第273話【電灯下!等間隔】俺じゃなきゃ見逃しちゃうね!エルニドにもあるかも【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

エルニド初日の夜なのたが、アイルランドホッピングや女性の日が重なり、早々に就寝してしまったが、残された私は目が冴えていた。

 

ではつづき〜

 

そっと1人部屋を出た私の向かった先は、もちろん町!そーと音を立てずにホテルの外へ。

砂利道をどんどん進むが怖さはない。町に向かうにつれて民間が立ち並び、家の電灯と月明かりが照らし明るい。寧ろ怖いのは農家が飼っている動物の怖さが尋常では無い。

スポンサーリンク

通る瞬間に、「コッコッコ」や「グルルル」よく分からないうめき声の方がよっぽど怖い。

砂利道を抜けて、やっとこさ町に出たがまだ22時前だと言うのに町全体が暗い。

適当に流しながらウロチョロしていると、ちょうど22時までに店仕舞いしてる所が大半な様だ。

ここエルニドで遊ぶって言ったらアイルランドホッピングやスキューバーなど健全な物しかない。もし夜の遊びもしたいならボラカイなどの方が、ゴーゴーなども有るらしいのでそっちの方が楽しいかも。

しかし言うて人間、欲望も溜まるだろう!蛇の道は蛇!餅は餅屋とはよく言ったもの。私も言うて、そこそこの夜遊びはして来た自負はある。

その私が言う。微かにいやほのかに香る程度だが、臭う!しかし何処からかはまだ分からないが、、、、

町中を彷徨うが、ピンと来る場所が無い。

ゴーゴーや置き屋などが無いなら次に思い浮かぶ場所と言えば、BARCLUBなどだが、、彷徨い続けた結果、多少雰囲気が出ているBARを見つけた!

エルニドの中心部に若者が集まりそうなBARSAVA

ビーチと店舗が繋がっているお洒落な雰囲気

1杯飲んで中の様子を伺う。

音楽も掛かってはいるが、なんと言うか健全なイメージしか湧かない。短期旅行者同士が意気投合して一緒に飲んだりツアー行ったりなイメージ。。。

スポンサーリンク

久しぶりの全く知らない場所でのピンク探しであったが、レーダーが久しぶり過ぎてポンコツになってしまったのか?

おじJ「あるとは思うんだよなぁ〜(*゚▽゚*)」

SAVAでソフトドリンクを軽く飲み。初日疲れもあって調査は明日へと持ち越しにした。

またあの砂利道を通って帰ると考えるとかったりーなぁ〜と思うが、手段が徒歩しか無いので、仕方無く歩く。

 

テクテク🚶‍♂️

左に行くと砂利道のホテル👈

右に行くとエルニドの本線道路👉この道を通らないとエルニドに着けない。※空港への道

ここは探索してない唯一の場所でもあるが。。。。こんな離れた場所に?

 

 

ピコーン。。。。。。

ピンクレーダーが鳴る。

しかし島で若者が集まるSAVAですら匂いすらなかったが、、、まさかこっちに有るのか?

スポンサーリンク

ここを通らなければ外にも中にも行けないと言う意味では、人の出入りが1番多い事を考えれば一番合理的な場所なのかも知れない。

ドキドキしながら本線道路へ向かう。

電灯も消え真っ暗闇の中、どんどん進んでると明かりが見え建物が見える。

よく観るとこんな夜中なのに電灯の下に等間隔で、数名のピーナが無言で突っ立ている。

遠目で観てもちょーーー怪しい。

これは何かある。。。。

 

次回予告

遂に見つけたのか?ピンクな穴場スポット?声を掛けて調べるが調査員の仕事なのだが、ビビリの私にそれが出来るのか?

次回 274話【秘境エルニド】電気が無いとそれだけで、快適じゃなくなる【閃光の様に駆け抜けた1年】

何処にでもピンクな場所はある!

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

ブログ村ランキング参加中です。よろしければこちらをクリックで応援お願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!