第239話【馴染みのブチャイク嬢】マラテ内で彼女を作ったらベテラン組の耳にしっかりと入ってるいる説!【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

フィリピンスタイルを理解しなければと思いメグKTVに行ったが、私が思っている展開になるかと思いきや散々な目に合いKTVを後にした。

 

いつものお見送りなら熱い抱擁の後に、仕事終わったら行くから〜となるが、今回は代わりにビサイア語での罵声を頂戴した。

全く聞いていた話とは違い気分だけが悪くなった結末。

スポンサーリンク

このまま再度、レナKTVに行くのも何だかなぁ〜になり。

久しぶりに馴染みのブチャイク嬢とパァーと飲むのも悪くないと足を運ぶ。

米ママ「Jーー久しぶり元気だった。いつ来た?フィリピン来てるの?」

コメコメには、約?ヶ月振りの来店である。メグと本格的に付き合い始めてから一切、他のKTVに行っていない。※付き合いで他のKTVに行くくらい。

米ママ「さあ。入って入って」

私は嬢に悪戯はするもののその分は、しっかりオーダーするのでお店からは良客扱いなのかも知れない。

スポンサーリンク

米ママ「新人かわいいからどうする?」

矢継ぎ早に営業トークが行われるが、ブチャイク嬢で楽しく飲みたいのが本音だが一応ほんの一応だがチェックだけは怠らない。

おじJは二段構え三段構えをするタイプなのだ。

おじJ「どの子?」

私の耳元で右から3番目と教えてくれた。

くぅぅぅ〜〜〜〜こんな時に限ってかわいい。

ブチャイク嬢と気分転換がてらに楽しく飲むのか?それとも緊急事態の為にも種は蒔いておくのがいいのか?悩む。。

コメコメは言うて、他のKTVに比べたらアバンチュール度は高い。頑張ったらその日の内に来る事もない事はない。。。が

スポンサーリンク

前回の悪夢!性病を彼女に移すと言う。凶悪極まりない行為をしてしまった事が胸を打つ。2度目は無いなと・・・

おじJ「ブチャイク嬢で!」

キャハハハハ

笑いながら席に突っ込んでくる。

ブチャ「久しぶり元気だった?なんで連絡ない」

相変わらず元気。これぞ日本人が想像しているピーナ!

ブチャ嬢はなんだかんだ一緒に居て楽しい。日本語もバリバリ話せるのもあるのだが、ホスピタリティーが高く、気もきくしパイオツは形が良さそうな上にやや大きめ。くびれもしっかり有るし尻もある。いわゆるボンキュボンの小盛りなのだ。

全然合格点💮いや寧ろマラテ内でも上位に食い込む程だ。

しかしだ!

残念な事に首から上がタイプじゃ無いんだよなぁー。今までちょっかい出さない理由はそこにあった。

なので友達が1番いい距離感に落ち着いている。

ドリンクを頼み乾杯する。いつもなら炭酸水か烏龍茶なのだが、この日は酔いたい気分だったのでアルコール度数高めの酒で乾杯。

ブチャ「J彼女と問題か?」

ブーーー。

まさかの質問にビックリしてお酒が喉に詰まった。

スポンサーリンク

おじJ「なんで彼女いるの知ってる?」

ブチャ「ロビンソンで見た。ちっちゃい子でしょ?とってもかわいいね」

ロビンソンで、買い物や食事をしている時に見られた様だ。

この小さな町では隠し事は無理だと悟った。

その後、閉店近くまで飲みベロベロとまではいかないまでも、かなり酔っ払った状態でホテルに帰った。

ブチャ嬢とお見送りとなったが、この頃から少し違和感を感じていた。

しかし私は気付かない振りをしていた。

 

次回予告

ベロベロになりながらホテルに帰ったおじJ

もう全てがどうでもよくなり眠りに付くが、部屋のブザーがドアを開けるまで鳴り響く⚡️

次回 240話【マラテ泥酔は危険】フィリピーナの精神年齢は−10歳は普通?【閃光の様に駆け抜けた1年】

本命なかなか上手くいかない。大穴上手くいく不思議だねぇ〜

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!