第69話 あわよくばのインスピレーションこそが大事

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

酔っ払ったエリをアフターに誘わず、明日、同伴で楽しめるようなら、フィリピン歴長いベテランさんの謎の行動が1つ解けるかも知れない事案だった。

第68話 フィリピンパブ必勝法!見つけたのか?

今回はやったぜ!Jちゃんどぞ〜

 

酔っ払ってぐでんぐでんになっているエリを後目に、ママから会計を受け取りチェックをして店を出ました。

すると店のボーイが………

ボーイ「クーヤ!何処ホテル?」

おじさんJ「??◯✖️ホテルだけど?」

ボーイ「クーヤ歩き?危ない。マビニストリート※1は暗いからスリが沢山いる。1人は特に狙われる」

※1…KTVが沢山ある辺りのマビニストリートではなく、SOGOが有った辺りのマビニストリート

スポンサーリンク

 

なんと!マビニストリートは特にスリがいる場所らしく、私はたまたま遭遇しなかっただけで、頻繁にスラてる日本人がいるのです。

おじさんJの知り合いで、2人で歩いてる時に3人組に声を掛けられ、しつこく付き纏われたのです。しかもプロっぽい犯行で3人にそれぞれ役割分担があって、1人は必死に話をして、2人目はダンスなど注意力を引き、3人目は話ながらフレンドリーにボディタッチしながら、カバンなどのチャックを開けていたとの事です。

因みに2人とも海外旅行歴10年クラスのベテランです。それでも気が付いた時には、カバンが少し開いていて、財布が無くなっていたそうです・・・おじさんJ心の声「確かにあの薄暗い中帰れるか?と問われればビビリの私の答えは・・・」

即ボーイのバイクの後ろに乗ってホテルまで送って貰らってました。

スポンサーリンク

 

ホテルに戻り時間もいい時間だったので、旅の疲れも合ってベッドに入ると明日を楽しみにしながら眠りました。

ジリリリリーーージリリリリーーー

ジリリリリーーー

突然の大きな電話機からの音にビックリして目覚めるて取ると受付「エリが来ている。知り合い?どうする?」

今からロビーに行くと伝え、眠い目を擦りながらスマホを見ると、メッセージが数件入っている。もちろんエリからだ。

スポンサーリンク

 

時刻は約束の1530分を超えたくらい。

久しぶりにマラテでこんなにも深く眠った事に驚きつつももっと驚いたのはエリが約束通り来たことだった。

しかもこんなに早くにな🤭

心の中でこりゃ〜相手もまんざらではないと思い、多少あわよくば発言でもイケると算段していました。

エリはロビーには居らずエントランスの入り口で待っていました。少し警戒しているのか?

スポンサーリンク

 

おじさんJ「ハローエリ部屋でゆっくりしようよ」

エリ「!!!!!」

エリ「私は部屋に入る事は出来ない。ごめん」

しかし私は昨日の態度と、約束の時間に来たことを加味してあわよくばではなく!

イケると判断!

禁断の諸刃の剣を使うことに

おじさんJOKOK私はまだ寝たいから帰っていいよ」

 

次回予告

禁断の諸刃の剣を使ったおじさんJ読み通り事は進むのでしょうか?そしてエリは部屋に来るのでしょうか?

 

次回 第70話 ベテラン日本人はベテランKTV嬢を嫌う理論誕生?

今度は根こそぎ焼畑農業

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!