第156話 【マラテKTV同伴】そこで!スイッチするの?漢は時に残酷な判断を下す【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

ニノイアキノ空港から無事にぼられることもなく、時間通りホテルに着いた2人、メグはフィリピンタイム無しの、約束の530分に来るのだろうか?

 

ではではつづき〜

 

ホテルのチェックインを済ませ、30分程時間に余裕があるので、荷物の整理を始める。

今回の1番の目的は、メグが良い子なのか?それとも悪い子なのか?客観的に観てもらう旅でもある。

もし悪い方だったら・・・この持ってきた「指輪」も日本に持って帰られないと行けなくなる。

荷物の整理も粗方終わり、時間の方も約束の530分になる為、ホテルのロビーで待つことに・・・

スポンサーリンク

ホテルロビーで待ってると、しゃちょさんが最初に来てホテル内の喫茶店で、メグを待つこととなる。

しゃちょさん「多分、フィリピンタイムあるやろうし。お茶でも飲んどこーぜ」

おじさんJ「フィリピンだししょうがないよね」

しゃちょさんはアイスコーヒー

私はフィリピンに来た時だけ、甘い飲み物を気兼ねなく飲む。

特に南国気分が味わえる物を好んでオーダーする。この時は、マンゴーシェイク甘さ控えめで注文した。

注文がして飲み物が届く前くらいに、、、メグがロビーに到着し、3人でのお茶会が始まった。

しゃちょさんとメグの自己紹介が終わり、しゃちょさんに紹介する、嬢の画像を見せて貰っている。

メグ「紹介する。私のシスターレナとアンナ今はお店辞めて、今暇してる。どうする?」

メグのスマホをマジマジと観ている?

おじさんJ心の声「ん?🤔なんで迷ってるやろ?」

迷う程の微妙なラインの嬢なのか?それとも・・・なのか?覗いてみると、

なるほど!画像に写っているのは2人いて、どっちをするか迷っていた様だ。

スポンサーリンク

おじさんJ心の声「左の子は80点(アンナ)、右の子は68点(レナ)、性格を加味しないので在れば左かな?」

しゃちょさん「右!この子!」

おじさんJ心の声「おーおーそうか!そうか!レナを選んだか!やっぱモテ漢のしゃちょさんはトータルバランスで、女性を選ぶのか。俺も見習わないとメモメモ_φ(_・」

メグ「オッケー👌今電話する。Hello・・・・・・・・今から来るって!」

半月程前に、KTVを辞めてまだマラテの近くのマンションに住んでるので、15分後にはホテルに来るとの事、、、

15分後

2人のフィリピーナが到着して、しゃちょさんが気に入ったレナが隣に着き、選ばなかったアンナがこちらに来て、32の構図となった。

スマホの画像に比べて、実物の方が寧ろ美人で、もしKTVで見かけたら指名してもおかしく無いルックス、それもそのはず、元々この2KTVNo1No2だった様だ。

おじさん J
プラス5点
スポンサーリンク

おじさんJ心の声「チェ!面白くない。1回くらい地獄を見たら良かったに」

暫く談笑して、夜ご飯を食べてから同伴をする事になった。

しゃちょさん「ちょっとJ話がある」

何かと思い、席を外して2人で話なのだが

しゃちょさん「やっぱり左のアンナにチェンジしたい。メグに言って」

私が観ている感じ、レナはしゃちょさんの事を気に入ってる感じなので、今更、、、言える?

おじさんJ心の声「レナよりもアンナの方がかわいいから変わったてぇー言える?」

どうするおれ?

 

次回予告

皆んなで夜ご飯を食べに行った場所は、まるでミュージカルの様な食堂だった。

次回 157 【マラテKTV同伴】The Singing Cooks & Waiters味も雰囲気も同伴にピッタリ!【閃光の様に駆け抜けた1年】

チェンジ言われた方は、その後どうすればいいねん😢

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!