第221話【世界三大夕日】マニラ湾をボートで日本人が運転出来る?お客が少なかったら………【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

前回はタクシークヤの連れられフィリピン人御用達の夕日スポットモールオブエイシアのミニ遊園地で、1つ長蛇の列が出来ていた。

 

ではつづき〜

 

長蛇の列の先にはボート乗り場チケットと書いてある。

お一人様300ペソ乗れる時間にも寄るが、日本で乗る事を考えれば、超がつくくらいリーズナブルだ。※値段間違えてるかも

スポンサーリンク

メグに聞くと乗る乗る!とご機嫌。私はと言うと、ちょっと残念大人のデートでキュンキュンにする予定だったが、ボートに変わるとかね。

急いでチケット売場に並ぶ。

もう夕日が落ちるのも時間の問題。

2人分のチケットを買って、次はボート乗り場で名前を書いてボートの順番を待つ。

大体2台がピストン運動で、交互に海に出て行く様だ。

私たちの前は人がたくさん居るが、後ろは全く人は居ない。いるにはいるが前と比べると極端に少ない。これは嫌な予感がする。

こう言う嫌な予感がした時は、大体予想が当たる。

スタッフが名前を呼んでボートに誘導している。

スタッフ「◯◯、◯◯◯、◯、◯◯」

後もう少しで、私たちの番でウキウキして待っていたが、無常にも私達の2個前の組みで、ボートは満員となり次回に回された。

そして私達の後が異常に人が少ない理由も分かった。

スポンサーリンク

何のために買ったのか?分からなくなったチケットで、ボートに乗り込む。

もうとっくに夕日は沈み回りは暗くなりボートのライトだけを頼りに疾走する。

全てがワンテンポいやツーテンポくらい遅れての行動が原因と分かったいたが、それをぶつけても意味が無いのも分かっていた。

その原因を観ると、スマホで何やら撮影してる。横から見るとFacebookLive中継している。

流石に私の顔は映さなかった様だが、デートしているのはLiveを見ている人は、分かるだろう。

スマホのLiveコメントを観ると阿鼻叫喚のコメントが並んでいる。

「隣に居る奴は誰なんだ!」「そいつは彼氏か?」フィリピーノからの嫉妬コメントの嵐。

更にメグからのコメント返信で「マハルコ」と書いた後はフィリピーノ阿鼻叫喚の「OMG」が並ぶ

私の自尊心は大いに満たされ。

おじJ「俺の勝ち。ちょーーーキモティーーーーーー」となった。

300ペソで乗ったボートの割には、もう15分くらいはマニラ湾を走っている。

長く乗れてラッキーだなぁーと思ってると、フィリピーノ船長が運転してみるか?聞いてくる。

運転出来るなんて記念になると思い。暗い海を右へ左へ急旋回して、船長に怒られながら交代した。

おおよそ30分で岸に戻り楽しかったボートも終わった。

時間的にはまだまだ8時には余裕があり夕飯でも食べて行こうか?と話たが、ロビンソンモールで食べて映画を観ようとなり。

タクシーを捕まえマラテに帰る事となる。

ロビンソンモール前でタクシーを降り。一旦映画が何時からの部が空いているか?チェックしてからご飯を食べる流れに。

スポンサーリンク

1→5階までエスカレーターで行くのだが、私は結構好きだ。何故なら手を繋ぎながら歩くのだが、お節介焼きでもあるメグがこうしたら危ないとか、私に気を使ってるのに愛情を感じるからだろうか。

稀にわざとダメな事をして、叱られるのにもこの頃ハマっていた。

映画の受付場所まで来て、観たい映画を言い席の場所を指定して、料金を払ってチケットが発券となった。システムは全く日本と同じだったが、先にチケットを買っておいてよかった。

ロビンソンモールは20時閉店なのだが、レイトショーを観たい場合は先に買っておく必要がある様だ。チケット売場は閉まるのか?

 

次回予告

ホラー映画のチケットも段取り良く買えて、フィリピンに来てる割には問題無くラストナイト楽しんでいる。

このまま何も問題が起きなければ良いが、、

 

次回 222話【マラテ休み同伴】レイトショーでホラー映画を観たフィリピーナは、日本の小学生と同じ反応になる【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピーナと付き合うと、あり得ない事が多々起こるので、いちいち怒ってられない😇

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!