第327話【ラストナイト】終わり良ければ全て良し。毎回このパターンで納得してしまう。【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

理不尽なキレから、これからのことを考えると、もう一緒にやって行ける自信を喪失してしまい。会話が無ければ別れることすら考えていた。

 

つづきーー

 

怒りをぶつけられ

もうムリと思っていても、どうしても負い目的な物を感じてしまい許してしまう。悪い癖だとは分かってはいるが、継続を選んでしまう。

モヤモヤした物を感じつつも……取り敢えずの同伴でお店へ。

いつもの様に、楽しみながら時を過ぎる。多くのピーナがそうなのか?はたまたメグがそうなのかは、私の理解が及ぶところでは無いので、割愛するが接客と言う所では、信頼していた。

まあ簡単に言うと、好き嫌いがハッキリしているので、まだ私に気持ちがある分、他には塩対応が多いのであろう。逆に気持ちが無くなったら即、分かるくらい嫌な態度を取るだろう。

いつも通り何の変哲も無く。この日、幕を閉じた。

お盆、最終日ラストナイト。

相変わらず休みだと言うのに、これ以上睡眠が取れず起きたのは真っ昼間。

隣を見るとグーグーと、起きる気配は全く無い。

 

私のマラテのルーティン。

シャワーご飯→LAで適当に時間を潰して、ラストナイトと言うことも有り期待を込めて、早めにホテルへと戻った。

ガチャ。。。。

お!明るい珍しい。

ベッドの上でゴロゴロと待っていたメグ。

メグ「何処行ってた?待ってた。」

昨日と打って変わって、態度が180度違う。

おじJ「ご飯食べてロビンソンを見学してた。」

メグ「ふーん。どっか行こう!」

………………は?どの口が言ってる。昨日散々言ったが、ブチギレるだけで全く行く気が無かったの。。。

私は答えは

おじJ「行くーーー」

多少のムカつきは有ったものの

ここでまた喧嘩したら暫く会えないが、先行して怒るに怒れない。それだったなら楽しんで、帰りたいが勝ってしまう。

何処へ行く?となるが、もう10月には実家のダバオ暮らしで、日本へ行く準備をするか?23ヶ月日本語学校へ通うか?などするので、マニラでのデートはもしかしたら、最後になるかもと2人の思い出のデートスポットへ

 

次回予告

マニラでのデートはやっぱりこれが好き。波の音を聴きながら、散歩するだけでも日本の日常を忘れられる。

次回 328話【ラストナイトデート】このまま君だけを奪い去りたい【閃光の様に駆け抜けた1年】

KTVで遊んで頃、ベテランさんに「お前らはピーナと本当の恋愛なんてしてない!俺が教えてやる」と力説されたが、そんな人程めっちゃATMマン率が高い。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

TEAMあわよくばは日本ブログ村のランキングに参加してます!

TEAMあわよくば

1日1回、“PUSH”ボタンをプッシュで応援いただけると超絶執筆の励みとなります。

ブログ村
スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!