第241話【ラストナイト】KTV嬢と付き合うと約束は作るの?【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

前回は仕事が終わって、すぐに部屋に駆けつけて様だが、なんで私が酔っ払ってるのかが理解出来ない様でした。

 

つづき〜

 

目が覚める。

時間は午後2時過ぎ。お腹が減って起きる。

隣を見ると相変わらず背中を向けて寝ているメグがいる。

昨日の事が脳裏を過ぎる。

問題の論点がズレまくった話し合い。本当にこのままで付き合っていけるのか?自分は悪く無いと本気で思っているのか?

スポンサーリンク

頭が痛い。

すぐにでも話し合いがしたいが、この時間に起こすと機嫌が悪くなるのがわかっているので、起こさず1人で昼飯を食べに行く。

1人の時はなんだかんだで大虎で食べる事が多い。

豚カツや刺身を定食に出来るので重宝している。

昼飯の時は私が大抵注文するのは大抵はカツカレー。じっくり煮込んであるので、今日も美味かった。

時間を見てもまだ午後3時メグが起きるのはどうせ4:305時だろうと思い。

腹ごなしにロビンソンモールを探索する。

スポンサーリンク

2人の時はそこまでしっかり見てなかったが、1人だと色々と見て回れる。

PCが値段の割にスペックが低かったり、プロテインやサプリは日本より高かったりと、値段設定がバラバラで1人突っ込みしながら楽しんでいた。

回ってると1つ気になるものを見つけた。

それは「枕」

いつもメグとビデオコールしているのだが、寝ながら話してると目に付くのだが、日本で言う普通の枕ではなくぬいぐるみを枕代わりにしている。

あんれだけ睡眠が好きなのに枕にこだわらないなんて・・・ちょっと変なイメージ。

前日同伴もせずオープン〜ラスまで居なかったので、手持ちが多少あったので店員さんを呼んで買う事にした。

おじJ「枕下さい。」

初めはこれとこれが良い!とアドバイスしてくれていたが・・・Are you Japanese?

yes!からこっちにもっと良いのが有ると出されたのは2500ペソの枕そしてセットの枕カバーからシーツカバー。

買うとも言ってないのにそのままレジへ

もちろん断れる訳もなく。お会計4000ペソ💸

スポンサーリンク

今回は枕を買ったのには理由は、ある作戦を考えていた。その為の献上品が枕。

プレゼントで上機嫌になった所を、昨日の件やこれこらの事に付いて話そうと思う。

もしも折り合いが付かない様で有れば、サヨナラもあり得る。

そろそろ起きてる頃合いなので、部屋に戻った。

部屋の中に入るが、まだ室内は暗い。

寝ている。

時間は午後5時を回っている。

100%同伴しないとお店に間に合わない動き。メグの中では同伴は確定事項なのだろう。

スポンサーリンク

少しすると起き出し、無言でシャワールームへ行き出し。暫くするとドライヤーの音が聞こえ、最後に着替えて私の前に立ち。

「私もお腹減った」

絶句した。多少涙が出たかも知れない。

そのマイペース差に😢

了承してロビンソンと食事を取ろうと部屋を出ようとした時に、入り口に置いてあった枕に気が付く。

メグ「何これ?」

おじJ「あなた枕プレゼント!毎日使って!」

枕をチャックしちょっと上等な枕を気に入りルンルン気分で、食事に出掛ける。。作戦通りだ。

あとはこれからの事に付いて話すだけだ。

 

次回予告

KTV嬢と付き合ってるが、同伴やアフターを制限するのはどうなのか?私の我がままなのか?躊躇するが、いやそれ普通やろ?と私の答えが出たが、メグの答えは・・・・

次回 242話【みんなぶつかる問題】KTV嬢と付き合うとみんな言う事は同じ🤔?【閃光の様に駆け抜けた1年】

起きるご飯食べる。ピーナはこっからエンジンが掛かり普通の会話が出来ます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!