第243話【マラテで泥棒に会った】ロビンソン前の交差点、気付けばリュックのチャックが全開に開いてる!【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

いつもラストナイトは休み同伴を許された間柄のKTVだったが、ママが代わりシステム自体が無くなったと言われたが果たしてどうなのでしょう。

 

ではつづき〜〜

 

お店の中はガラガラ理由は言わずもがな嬢が圧倒的に少ない。

ゴールデンウィーク最終日まで、なんとかお願いして辞めなかったのであろう。もしくは辞めさせなかった。2.3グループが抜けると寂しさも半端ない。

スポンサーリンク

今回は休み同伴も許されず。ラストまで時間もたっぷりあるので、2人でカラオケを歌う。

メグ→etc1時間以上歌っていると、、

カランコロン

を誰か見る見るチェックでも来たのかと思うと、男性とピーナカップルが席に座る。

女性連れでKTVとか珍しいなぁ〜と思ってましたが、なんか見た事ある顔でした。

何処だろーと考えてるとどうしたの?メグが聞いてきた。

おじJ「あのピーナ見た事ある様な🤔無いような」

メグ「ああーミア?今日は休み同伴じゃないかな」

さらりと言われたが、HA?である。システムで無くなったと聞いたが、目の前の2人はオッケーな様だ。

スポンサーリンク

どうせ私はラストまで居るのでその2人を観察する。

ミアと言われたピーナ歳は何と19歳で最年少らしい。男性の方は見た感じ若くは無いと言うか60歳前後の風貌。

聞くに男性の方は本気らしく交際しているとの事。

なぜ?この嬢ミアを覚えていたかと言うと、言葉で伝わらないのだが確実に【黒】私の嗅覚が訴えている。

普通では無いと・・・タイとマラテで磨き抜かれたおじJEyeは伊達ではない!俺じゃなきゃ見逃しちゃうねマンである。

スポンサーリンク

今日もラストソング「さよならの向こう側」が流れだしお会計となる。

同伴〜ラストまでで1万ペソも行かないお会計。非常にecoである。

結果、私が休み同伴出来なかった理由は簡単だった。推測だが使ってる金額。

ミアの所は座って即テキーラボトルを入れた。1時間もしないうちに会計して出て行った。

なんにせよママが変わって、ずいぶんと差を付ける接客となった。例え嬢が前の様に20人ちょいになって活気が戻ったとしても、内部と外部から問題が多発しそうである。

ラストナイト定番のシンスンホテルでガッツリ国際交流を終え朝を迎えた。。

いつも通り1130分に目覚ましをセットして、12時キッカリにチェックアウトする。

スポンサーリンク

いつもの要領でホテル前でタクシーを拾って、ターミナル3を目指そうと思ったが、今日は何故か?外が騒がしい。

ペドロ・ヒル・ストリートの混み具合は、車が動かないくらいの渋滞。

原因はお祭りが開催されている様だった。

ユーロホテルに泊まった事が仇となり。ここからでは、grabタクシーは全てキャンセルされ一般のタクシーでさえ1車も走ってない。

慌てていつものリビエラからタクシーを拾おうと、提案して移動を始めるが人がいっぱいでなかなか進めない。

しかもスーツケースが人集りの邪魔になってなかなか進めない。

こんな時にもマイペースにスマホを見ながら歩いている。

スーツケースと人集りに気を取られ一瞬メグから目を離した瞬間。

さっきと様子が違う。

スポンサーリンク

メグはどうしたの?と言う感じだが、私から見たらわかる。

背負っていたリュックのジッパーがパックリと口が開いている。

え!?と言いながらリュックの中を確認している。。。。

昼の正午の1番暑い時間帯なのだが、みるみる顔が青ざめて行った。

 

次回予告

青ざめる原因は何だったのか?そして帰りのタクシーの中、ポロポロと泣き出した。

次回 244話【マラテで泥棒】やっぱり慣れた頃が1番危ない。泥棒に御用心!【閃光の様に駆け抜けた1年】

リュックサックは後ろでは無く、前掛けがやっぱり安全!

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!