第138話【マラテKTV】アフターシンスン!ラストナイトの攻防【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

ラストナイトで、急遽アフターが決定はしたものの、人数は「3人」

ラストナイトはスッキリして帰りたい。。。

 

ではではつづき〜

 

1ヶ月振りの焼肉と言うフレーズに、違和感を感じたのは、私の今までの経験から出した答えなのだが、これがちょっとずれている様だ。

ユキによると、同伴やアフターは私が思っている以上に、嬢たちも客を選んで行く様だが、それを信じる程私はお人好しではない。

スポンサーリンク

私が思うに、単純に指名率の差で同伴やアフターのお誘いが、多いか少ないかそれだけ

KTVが終わる午前3時。

アフターが決まっていたので、今回は早目に着替えて行っていいらしく。ミーティング御免となり、3人でシンスンへ

まだちょうど3時になった所だったので、お客さんは私達だけだったので、1番奥の席に座られてもらう事に


シンスンに入ってから、テンションが爆上がりの2人、、、

どれにしようかメニューも見ながら盛り上がってる。

これだけ嬉しそうにしてるのを、観てるだけでも幸せな気分になる。

そして何より、この2人の印象が良くなってるポイントは、KTV内でもそうだが、全て確認してくる所。

決してゴリ押しして来ない上におねだりもない。

態度が悪い嬢は、絞り取れるだけ絞り取ろうとするが、今の所全くない。寧ろこっちの懐を心配してくれるくらいだ。

スポンサーリンク

 

注文を済ませ

肉が運ばれ店員が焼いてくれます。相変わらずハサミで、全部の肉をチョキチョキする。

私が気に食わないのは、フィリピン流なのか?肉を相当細かくカットするので、何度もよそうのでめんどくさい。

店員が出来たよーの掛け声で、食べ始めようとしたら、メグが隣に来て、全部セットして食べさせてくれます。王様気分♪

食べ終わる頃には、シンスンは満員で座る所がない。

ユキ「J?本当に彼女居ない?独身?」

おじさんJ「本当に独身!日本にも彼女いないよ」

ユキとメグが話し合っています。

メグ「Jはこの後どうしたい?」

おじさんJ「明日は昼には空港に向かうし。早めに寝たいかな?あなたと一緒に寝るなら最高」

メグ「オッケー。一緒に寝る。スケベはダメNa

スポンサーリンク

何か私の知らない場所で、勝手に話が進んでおり、独身で私が望むなら部屋に来るとのこと、3日間お互い様子見で過ごし、遊び人では無い認定を受けた様だ。

私からすれば棚からぼた餅状態!

おじさんJ心の声「やっぱ上手く行く時はこんなもんなんだよなぁ〜」

会計を済ませ、メグと一緒にホテルに帰るのだが、ユキを1人で帰らすのは危ないと思い。(事前情報では、アパートまで歩いて約20分掛かると聞いていたので)

タクシー代を渡すから、タクシーで帰ってと促すと、アパートまで23分だそうだ。。。

後日、ユキになんで?嘘言ったのと聞くとストーカーになる人が稀にいるらしい。。。

 

次回予告

メグとのホテル行きは決まったが、一緒に寝るだけって。。。本当に思ってる?

次回 139話【フィリピンパブアフター】初のフィリピーナ彼女【閃光の様に駆け抜けた1年】

棚からぼた餅過ぎて、嵌められてそうで怖い😱

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️Twitterもよろしく

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!