第185話【マニラローカルKTV】ダイヤの原石は本当にローカルに有るの?【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

急遽、マラテのローカルの中でも更にローカルKTVに行く事になった一行。

KTVのオープンまで大虎で腹ごしらえしながらスタッフを待ってると、、、

 

ではつづき〜

 

ガチャ!

??「あれ〜こんな所にどうしたの?今からどっか行くの?」

スタッフを待っていたのだが、、

私達の前に現れたのは、、、いぇ〜い黒が好き!のしげるだった。

X氏「いや〜しげるさんカジノばっかで遊んでるから今からKTVに行くんですけど?行きます?」

しげる「皆んな行くんだったら行くよ。誘ってよ〜」

しげるも参戦と相成り更に待ってると「カラン」

ドアが開き日本人スタッフが迎えに来た。

暫く談笑の後、お会計が終わり行き先を聞くと、マビニストリートを南下した場所に何軒か有るKTVの1つの様だ。

E-XANAF1がある辺り)

スポンサーリンク

 

6人で歩きながらアドアティコ通りを、南下している途中、Hello FoxKTVやコメコメKTVなどが目に入ると、X氏の悪い虫が疼き出したのか?見る見るチェックだけしようと言う。

困った顔をした日本人スタッフを他所に、見る見るチェックで消えて行くX氏、、、3軒回ってから、

X氏「コメコメに激マブの子が居たよ〜1set行ってからその後に、マビニストリートのKTVに行こうよ。まだ新人らしいよ。」

迎えに来たスタッフは「え!」と言う顔。

スポンサーリンク

しかも先にコメコメに行くと言う。X氏の知り合いという事で、行く予定だったのだが、そのX氏がここが先と言うなら、と言う事で飲む事に、、、

中に入ると、ミカエルは気の毒だと思った様で、スタッフと一緒にマビニストリートのKTVに行くと言い出て行った。

席に着き。私は会話が面白いブチャいく嬢を指名しX氏は新人激マブ嬢、しゃちょさんも新人、しげるはお気に嬢を指名していた。

コメコメで飲み始め皆それぞれ楽しんでいる。

ある者は、ドリンクと等価交換でボディショットをしている者や、甘い言葉で口説いてる者など、様々なスタイルだ。

スポンサーリンク

私はと言うと、馴染みのブチャいく嬢なので、近況を話してガールフレンドが出来た事を報告しました。

ブチャ嬢はKTV歴も長めで、日本語もそれなりに話せるので、とても喜んでくれました。

私に中々ガールフレンドが出来ないので、多少心配していた様です。

最近は、メグKTVしか行ってなかったので色々と話してると、あっという間に1時間ほど経っており、皆んなはどうしてるかと言うと、、、、

しゃちょさんとX氏は、流石と言うべきか?外から観てる分には良い感じ。どうにでも料理出来そうな雰囲気。

しげるはと言うと、、、、グラスを見るにちょっと飲んでる。

体がグデングデンになってる。

眠たいのに起きてる感じ。しかもなんか言ってる。

スポンサーリンク

しげる「お前はいい加減俺に落ちろ。もう?年も通ってるだ・・・・グーグー💤

寝た。

恋人握りで御満悦になりながら眠りに落ちた。。。。

 

次回予告

超ローカルKTVに行く予定が、急遽コメコメに変わり1set後、ミカエルが待つKTVに行く事となるが、眠っているしげるはどうするのか?

次回 186話【マラテ超ローカルKTV】超ローカルKTVとマラテKTVの違い【閃光の様に駆け抜けた1年】

年間口説いて落ちなかったら、、、無理じゃないかな?

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!