第132話 【マラテ出会いバー】イミテーションボブス【LA】

フィリピンおじさんJ blog

LAカフェで久しぶりのタイプ嬢を見つけ、一緒にホテルに帰ったのだが、、、

 

ではではつづき〜やっつけあわよくば⤵︎

 

お風呂のお湯も溜まり、さあ一緒に入ろうと言うと、恥ずかしいから先に入るので、呼んだら来て良いよと言う定番の流れに・・

こっちが先に入るのは、ちょっと危険なので、後から一緒に入るなら何ら問題ないので、快く了承。(LA嬢は出癖の悪いのが多いので、出来るだけ目を光らせてるのが良い)

ポテチとカクテルで待つ事10

OK、カモーーン」

待ってる間、ボンキュキュスタイルを妄想しながら待っていた為に、愚息の方がビンビンに、もう我慢出来ない状態に突入

 

おじさんJ「ゲヘヘヘヘ。もう止まらないぜ」

ガチャ

シャワールームは真っ暗

お!いいね!いいね!こう言う初心な演出嫌いではない。部屋の明かりだけで、風呂まで行っちゃうぞ。

おじさんJ心の声「こ、こ、これは洗面台に置かれたアイテムは、真っ赤なブラジャー自信が有る人は違うなぁ〜日本じゃ勝負下着やで。ちょっと悪戯で付けようかな」

ブラジャーを手に持つと、すると・・・

ヒラヒラヒラ

おじさんJ心の声「ヤベーなんかいっぱい落としちゃった」

!!!!!!!!!!!

おじさんJ心の声「貴様謀ったなぁぁぁーーー😡

そう手にしたのは、ブラジャーと胸の間に入れる偽乳シリコン!しかも片方3個、計6

ボンキュキュって凄いスタイルが

ま、ま、まさか今の状態は、ボンキュキュからキュキュキュスタイルに成ってるのか?

 

風呂に入って、いちゃついて触ると、、、小さい。あれだけアピールしてこれってさぁ⤵︎気持ちが萎えるに連れて、あれだけビンビン愚息が⤵︎パワーダウン

おじさん J
詐欺やん

然程胸に拘りが無い方だが、今回の件では話が違う!これは明らかに騙しに来てる。こう言う騙し根性が有る嬢は得てして、、、、、

おじさんJ「でしょうね」

サービス精神は全くの皆無で、愚息も半立ち状態で突入するも、早く終わって終わってを、呪文の様に話す残念嬢でした。

流石の妄想おじさんJでも、フィニッシュまで持って行けず考え抜いた答えは、俳優ばりのフィニッシュした振りでの終戦と相成りました。

 

さっさと着替えて約束のチップを渡し帰って行きました。😢

おじさんJ心の声「まだ言うて3時前、このままじゃ終われない。もう一回や」

再度LAカフェに行き、見る見るチェックするも、人が捌けていてあんまり居ない。

しょうがないので、ビール🍺とおつまみを食べながら、眠くなるまで時間を潰して、朝の5時まで粘りましたが、結局ホテルに戻り1人寂しく就寝となりました。

 

次回予告

最終日、連絡先も交換していないメグとの同伴、一応ホテル名と部屋番号だけ教えているが、本当に来るのか?

次回 133 【マラテKTV】気になるKTV嬢のポイント【閃光の様に駆け抜けた1年】

3枚ってやり過ぎにも程があると思うわ😡

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️Twitterもよろしくお願いします。