第326話【睡眠】睡眠不足だけでは無く、寝起きも同じ【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

寝起きの一言が、お腹減ったから始まり。ロビンソンで、ブラブラしながら洋食屋で食事をする事に決めた。

 

つづき〜〜

 

寝起きからつっけんどんな感触を感じていた私。なんか既に、機嫌がすこぶる悪いメグ。

お腹減ったから会話と言う会話は無く。

プンスカ状態が続く。

スポンサーリンク

おじJ心の声「どうせお腹減って機嫌が悪いだけやろ」

席に着き注文を済ませるが、、、、会話が無い。待ってるのも暇なので、色々と話しかけると

チュドーーーーン💣

メグ「glsodgugi##wtyntdjpodWiajymm💢

………………( ゚д゚)ハァ?

まさにこんな顔になって居たであろう。頭の中をフル回転させ様にも、出来ないのが本音だ。

キレてる原因も言葉もわからない。いつもキレるとビサイア語を連発する。

メグ「asjnegtvd##💢🤬

フンと腕を組み顔を横に向ける。

。。。。。。。は?俺が悪いの?

この料理が運ばれて来る時間が、途方にも無く遅く感じる。その間に、感傷に浸ってしまう。

俺わざわざフィリピンまで来て、何してるんだろうと……………悲しい様な虚しい。しかもいい歳のおっさんが、、、、

メグの事は、大好き過ぎるくらい好きだけど、、、、何が原因で怒るのか?理解出来ない。文化の違いを理解する事が出来るのか?メグを理解する事が出来るのか?

頭の中がごちゃごちゃになってしまって、会話が途切れた。

スポンサーリンク

喧嘩してるなら、何度か似た様や状況は有ったが、今回のケースは珍しい。

いつもなら怒っているメグを宥めたり。私から謝ったりするのが定番だが、今回のは余りにも理不尽で、なにもせずにボーーと外を眺めている。

料理が運ばれて来たが、黙々と食べるだけの静かな時間が流れる。

おじJ心の声「もう無理。我慢の限界。フィリピンにまで来て、理不尽な怒られ。もしこのまま結婚したら死ぬまで続くと思うと、、、無理やわ」

もうこのまま会話も無く食事が終わったら帰ろう。限界だ。

……………………

……………

「ごめんなさい。怒ってごめんなさい。お腹減ってたから機嫌が悪かった。」

言葉が耳に入って来た。

スポンサーリンク

怒った原因は、お腹が減ってたから。。。お腹が減ってたから。。。お腹が減ってたから。

理不尽にも程があるが、私の中で怒るに怒れない感情が有った。

やはり歳を考えてしまう。

気持ち的には、こっちもキレる寸前で同伴代を渡して、部屋に帰るぐらいの気持ちだったが、メグからの謝罪もあり。沸騰寸前から氷を投げ込まれた位冷えた。

私の中で絶対的な歳の差を、引け目に感じ初めていたのかも知れない。

モヤモヤした物を感じながら、同伴出勤へとお店を向かった。

 

次回予告

楽しい筈の恋人との時間が、理不尽のキレで楽しく無くなっているまま最終日を迎える。

いつもなら笑って帰れるのだが、今回はどうなるか?

次回 327話【ラストナイト】終わり良ければ全て良し。毎回このパターンで納得してしまう。【閃光の様に駆け抜けた1年】

とあるフィリピン先輩に、フィリピーナの落とし方と言う謎講座が行われ後、次は実践だと某KTVに連れて行かれ、指名した嬢からの一言が、あなたの隣の人マラテで1番嫌われてると言われた瞬間、何がこの人を勘違いさせているのか恐ろしくなった。今日この頃。

ここまで読んでいただきありがとうございました。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします。

TEAMあわよくばは日本ブログ村のランキングに参加してます!

TEAMあわよくば

1日1回、“PUSH”ボタンをプッシュで応援いただけると超絶執筆の励みとなります。

ブログ村
スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!