスポットへ。

向かった先はもちろん。

ここモールオブエイシア横のseaside沿い

ここは数ヶ月前に、遊覧船を乗ろうと来るも、予約でいっぱいで乗れなかった場所。。挙句に新ママからのお願いでVIPの同伴で、予定がパァになり喧嘩になった。怒涛の勢いだけで、ここまで来た。

歳を取った為なのか?雰囲気だけで目頭が熱くなる。

スポンサーリンク

タクシーを降りて、無理と分かりつつも遊覧船チケット売り場へ向かう。時間的にすぐに乗らないと夕日に間に合わないが、案の定チケットは売り切れ🎫ていた。

次の便なら有るよ〜〜と言われるが、夕日が落ちて真っ暗闇の中を走るのには、全くと言っていいほど魅力を感じない。

1年経っても、全く行動が変わってない事に笑いが込み上げるが、逆に嬉しくも思う。

おじJ「予約出来なかったね。前と同じ」

メグ「しょうが無い。運が無かった。」

運と言うより。。。遅かったからでは、と喉まで出かかった言葉を飲み込み。

はぁん⤵︎と小さなため息が出る。

逆にメグはキャハハハハと海辺を楽しく歩いてる。何もかもが前と同じに見える。

がっくりしてる私の手を引っ張り歩く。何も無い歩道を、ただひたすらモールオブエイシアに向かって歩くのだが、記憶がフラッシュバックするのがまたいい!

夕日も傾き真っ暗になり。こちらをじーと見つめた後、彼女の笑顔が何も変わってない事に気付く。

それだけで、この先もなんだかんだ喧嘩しながらも、やって行けると理由無き根拠が生まれる。

日もどっぷり浸かり。クソ暑い中、やっとのことでモールオブエイシア遊園地に着くと

やはりまだ若い?と言うか頭は子供のメグは、目をキラキラしながら周りを見渡している。

おじJ「また前と同じでボートに乗る?」

メグ「要らない。うーーん🤔

うーーんと言いながら決めれない。

考えた末の答えは要らない。ほんと子供なんだか大人なんだか。

スポンサーリンク

歩き疲れた事も有り。腹も減っていたので、モールオブエイシアの中を散策しながら食事する場所を探していたが、メグが決めた場所は、驚異の韓国焼肉!

もうフィリピンに来て4日目だが!既に4回以上は食べている。流石に飽きが来たので、断ると「味が違う!店が違う!」プンスカとなったので、喧嘩になる前に入店。

入店する前と後では、目の輝きが………メグは食い意地がピーナの中では、ダントツに高いのかも知れない。

パクパク美味しい美味しいと、言いながらも私の世話をしっかりする所には、愛情を感じられる部分。

こういうギャップと言うか日本人では、恥ずかしくて出来ない事を、簡単に出来るのもピーナのいいところ。言葉では無く態度で表してくれる所もピーナの良き部分。

そうまだ私は知らなかった。良き部分でも悪き部分でも表す態度を。

食事を終え同伴出勤へと赴き、ラストナイトでユキとの別れもあるので、3人でどんちゃん騒ぎの後、またもアフターシンスンでの焼肉の後々、ホテルへと戻った。

明日もう帰ると分かると、より一層増す甘い甘い。もう既にエレベーターの中でも充満しているかも知れないフェロモンと言うべきエ臭。

スポンサーリンク

案の定部屋に入ると同時にファイ!

日が上り始めた頃にグッタリと横に寝そべってると、腕枕しながら次はどうする?など聞いて来た。

もちろん通常通りなら月1で来ているので、来月となるのだが、10月辞めて一緒にダバオに帰ると決まっているので、無理に来る必要はない。あと9月の予算を10月に回した方が、メグの親御さんの挨拶もあるので、必要経費がかさむのも有って見合わせる事にした。

そしていつも通りターミナル3にて、お小遣いと言うべきサポートの兼ねて、それなりの額を渡し。10月のダバオ行きチケットを買っといてと言いマニラを後にした。

次回予告

この長いお盆は終わった。

しかしおじJは全然、分かってはいなかった。地獄はまだ始まったばかりだとは。

次回329話【タレント】日本に出稼ぎに行くも人気順【閃光の様に駆け抜けた1年】

青春時代に出来なかった事が、ここフィリピンでは出来るのかもしれない。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

 

TEAMあわよくばは日本ブログ村のランキングに参加してます!

TEAMあわよくば

1日1回、“PUSH”ボタンをプッシュで応援いただけると超絶執筆の励みとなります。

ブログ村
スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!