第147話 【マラテKTV】Baby girl【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

当然アフターは来る物だと思っていたのだが、まさかの「ごめんなさい🙇‍♀️」・・・いったいどう言うことなの?

 

ではではつづき〜

 

メグ「ごめんなさい🙇‍♀️

おじさんJ「・・・わかった。わかった」

ヤバイまさかカズミと居たのがバレていて断られてるのか?

動揺すると、痛い腹を探られかねないので理由は何なのか?を聞きます。

おじさんJ「何か?理由がある?俺?」

メグ「違う違う!私のベストフレンドが今日ダバオに帰る」

話をゆっくり聞いてみるとこうだ!

KTVの派閥でよく聞くのが、ミンダナオ島VSその他

スポンサーリンク

簡単に言うと田舎者VS都会っ子で、この基準はビサイヤ語かタガログ語で決まる見たい。

標準語か方言みたいなもんです。

それでミンダナオ島出身の方は、よく仲のいい物同士集まって更に細分化した派閥を作る事が多い様です。

メグの場合はメグを入れて6

ダバオ仲良しベストフレンドがあり

チーム名まであるとの事。

名前が「Baby girl

今回この内の1人がダバオに帰る為、仕事が終わってからお別れ会があるとの事。

お別れ会が終わってから、少し寝てから私のホテルに来ると言ってるので、ちょっと寂しいですが了承しました。

1時間ほどで閉店になるのですが、ユキが今日タマゴ🥚らしく呼んでもいいか?と言われ勿論オッケーをだし

速攻で「久しぶり〜元気?」と日本語バリバリのユキがきました。

スポンサーリンク

 

メグがトイレで席を外した時。

ユキ「私は日本に仕事をしに行きます。もうプロモータにも話をつけて、オーディションにも行きました。日にちが決まれば日本に行くので暫く会えない」

おじさんJ「凄いじゃん。なかなか日本に仕事で今は行けないよ」

この時、単純に日本行きが決まってラッキーな子だなとしか思いませんでしたが、、、

ユキ「日本に行ける年齢は21歳からなら仕事出来る。メグもそう遠くない日には、日本に行く」

おじさんJ心の声「え!!メグも日本に行くの?」

ハッキリ言って焦りました。

私は2年程マラテで遊んでいるのですが、日本に行って帰って来た嬢の感想は、スレっスレになって帰って来るイメージが強く。

もしメグが行って帰って来る時は、別人になってると想像に難く無かった。

と言うことは、私に残された時間も思っている以上に、無いのかもしれません。。。

スポンサーリンク

ユキ「まだメグは全然決まってないから大丈夫!今日はこの後お別れ会ある。アフターは多分明日大丈夫。」

ユキの話とメグの話も、お互い同じ事を言ってるので、お別れ会はあるのはわかった。

そしてここで妙案が思い付いた💡

 

次回予告

ベストフレンドの帰郷お別れ会が行われるとの事で、KTVでお別れ会と言えば、何時も出てくる「アレ」をプレゼントする事を決める。

次回 148 【ダバオに帰郷】お誕生日会やパーティーで出てくる「アレ」を急遽プレゼント【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンの「アレ」は特別甘い!

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️Twitterもよろしく

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!