第206話【関西空港イミグレ】海外旅行で、植物は持っては行けません。折角のサプライズが中止となる?【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

前回の渡比でやらかしたので、懺悔の意味も込めてバラの花束とイヤリングを持参して関空に向かう。

 

ではつづき〜

 

渡比当日、仕事を終わらせ18時〜関空に向かう。

関空に向かう中、考える事は1つどうやってバラの花束を渡すかだ?

最初に渡すのか?途中抜けて渡すのか?それとも部屋で渡すのか?

悩みに悩んだ末出した答えは、みんなの観てる前が最良と判断となった。

スポンサーリンク

今回の作戦も決まり。

無事に2時間前に関空へと着いた。

さっさと受付を済ませて、ご飯でも食べてゆっくりして待とうと、すぐに受付カウンターへと向かった。

案外夜便だと思っている以上に人は少なく、すぐに私の番になった。

受付「機内持ち込みですか?」

おじJ「はい!これだけです」

パッと見せると、

受付「えー持ち込みは2個までなので、1つはお預かりとなりますが………

花束がしっかりとした箱に入っているので、1個とカウントとなり。止む無くボディバッグをスーツケースに入れパスポートは手持ちという危険な状態に・・・

おじJ「ニノイアキノ空港では、怖くて絶対に出来ない」

スポンサーリンク

更に受付が箱の中身が気になった様で、何が入っているか?聞いてくる。

おじJ「バラの花束です。」

そう言うと、ちょっと中がソワソワし出して、チケットが発行され行けと言われました。

私の中で???が並び気にせず、関空2階で食事を済ませイミグレへ

いつも通り受付でチケットのチェックを受け、荷物をX線検査に乗せ出て来たのを取って出ようとすると・・・・

赤色灯が回り始めた。。。

警備員「待て!中身は何が入っている」

おじJ「はい?」

若い女性の警備員に呼び止められ、中身の確認となった。

箱を開けるとバラの花束が出て来たが、、、、

警備員「何処に行かれます?」

おじJ「??フィリピンマニラですけど・・・」

警備員が荷物を持って何処かに消えて行った。

待つ事5分・・・今度は2人の警備員が質問しに来た。

スポンサーリンク

警備員「植物は海外に持ち出しが出来ないので、没収します」

おじJ「え!ちょっと待って待って」

確かインターネットで買う時に、海外に持ち出し可のドライフラワーだったと思い、画像を見せると・・・

警備員「ブリザードフラワーなんだ。造花に入るんだ。」

また何処かへ消えて行き。

花束の箱を返してくれました。

警備員「造花なら大丈夫です。一応スーツケースの中身も確認させて下さいね」

おじJ心の声「う!😨スーツケースのたいした物は入ったないが………見られたく無い物は入っている」

ガチャ

警備員「ん?これなんですか?」

やっぱり見られたく無い&質問に答えなくない物を質問して来た。。。

それは………精力剤!名前におもっいっきりマムシ!と書いてあるしかも4😂

おじJ「えーと」

相手が若い女性の警備員だったので、ダイレクトに答えていい物か?一瞬考えてしまい余計なんか疑われてる雰囲気となり。

ドリンクを持って再度、上司の方へ………

スポンサーリンク

おじさん J心の声
おいふざけんな国際交流前に飲むんじゃ!おらぁーー息子が元気になるんだおめえ知らねえとかねえだろ
と悪態もつける訳もなく。ただただしょんぼり
(´・ω・`)ショボーン

この超めんどくさいやり取り、今考えてみると、時期が新入社員が入った時期だったので、それが原因かと思います。

上司が来て、パッとドリンクを見て一言?

上司「何処に行かれます?」

おじJ「フィリピンマニラです。」

上司「なるほど。問題なし通して」

行き先とドリンクを考えて問題なし😂流石ベテランは違うなぁー

後は、通常通りニノイアキノ空港に行けました。

 

次回予告

関空での荷物チェックで、運が悪ければ没収されていたが、なんとか説明して難を逃れることができた。この流れは間違いなく良い!

次回 207話【これは使える】ある事をすれば地響きがするぐらいの声援に変わる。ある種のバロメーター!【閃光の様に駆け抜けた1年】

新人が張り切るすぎると面倒になる😭

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

【アイキャッチ画像引用元】
フィリピンニュースあれこれさん

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!