第150話 【フィリピンパブ同伴】またもでた。あの子はかわいそうな子【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

まさか同伴が、体をピッタリくっ付けて寝るだけなんて、そんなん聞いた事ある〜?

 

ではではつづき〜

 

目覚ましを同伴前にセットして、約3時間(弾丸旅行)と言う時間を無駄にした罪悪感は半端無く。

私個人としては、気に入ってる嬢限定だが、ちょっと洒落た店や景色のいい場所で、海外に来た雰囲気を味わいたい物だが、、、、

まあ年齢が若いので勘弁しておく

おじさんJ心の声「こっからしっかり調教してやんよ!」

スポンサーリンク

時間が迫ってるので、メグを起こしながら支度を済ませ、ギリギリのタイミングでホテルを2人で出た。

カランコロン

いらしゃいませ〜

ギリギリなんとか9時前には着き、少々ママに小言を言われながら席に着いた。

ママ「9時過ぎたらペナルティーある。少し早目に着いて」

軽くオッケー👌を出し

ヘルプ嬢が来るかと思えば、ママが隣に座り色々と質問攻め・・・

話が長くなりそうなので、ママにドリンクをご馳走して話します。

スポンサーリンク

ママ「遊びなら真面目な素振りしないで、真剣なら真面目1Na!他のKTVで同伴アフターはダメ。パロパロになるだから」

話を聞いてると、色々なKTVに行ってるとそれだけで、浮気になり。お目当ての女性は落ちないと言う。

おじさんJ心の声「これカモ🦆に言う常套手段じゃん。一理あるけど。。。」

ママ「あの子はかわいそうな子だから騙さないでね」

またも聞いたのは「かわいそうな子」英語での会話では無く、日本語なのでニュアンスなので間違いは無いだろう。

そうこうしている内に、メグの着替えが終わり席に着き2人の会話が始まる。

話の内容はたわいも無いのだが、何故か心地よく楽しい。女性は美人だとそれだけで、有利性があると言われている事に納得する。

スポンサーリンク

気に入ってるのもあり時間もあっという間に過ぎる。この頃から同伴〜ラストまでが、基本となり「さよならの向こう側」を聞いて会計メグの着替えを店で待ちご飯を食べに行ってホテル🏨の流れができ始める。

そして着替えが終わり、ご飯を食べに行こうと言うのだが、ここで何処で食べようとなるのだが、、、開口一番「シンスン」となる。

ユキも行きたいとなり3人で、シンスンに向かう事となる。

3時を回ると結構賑わっていて、運良く1番奥の席が空き、注文を済ませ料理を待ってると・・・

ピコンピコン

スマホにメッセージが入る

こんな時間にメッセージが来るなんて、何か嫌な予感しかしない。。。

 

次回予告

嫌な汗をかきつつメグにバレない様、最新の注意を払いつつメッセージ開くとそこには、、、

次回 151 【フィリピンパブ同伴】二兎追うものは一兎をも得ず。盗撮は日常茶飯事?【閃光の様に駆け抜けた1年】

シンスン人気すぎて逆に危険地帯と化す

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️Twitterもよろしく

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!