第140話 【マラテKTV】次の渡航はまさかの何日後?【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

余り期待はしていなかった、昨晩しかし思いの外、一緒に風呂に入ったりベッドで、話が盛り上がって、流れで国際交流の流れとなりました。

 

ではではスッキリあわよくば〜つづき〜

 

ピピピピ ピピピピ ピピピピ

ピピピピ ピピピピ

今日は、日本に帰る便に合わせて、チェックアウト前に、目覚ましをセットしておいた。

おじさんJ「ふぁ〜〜」

眠い目を擦りながら、昨晩有ったことが寝ているメグの姿を見て、夢では無いことを確認する。

おじさんJ心の声「こんなにピュアな子、俺で良かったのか?」

自分で言うのも何だが、私は真っ黒で汚れきっている。そしてそれを変える事は、非常に難しいと思う。

目覚ましの時間は、ギリギリにセットしていた為に、このままメグをゆっくり寝させることも出来ないので、メグを起こし帰る準備をさせる。

おじさんJ「チェックアウトが12:00でそのまま空港に行くから。メグも帰る準備して」

メグ「オッケー👌私も空港に行く」

気持ちは嬉しかったのだが、まだ私とメグとの関係は、そこまででは無いと思い断りました。

スポンサーリンク

 

昨日の夜に粗方整理をしていたので、10分もしないうちに、準備ができ最終確認のパスポートとペソをチェックして、ホテルのロビーに向かいます。

ロビーで、チェックアウトの室内のチェックをしている間に、連絡先の交換と、メグに心ばかりの2000ペソを渡して、(ユキとご飯でも食べてと言いながら)室内チェックに問題もなくチェックアウト完了となり、ここでメグと別れ、タクシーに乗り込みニノイアキノ空港に向かいます。

ニノイアキノ空港に到着して

チェックインを済ませ、後は飛行機が飛ぶのを待つだけなので、スマホをいじってると

ピコン ピコン

メグからのメッセージで

I Miss You それともう1つ「気をつけて日本に帰って下さい。家に着いたら連絡を下さい」

恥ずかしい話なのですが、今までのKTV嬢で空港の中でメッセージが来たのは初めてで、大抵は日本に帰って、KTV嬢が仕事が始まってから来るのが大抵でした。

今までのフィリピーナと違うなと思える出来事でした。

その後は無事日本に帰国しました。

スポンサーリンク

 

しゃちょさんと後日談(帰国後1日後)

おじさんJ「ただいま〜今回はB子の地獄から天国でした。」

しゃちょさん「へぇ〜地獄は分かっていたけど、天国っていい事あったんだ」

おじさんJ「そそ!いい事あったよ。それでねお願いあるの。おれさぁ〜女見る目が無いからメグを見て欲しいんだけど・・・」

しゃちょさん「・・・しょうがないなぁ〜。仕事の都合で24日からならなんとか」

その日の内にお互いチケットを取り、僅か1日後に、フィリピン渡航が決まった。

 

次回予告

僅か1日でフィリピン旅行が決まった。時間的には約1カ月ある。その間にやれる事をやる。

次回 141 【マラテKTV】コミニケーションが大事。オンライン英会話に入門【閃光の様に駆け抜けた1年】

運命の日まで後283

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️Twitterもよろしく

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!