第133話 【マラテKTV】気になるKTV嬢のポイント【閃光の様に駆け抜けた1年】

フィリピンおじさんJ blog
スポンサーリンク

前回は偽乳シリコンパッドに見事に釣られ、サービス精神ゼロのやっつけ嬢との対戦後、再度LAカフェで挑戦しましたが、やはり見つけられず就寝となりました。

 

ではつづき〜

 

ラストナイトの真昼

そんなにも寝ていないが、目が覚め昼食を取りに行く。

5日ともなると、大体の店が通常営業となりこの日は大虎で定食を食べ、ホテルに戻りラストナイトの作戦を練る事に

スポンサーリンク

メグと同伴の約束はすれど、実際にはまだ連絡先の交換もしておらず、ホテルと部屋番号しか知らない状態なので、来る確率は通常だったら物凄く低いが、店でのリアクションを観る限り、その通常だったらは当てはまらないと思う。

更に言うなら来る様だったら脈は有ると思う。

そしてフィリピンに来ての1番の目標だった。恋人を作ると言う難題も・・・もしかしたらではあるが、彼女なのかも知れない。

しかしここで私の葛藤が入る。

ごく一般の人のフィリピンのイメージは、KTVとビキニバー(ゴーゴー)の違いは分からないと思う。多分では有るが一緒だと思ってる人が大半だ。

手前勝手な話だが、初日飲みに行ってそのままアフターお泊まりコースをする様な嬢だった場合、恋人にするのには、私の性格上無理がある。

スポンサーリンク

稀にフィリピンに来て、ちょっと恋人気分を味わう程度なら最高かも知れないが、私の前々からの狙いは、ある程度信頼が置ける女性だなのだから・・・

今回のメグの件も同様に考えてみると、もう出会って3日目、ガツガツ来てない上に同伴アフターも誘って来ない。私からすれば好印象だ。

しかし最大の関門は、もしメグが同伴の為にホテルに来て、部屋に上がる様なら・・・枕スタイルのKTV嬢と判断して、もうそれ以上の関係には成れ無いであろう。

色々と考えてはいるが、全ては来る事前提の話であるが、、、、

 

 

テゥルルルル テゥルルルル

考えてる内に眠ってしまっていた様だ。

取り敢えず部屋の備え付けの電話に出てみる。

セキュリティー「ハローJ?メグが来てる?部屋に行っていいか?」

おじさんJ「オッケー👌来て貰って下さい。」

ざわざわ ざわざわ

セキュリティー「彼女は部屋には行けない。ロビーで待ってる。来て下さい。OK?」

スポンサーリンク

通常ならふざけんな!来いよとなるが、今回に限って言うと、貞操観念がある子で良かった。ホッ

ある意味メグの知らない間に有った大きな山場でもあった。

支度をしてロビーに向かう。

ロビーの椅子にちょこんと座っているメグが居ました。

こちらに気付き立ってみると、、めっちゃ小さい

KTVではハイヒール👠を履いてるのでそこまで気にはならなかったが、フィリピーナの中でも小さい部類だろう。私服とすっぴんと相まって幼い印象受ける。

しかし私に取って嬉しい誤算がある。すっぴんの方がかわいい事が判明した。

KTVでは、ヘアーメイクとメイクアップは、毎回お店の担当の好みが反映されてしまうので、ナチュラル系や水商売系のメイクアップなど担当任せ。本人が嫌でも仕事だからで、似合わないメイクアップになる事も多々ある。

お店側からしたら、幼い感じよりも色っぽい方が良いと思い、濃い目のメイクだったのであろう。

スポンサーリンク

 

時間を見ると午後415

合格💯

同伴も半分はプライベートな時間なので、早い時間に来れば来るほどいい!お金だけとか同伴の為だけのは場合は、最悪630分に来る場合もある。

3時台4時台はデートが出来るので、嫌ってる相手とは行きたく無いだろう。論外は知り合いを連れてきた場合😢

 

次回予告

真面目な嬢と判断したおじさんJ。メグの一つ一つの行動にビックリしながらも、デートを楽しむ。

次回 134 【マラテKTV】ルーキーKTVの見抜き方【閃光の様に駆け抜けた1年】

すっぴんがタイプだったらなんか得した気分になる

ここまで読んでいただきありがとうございます。これからもTEAMあわよくばをよろしくお願いします🙇‍♂️

スポンサーリンク

おすすめの記事をピックアップ!