第104話 フィリピーナの助け合いの精神だが復讐の炎が再び可燃する【フィリピーナの生態】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

意思とは無関係に背伸びする息子。。。歩きづらいと思うのは中学生の時以来、まさか異国でこんな状態になるなんて………

第103話 マラテロビンソンから中腰で歩いてるのは私です。。【海外でやらかし】

では続き〜皆さんはこの嬢を許せますか?あわよくば〜

 

マラテロビンソンを出て背中を少し丸めないと痛いくらいな感じになってしまってる。しかも早く歩くことも出来ない状況。

トライシクルかタクシーでお店に行こうと提案するも近いから必要ないとの返答……あんたが必要無くても、今は私には必要だと言っても状況を理解してないのか、ドSなのかご飯食べた!歩く🚶‍♀️ダイエットと言いながら手を引っ張る始末………

スポンサーリンク

 

仕方なく歩いてると、B子が歩きづらそうにしてることに気づき声を掛けてきました。

B子「どうした?大丈夫?お腹痛いか?プップか?(ウ◯コ)なにか問題あるか?」

おじさんJ「問題があるような無いような………

全く理解出来てない様なので、ズボンが思いっきりテント⛺️が張っている状態を見せました。

B子「HA?なんで?ビックリした。どうして?」

いやーー薬飲んじゃって制御不能なんだよね。とは言えず。

おじさんJ「私にも分からない。精力つくものをたくさん食べた?」

B子はあんまり納得はしない感じだったが、歩きづらい私に合わせてKTVまでゆっくり歩きながら到着となり。

いらしゃいませ〜

と同時に着替えに行きベストフレンドがヘルプに着きB子を待つことに。

たわいも無い会話をすること20分後、ドレスアップが終わったB子が席に着きます。

スポンサーリンク

 

B子「ねぇ?約束大丈夫?テキーラOK?」

おじさんJ心の声「開口一番の言葉がテキーラかよ。まあ約束だからいいんだけど………性格の悪さが滲み出てるよな」

早速テキーラを入れ、テキーラソングが流れ始めB子が踊っていたのですが、ここで恥ずかしい事件が・・・

そうまだテントが全開に張った状態で、B子が膝の上でダンス💃をしたのですが、他の嬢が私を見るなり大爆笑。

待機嬢「まだ早いよ!何もしてないよ。元気過ぎるよ。etcetc

スポンサーリンク

 

薬のせいにも出来ず、恥ずかしい時間が流れこの状態で、アルコールを飲むことも怖くなり。結局お茶と炭酸水を株飲みしていると、テントの状態も治まりひと段落していると………

B子「ベストフレンド呼んでもいい?テキーラ1人で飲めない。呼ぶだけ」

1人でテキーラを開けれるとは、こちらも思ってないので、快くOKをだし3人で飲み直していたのですが、案外お酒に強い2人で、あっという間にテキーラが開いてしまい。

B子から悪魔の誘いが・・・

 

 

次回予告

B子からのドリンクコールが鳴り止まない。しかし交換条件として〇〇〇。。。これはいつもの罠では?

次回 105 マラテKTVはもはやビキニバーか?

KTV歴長いベテラン嬢は我がままを通り越して怖いね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!